サーバ/ストレージの解説/事例記事

サーバ/ストレージの解説/事例記事

ピックアップ記事

サーバ/ストレージ 新着情報

PowerShell 7.0.0 Preview1 パフォーマンス比較

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [53] PowerShell 7.0.0 Preview1 パフォーマンス比較

PowerShell 7.0.0 Preview1の最大の特徴は、ベースとなる.NET Coreのバージョンが.NET Core 2.1から.NET Core 3.0へ移行したことにある。パフォーマンスが向上したのかベンチマークで試してみよう。

運用環境 シェル(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [182] 運用環境 シェル(その2)

shは「シェル」と呼ばれる種類のソフトウェアの1つである。シェルは、ユーザーがログインしたときに最初に実行されるソフトウェアだ。ユーザーから入力される行データ、もしくは読み込んだファイルのデータを基に、命令を実行する。前者の使い方は「インタラクティブシェル」、後者の使い方は「シェルスクリプト」と呼ばれることもある。

PowerShell 7.0.0 Preview1登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [52] PowerShell 7.0.0 Preview1登場

PowerShellチームは2019年5月30日(米国時間)、「PowerShell 7 Road Map|PowerShell」において、PowerShell 7の初のプレビュー版となる「PowerShell 7.0.0 Preview1」の公開を伝えた。

運用環境 シェル(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [181] 運用環境 シェル(その1)

これまで開発環境について説明するなかで、C言語とPythonについて取り上げてきた。今回からは、これらとは別の切り口で「シェル」について取り上げる。Linuxにおいて中核を成すソフトウェアの1つだ。

型演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [51] 型演算子

今回は型演算子を取り上げる。特徴的な機能であり本格的にコーディングに取り組む際には知っておきたい機能だ。

記事ランキング

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [182] 運用環境 シェル(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [182] 運用環境 シェル(その2)

shは「シェル」と呼ばれる種類のソフトウェアの1つである。シェルは、ユーザーがログインしたときに最初に実行されるソフトウェアだ。ユーザーから入力される行データ、もしくは読み込んだファイルのデータを基に、命令を実行する。前者の使い方は「インタラクティブシェル」、後者の使い方は「シェルスクリプト」と呼ばれることもある。

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

Windowsの動作状況に関する記録(イベントログ)は独自形式になっていて、[イベントビューア]管理ツールを使って表示する。そこで今回は、イベントログの確認方法と、そのイベントログを保存しておく方法について取り上げる。

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [10] ファイルの共有(共有アクセス権のあれこれ)

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [10] ファイルの共有(共有アクセス権のあれこれ)

今週は先週に引き続き、ファイルサーバの設置について解説していこう。フォルダを共有するだけなら簡単だが、企業で業務用に使うファイルサーバでは、アクセス権の管理が欠かせない。"need to know"、つまり情報を知るべき人だけが情報にアクセスできるようにしなければ、情報の保全管理が怪しくなってしまう。

4
【連載】にわか管理者のためのActive Directory入門 [41] ユーザーアカウントのプロパティに関する補足情報とアカウントの区別

【連載】にわか管理者のためのActive Directory入門 [41] ユーザーアカウントのプロパティに関する補足情報とアカウントの区別

今回は、まず先週の続きとして、ユーザーアカウントのプロパティ変更について解説する。それと、Active Directoryが管理するユーザーアカウント(ドメインアカウント)と、個々のコンピュータが持つユーザーアカウント(ローカルアカウント)の区別についても解説しよう。

今回は、まず先週の続きとして、ユーザーアカウントのプロパティ変更について解説する。それと、Active Directoryが管理するユーザーアカウント(ドメインアカウント)と、個々のコンピュータが持つユーザーアカウント(ローカルアカウント)の区別についても解説しよう。

5
【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [47] IISとアプリケーションプールの設定

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [47] IISとアプリケーションプールの設定

IISの歴史は、「セキュリティ強化と堅牢性向上の歴史」と言い換えることができるかもしれない。その一環として、IIS6.0から導入されたのが、「ワーカープロセス分離モード」だ。今回は、このモードを取り上げよう。

IISの歴史は、「セキュリティ強化と堅牢性向上の歴史」と言い換えることができるかもしれない。その一環として、IIS6.0から導入されたのが、「ワーカープロセス分離モード」だ。今回は、このモードを取り上げよう。

記事ランキング

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [182] 運用環境 シェル(その2)

shは「シェル」と呼ばれる種類のソフトウェアの1つである。シェルは、ユーザーがログインしたときに最初に実行されるソフトウェアだ。ユーザーから入力される行データ、もしくは読み込んだファイルのデータを基に、命令を実行する。前者の使い方は「インタラクティブシェル」、後者の使い方は「シェルスクリプト」と呼ばれることもある。

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

Windowsの動作状況に関する記録(イベントログ)は独自形式になっていて、[イベントビューア]管理ツールを使って表示する。そこで今回は、イベントログの確認方法と、そのイベントログを保存しておく方法について取り上げる。

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [10] ファイルの共有(共有アクセス権のあれこれ)

今週は先週に引き続き、ファイルサーバの設置について解説していこう。フォルダを共有するだけなら簡単だが、企業で業務用に使うファイルサーバでは、アクセス権の管理が欠かせない。"need to know"、つまり情報を知るべき人だけが情報にアクセスできるようにしなければ、情報の保全管理が怪しくなってしまう。

【連載】にわか管理者のためのActive Directory入門 [41] ユーザーアカウントのプロパティに関する補足情報とアカウントの区別

今回は、まず先週の続きとして、ユーザーアカウントのプロパティ変更について解説する。それと、Active Directoryが管理するユーザーアカウント(ドメインアカウント)と、個々のコンピュータが持つユーザーアカウント(ローカルアカウント)の区別についても解説しよう。

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [47] IISとアプリケーションプールの設定

IISの歴史は、「セキュリティ強化と堅牢性向上の歴史」と言い換えることができるかもしれない。その一環として、IIS6.0から導入されたのが、「ワーカープロセス分離モード」だ。今回は、このモードを取り上げよう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る