サーバ/ストレージの解説/事例記事

サーバ/ストレージの解説/事例記事

ピックアップ記事

Vimを使う - 「良い具合」にそろえるプラグイン「vim-easy-align」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [248] Vimを使う - 「良い具合」にそろえるプラグイン「vim-easy-align」

メールやWebページにテキストベースのテーブルデータが掲載されているのを見たことはないだろうか。よくテキストデータだけでここまで綺麗に表として整えたものだと関心してしまう。手動で編集しているとすれば、さぞ大変だろう。しかし、Vimとvim-easy-alignプラグインを使うと整える作業が一発で完了する。今回はこのvim-easy-alignプラグインを紹介しよう。

サーバ/ストレージ 新着情報

Vimを使う - 「良い具合」にそろえるプラグイン「vim-easy-align」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [248] Vimを使う - 「良い具合」にそろえるプラグイン「vim-easy-align」

メールやWebページにテキストベースのテーブルデータが掲載されているのを見たことはないだろうか。よくテキストデータだけでここまで綺麗に表として整えたものだと関心してしまう。手動で編集しているとすれば、さぞ大変だろう。しかし、Vimとvim-easy-alignプラグインを使うと整える作業が一発で完了する。今回はこのvim-easy-alignプラグインを紹介しよう。

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PATH周りの改善

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [116] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PATH周りの改善

前回までに、Linuxのコマンドをごっそり関数化してPowerShellから利用できるようにした。Linuxの環境変数PATHに含まれているコマンドを自動的に関数化したので、ほぼ全てのコマンドに対応した点がポイントだ。しかし、感の鋭い方ならすでに気がついていると思うが、前回の方法は環境変数PATHの優先順位を考慮していない。今回は、この部分をきちんと考慮して処理するように書き換えていく。

Vimを使う - CSVを使いこなす(設定編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [247] Vimを使う - CSVを使いこなす(設定編)

これまでCSVを扱うプラグインとして「chrisbra/csv.vim」を取り上げてきた。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。後は、利便性を引き上げるために自分向けの設定や、新しいカスタム機能の作成などを行うことになるだろう。今回と次回は、chrisbra/csv.vimの設定ファイルの書き方を説明していくので、参考にしていただきたい。

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - パイプあり/なしへの対応

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [115] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - パイプあり/なしへの対応

前回までの設定でWindowsからLinuxのコマンドのほとんどをネイティブコマンドのように呼び出すことができるようになった(ように見せかけていた)。だが、実はそれらの変更によって逆に動作しなくなったコマンドがある。これは、設定変更によってパイプラインがつながれたことが原因だ。今回はこの問題を解決して、パイプラインを使う場合も使わない場合も、問題なく動作させるための方法を紹介する。

Vimを使う - CSVを使いこなす(フォーマット変換編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [246] Vimを使う - CSVを使いこなす(フォーマット変換編)

chrisbra/csv.vimにはCSVデータをほかのフォーマットに変換するための機能が用意されている。通常、こうした変換はスクリプトやプログラムを組んで行うことが多いのだが、簡単なデータ変換であればchrisbra/csv.vimで済ませることができる。プログラミングが得意ではない方にとっては朗報と言える機能だ。

記事ランキング

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [247] Vimを使う - CSVを使いこなす(設定編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [247] Vimを使う - CSVを使いこなす(設定編)

これまでCSVを扱うプラグインとして「chrisbra/csv.vim」を取り上げてきた。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。後は、利便性を引き上げるために自分向けの設定や、新しいカスタム機能の作成などを行うことになるだろう。今回と次回は、chrisbra/csv.vimの設定ファイルの書き方を説明していくので、参考にしていただきたい。

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [116] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PATH周りの改善

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [116] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PATH周りの改善

前回までに、Linuxのコマンドをごっそり関数化してPowerShellから利用できるようにした。Linuxの環境変数PATHに含まれているコマンドを自動的に関数化したので、ほぼ全てのコマンドに対応した点がポイントだ。しかし、感の鋭い方ならすでに気がついていると思うが、前回の方法は環境変数PATHの優先順位を考慮していない。今回は、この部分をきちんと考慮して処理するように書き換えていく。

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [115] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - パイプあり/なしへの対応

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [115] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - パイプあり/なしへの対応

前回までの設定でWindowsからLinuxのコマンドのほとんどをネイティブコマンドのように呼び出すことができるようになった(ように見せかけていた)。だが、実はそれらの変更によって逆に動作しなくなったコマンドがある。これは、設定変更によってパイプラインがつながれたことが原因だ。今回はこの問題を解決して、パイプラインを使う場合も使わない場合も、問題なく動作させるための方法を紹介する。

4
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [246] Vimを使う - CSVを使いこなす(フォーマット変換編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [246] Vimを使う - CSVを使いこなす(フォーマット変換編)

chrisbra/csv.vimにはCSVデータをほかのフォーマットに変換するための機能が用意されている。通常、こうした変換はスクリプトやプログラムを組んで行うことが多いのだが、簡単なデータ変換であればchrisbra/csv.vimで済ませることができる。プログラミングが得意ではない方にとっては朗報と言える機能だ。

chrisbra/csv.vimにはCSVデータをほかのフォーマットに変換するための機能が用意されている。通常、こうした変換はスクリプトやプログラムを組んで行うことが多いのだが、簡単なデータ変換であればchrisbra/csv.vimで済ませることができる。プログラミングが得意ではない方にとっては朗報と言える機能だ。

5
【連載】Windowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

【連載】Windowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

Windowsの動作状況に関する記録(イベントログ)は独自形式になっていて、[イベントビューア]管理ツールを使って表示する。そこで今回は、イベントログの確認方法と、そのイベントログを保存しておく方法について取り上げる。

Windowsの動作状況に関する記録(イベントログ)は独自形式になっていて、[イベントビューア]管理ツールを使って表示する。そこで今回は、イベントログの確認方法と、そのイベントログを保存しておく方法について取り上げる。

記事ランキング

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [247] Vimを使う - CSVを使いこなす(設定編)

これまでCSVを扱うプラグインとして「chrisbra/csv.vim」を取り上げてきた。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。chrisbra/csv.vimが提供している機能はほぼ網羅的に説明できたのではないかと思う。後は、利便性を引き上げるために自分向けの設定や、新しいカスタム機能の作成などを行うことになるだろう。今回と次回は、chrisbra/csv.vimの設定ファイルの書き方を説明していくので、参考にしていただきたい。

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [116] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PATH周りの改善

前回までに、Linuxのコマンドをごっそり関数化してPowerShellから利用できるようにした。Linuxの環境変数PATHに含まれているコマンドを自動的に関数化したので、ほぼ全てのコマンドに対応した点がポイントだ。しかし、感の鋭い方ならすでに気がついていると思うが、前回の方法は環境変数PATHの優先順位を考慮していない。今回は、この部分をきちんと考慮して処理するように書き換えていく。

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [115] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - パイプあり/なしへの対応

前回までの設定でWindowsからLinuxのコマンドのほとんどをネイティブコマンドのように呼び出すことができるようになった(ように見せかけていた)。だが、実はそれらの変更によって逆に動作しなくなったコマンドがある。これは、設定変更によってパイプラインがつながれたことが原因だ。今回はこの問題を解決して、パイプラインを使う場合も使わない場合も、問題なく動作させるための方法を紹介する。

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [246] Vimを使う - CSVを使いこなす(フォーマット変換編)

chrisbra/csv.vimにはCSVデータをほかのフォーマットに変換するための機能が用意されている。通常、こうした変換はスクリプトやプログラムを組んで行うことが多いのだが、簡単なデータ変換であればchrisbra/csv.vimで済ませることができる。プログラミングが得意ではない方にとっては朗報と言える機能だ。

【連載】Windowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

Windowsの動作状況に関する記録(イベントログ)は独自形式になっていて、[イベントビューア]管理ツールを使って表示する。そこで今回は、イベントログの確認方法と、そのイベントログを保存しておく方法について取り上げる。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る