マイナビニュースマイナビ

サーバ/ストレージの解説/事例記事

サーバ/ストレージの解説/事例記事

ピックアップ記事

WSL2の最新機能を知る

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [309] WSL2の最新機能を知る

Windows 11やWindows 10でLinuxバイナリを実行する機能「WSL2 (Windows Subsystem for Linux version 2)」は現在活発に開発が進められている段階にある。2021年10月からはWSL2のプレビュー版を簡単に試用できるようにもなった。今はWSL2の新しい機能や、現在の取り組みを整理するよいタイミングだ。今回は特にここ最近のWSL2の新機能や変更点をまとめておく。

サーバ/ストレージ 新着情報

WSL2の最新機能を知る

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [309] WSL2の最新機能を知る

Windows 11やWindows 10でLinuxバイナリを実行する機能「WSL2 (Windows Subsystem for Linux version 2)」は現在活発に開発が進められている段階にある。2021年10月からはWSL2のプレビュー版を簡単に試用できるようにもなった。今はWSL2の新しい機能や、現在の取り組みを整理するよいタイミングだ。今回は特にここ最近のWSL2の新機能や変更点をまとめておく。

[製造業]「AI/データ活用」の恩恵を現場業務に適用する、「エッジAI」という選択肢

【特別企画】[製造業]「AI/データ活用」の恩恵を現場業務に適用する、「エッジAI」という選択肢

「AI/データ活用」では膨大な情報を取り扱う性質から、情報の蓄積やAIによる学習・推論を行うプラットフォームとしてクラウドが利用されるケースが多い。現場で生み出されるデータをリアルタイムにクラウドへアップし、そこでの計算結果を現場へ戻す――こうした仕組みを用意する場合、製造業だと "工場内のデータを社外に持ち出すこと" がセキュリティ上の課題となることが少なくない。製造現場のDXを推進するにはどんなソリューションが必要になるか。

PowerShell 7.2登場 - ゲームチェンジャーかもしれない入力予測機能

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [176] PowerShell 7.2登場 - ゲームチェンジャーかもしれない入力予測機能

PowerShell 7.2には実験段階の機能だが、入力予測機能が導入された。Linux系のシェルではfishが備えている機能で、とても便利なものだ。PowerShell 7.2でもこの機能が使えるようになり、インタラクティブシェルとしての魅力アップだ。

ビジネスデータをより有効に活用する「DataOps」、その概要と実践例

【特別企画】ビジネスデータをより有効に活用する「DataOps」、その概要と実践例

ビジネスで使用するデータは、肥大化の一途を辿っている。その量とペースは前例のないものであり、 Seagate が2020年に公開したレポートによると、企業で生成されるデータの量は2020年から2022年初めまでの間に、年あたり約42.2%増えることがわかった。同レポートかより、ビジネスデータをより有効に活用する「DataOps」の概要とその実現に必要な基盤について解説する。

MSYS2で行く - WSL2と共に行く

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [308] MSYS2で行く - WSL2と共に行く

本連載えは、WindowsでLinuxのコマンドを実行する方法として「MSYS2」と「WSL2」という2つの方法を取り上げてきた。どちらも実現するために使っている技術が異なっており、特性も異なる。「衝突する技術」というよりも、「補完し合う技術」と捉えておくと良いだろう。

記事ランキング

【特別企画】Kubernetesのデータマネジメントが課題! サイバーエージェントやヤフーが取った手段とは

【特別企画】Kubernetesのデータマネジメントが課題! サイバーエージェントやヤフーが取った手段とは

Kubernetes上でデータマネジメントをどう行うかが企業の大きな課題になってきている。2021年2月25~26日に開催された「NetApp INSIGHT Japan」のなから注目セッションをピックアップし、Kubernetesの現状やデータマネジメントへのアプローチ、ユーザーの活用事例、今後の展望を紹介しよう。

【特別企画】[対談]国内有数のディストリビューターが語る、「Dell EMC PowerScale F200」が人気を博す理由

【特別企画】[対談]国内有数のディストリビューターが語る、「Dell EMC PowerScale F200」が人気を博す理由

デル・テクノロジーズは昨年6月、スケールアウトNAS製品の「Dell EMC Isilon」について、ブランド名称を「Dell EMC PowerScale(以下、PowerScale)」へと改めた。これと同時に同社は、エントリー向けモデルの「F200」を新たなラインアップとして追加。この「F200」がいま、市場で人気を博している。大規模環境向けとされてきたPowerScaleが小規模環境から利用できる――企業のこうした期待が「F200」の人気から読み取れるが、では、実際に各社ではどのように同製品が利用されているのか。

"データファブリック"でハイブリッド/マルチクラウド環境を支援 - NetAppの事業戦略

ネットアップはこのほど、オンラインで2022年度の事業戦略説明会を開催した。

4
【特別企画】Microsoftなど世界的な企業各社が、データ保管において

【特別企画】Microsoftなど世界的な企業各社が、データ保管において "テープへの回帰" を進める理由

近年、MicrosoftやGoogle、Baiduをはじめとする世界的な企業の間でテープストレージを採用する動きが加速している。HDDに比べてテープストレージを "時代遅れ" とする声も大きいが、そんな中でなぜ、データの扱いに長じる各社で "テープへの回帰" が進んでいるのか。

近年、MicrosoftやGoogle、Baiduをはじめとする世界的な企業の間でテープストレージを採用する動きが加速している。HDDに比べてテープストレージを "時代遅れ" とする声も大きいが、そんな中でなぜ、データの扱いに長じる各社で "テープへの回帰" が進んでいるのか。

5
HPEがデータサービスプラットフォームと新ストレージを発表

HPEがデータサービスプラットフォームと新ストレージを発表

日本ヒューレットパッカード(HPE)は5月27日、データ駆動型のサービスプラットフォーム「Data Services Cloud Console」(DSCC)と「Cloud Data Services」、新ストレージブランド「HPE Alletra」(アレットラ)をオンラインによる記者説明会で発表し、同日から販売を開始した。

日本ヒューレットパッカード(HPE)は5月27日、データ駆動型のサービスプラットフォーム「Data Services Cloud Console」(DSCC)と「Cloud Data Services」、新ストレージブランド「HPE Alletra」(アレットラ)をオンラインによる記者説明会で発表し、同日から販売を開始した。

記事ランキング

【特別企画】Kubernetesのデータマネジメントが課題! サイバーエージェントやヤフーが取った手段とは

Kubernetes上でデータマネジメントをどう行うかが企業の大きな課題になってきている。2021年2月25~26日に開催された「NetApp INSIGHT Japan」のなから注目セッションをピックアップし、Kubernetesの現状やデータマネジメントへのアプローチ、ユーザーの活用事例、今後の展望を紹介しよう。

【特別企画】[対談]国内有数のディストリビューターが語る、「Dell EMC PowerScale F200」が人気を博す理由

デル・テクノロジーズは昨年6月、スケールアウトNAS製品の「Dell EMC Isilon」について、ブランド名称を「Dell EMC PowerScale(以下、PowerScale)」へと改めた。これと同時に同社は、エントリー向けモデルの「F200」を新たなラインアップとして追加。この「F200」がいま、市場で人気を博している。大規模環境向けとされてきたPowerScaleが小規模環境から利用できる――企業のこうした期待が「F200」の人気から読み取れるが、では、実際に各社ではどのように同製品が利用されているのか。

ネットアップはこのほど、オンラインで2022年度の事業戦略説明会を開催した。

【特別企画】Microsoftなど世界的な企業各社が、データ保管において

近年、MicrosoftやGoogle、Baiduをはじめとする世界的な企業の間でテープストレージを採用する動きが加速している。HDDに比べてテープストレージを "時代遅れ" とする声も大きいが、そんな中でなぜ、データの扱いに長じる各社で "テープへの回帰" が進んでいるのか。

HPEがデータサービスプラットフォームと新ストレージを発表

日本ヒューレットパッカード(HPE)は5月27日、データ駆動型のサービスプラットフォーム「Data Services Cloud Console」(DSCC)と「Cloud Data Services」、新ストレージブランド「HPE Alletra」(アレットラ)をオンラインによる記者説明会で発表し、同日から販売を開始した。

ページの先頭に戻る