サーバ/ストレージの解説/事例記事

サーバ/ストレージの解説/事例記事

ピックアップ記事

パッケージ管理システム「Snap」(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [140] パッケージ管理システム「Snap」(その2)

Snapを使ってパッケージ管理を行うには、システムに用意されているパッケージ管理システムを使って「snapd」というパッケージをインストールすればよい。管理は「snap」というコマンドを使って実施する。使い方は「apt」や「yum」など、現在代表的なパッケージ管理システムとほぼ同じだ。

サーバ/ストレージ 新着情報

パッケージ管理システム「Snap」(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [140] パッケージ管理システム「Snap」(その2)

Snapを使ってパッケージ管理を行うには、システムに用意されているパッケージ管理システムを使って「snapd」というパッケージをインストールすればよい。管理は「snap」というコマンドを使って実施する。使い方は「apt」や「yum」など、現在代表的なパッケージ管理システムとほぼ同じだ。

配列

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [17] 配列

PowerShell Coreはデータ型として配列を提供している。配列を作るにはカンマ区切りで並べて変数を定義すればよいが、要素数1個や0個の配列を作るには専用の定義方法が必要になる。

パッケージ管理システム「Snap」(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [139] パッケージ管理システム「Snap」(その1)

Linuxユーザーには頭の痛い問題だと思うが、今後数年の間はどのLinuxディストリビューションでも2つのパッケージ管理システムを使うことになりそうだ。Ubuntuであれば「apt」と「snap」だ。aptで事足りていたのに、なぜ新たにsnapを使う必要があるのか。その大きな理由の1つは、snapのほうが管理が簡単になるからだ。

自動変数

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [16] 自動変数

PowerShell Coreには実行中にPowerShell Coreによって生成される「自動変数」がある。自動変数はすべて覚える必要はなく、利用頻度の高いものを覚えておけばよい。

Windows 10でLinuxを使う (その28) - Ubuntuアップグレード

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [138] Windows 10でLinuxを使う (その28) - Ubuntuアップグレード

Windows 10でUbuntuを使い続ける場合、基本的には2年ごとに最新のLTS版へアップグレードすることになる。LTSのアップグレード対象となるUbuntu 18.04.1 LTSが公開されたこともあり、今が良いタイミングだ。今回はこのアップグレード方法について紹介しよう。

記事ランキング

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [139] パッケージ管理システム「Snap」(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [139] パッケージ管理システム「Snap」(その1)

Linuxユーザーには頭の痛い問題だと思うが、今後数年の間はどのLinuxディストリビューションでも2つのパッケージ管理システムを使うことになりそうだ。Ubuntuであれば「apt」と「snap」だ。aptで事足りていたのに、なぜ新たにsnapを使う必要があるのか。その大きな理由の1つは、snapのほうが管理が簡単になるからだ。

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [17] 配列

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [17] 配列

PowerShell Coreはデータ型として配列を提供している。配列を作るにはカンマ区切りで並べて変数を定義すればよいが、要素数1個や0個の配列を作るには専用の定義方法が必要になる。

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

Windowsの動作状況に関する記録(イベントログ)は独自形式になっていて、[イベントビューア]管理ツールを使って表示する。そこで今回は、イベントログの確認方法と、そのイベントログを保存しておく方法について取り上げる。

4
【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [21] DNSサーバの諸設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [21] DNSサーバの諸設定

前回はDNSサーバがレコード情報を格納する前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーンについて、設定変更の手順と内容を解説した。今回はさらに階層をひとつ上げて、DNSサーバそのものの設定変更について取り上げる。

前回はDNSサーバがレコード情報を格納する前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーンについて、設定変更の手順と内容を解説した。今回はさらに階層をひとつ上げて、DNSサーバそのものの設定変更について取り上げる。

5
【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [40] シャドウコピーによるファイルの復元

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [40] シャドウコピーによるファイルの復元

今週は、共有フォルダ上のファイルを削除した場合でも復元できるようにする、シャドウコピー機能について取り上げる。

今週は、共有フォルダ上のファイルを削除した場合でも復元できるようにする、シャドウコピー機能について取り上げる。

記事ランキング

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [139] パッケージ管理システム「Snap」(その1)

Linuxユーザーには頭の痛い問題だと思うが、今後数年の間はどのLinuxディストリビューションでも2つのパッケージ管理システムを使うことになりそうだ。Ubuntuであれば「apt」と「snap」だ。aptで事足りていたのに、なぜ新たにsnapを使う必要があるのか。その大きな理由の1つは、snapのほうが管理が簡単になるからだ。

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [17] 配列

PowerShell Coreはデータ型として配列を提供している。配列を作るにはカンマ区切りで並べて変数を定義すればよいが、要素数1個や0個の配列を作るには専用の定義方法が必要になる。

【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [85] イベントログの確認と保存

Windowsの動作状況に関する記録(イベントログ)は独自形式になっていて、[イベントビューア]管理ツールを使って表示する。そこで今回は、イベントログの確認方法と、そのイベントログを保存しておく方法について取り上げる。

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [21] DNSサーバの諸設定

前回はDNSサーバがレコード情報を格納する前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーンについて、設定変更の手順と内容を解説した。今回はさらに階層をひとつ上げて、DNSサーバそのものの設定変更について取り上げる。

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [40] シャドウコピーによるファイルの復元

今週は、共有フォルダ上のファイルを削除した場合でも復元できるようにする、シャドウコピー機能について取り上げる。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る