マイナビニュースマイナビ

Oculus Goを199ドルで販売するFacebookの「VR/AR戦略」 - F8 2018

[2018/05/02 10:49]徳原大 ブックマーク ブックマーク

一方でMessengerでは、購買体験にARを組み合わせることが可能になりました。

紹介されたナイキの例では、ARでナイキのシューズを撮影すると、その商品がMessenger上で購入できるようになりました。現在はクローズドβテストであり、日本では「商品購入」の機能が提供未定であることからしばらくは利用できませんが、こちらも上陸すればユーザーにとって新たな購買体験となることでしょう。

Messengerでナイキのシューズを撮影すると購入処理に遷移する

最後に、Facebookで提供される予定の機能が「FacebookカメラAR」における3Dデータの取扱いです。Facebook上では既に、3Dモデリングデータの投稿が可能となっていますが、このデータをカメラ上でも簡単に展開できるようになります(今夏より)。

3DデータをFacebookカメラ上で簡単に利用できるようにすることは、3Dデータのユーザー間でのやり取りをより容易にし、より身近な存在へと変わっていきそうです。

3Dモデリングデータも投稿可能

VR/ARは今がチャンス?

FacebookがVR/ARに取り組む理由は、同社のミッションである「bring the world closer together(世界の繋がりを、より密接にしていく)」を体現できるものであるからと見られます。

人と人のコミュニケーションはもちろんこと、企業と人にとっても、VRにおける「没入感」やARにおける「拡張性」を感じられることは重要な要素です。

日本では、Facebookが約2800万人、Instagramも約2000万人と、LINEにこそ遠く及びませんが、多くのユーザーに利用されています。

これらの人々が楽しく、より深く利用できるようにするためには、Facebookとしても没入感や拡張性といった、現実の世界から一歩深く情報に触れられるテクノロジーを体験させることが、自分たちのサービスを使いたいと思ってもらう動機付けになると考えているのでしょう。

冒頭で触れた個人情報の流出問題は、一時的にFacebookにとってネガティブな印象を与える出来事でした。しかし、日本においてもあまり大きな報道はされなかったものの、先日発表された決算結果は好調で、ユーザーや企業からの信頼が失墜したわけではありません。

今、テクノロジー企業であるFacebookに問われているのは、これからFacebookが何をして、どうプラットフォームの価値を高めていくのか、それが各社のビジネスにどういう影響をもたらすのか、といった点でしょう。そうした方向性を示したF8 2018だったと言えます。

VR/ARは、長年数多の企業が取り組んできた領域であり、まだ「成功した」と呼べる企業は出てきていません。Facebook以外にも、Appleが「ARKit」を、Googleが「ARCore」や「Google VR」を、Microsoftが「Windows Mixed Reality」を、AWSが「Amazon Sumerian」をと、シリコンバレーの各社がしのぎを削って開発しています。

Facebookが勝つのか、ほかのプレイヤーが勝つのか。勝者を知るよしもありませんが、これらのプレイヤーが一挙にテクノロジー開発に取り組んでいる今こそ、「VR/AR」成功の分水嶺なのかもしれません。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「塚田農場」がVRをアルバイト研修に導入する狙い

「塚田農場」がVRをアルバイト研修に導入する狙い

居酒屋チェーン「塚田農場」など展開するエー・ピーカンパニーが、「塚田農場」のアルバイトスタッフ対象の研修プログラムにVRを導入すると発表した。あえてVRを研修に入れる狙いとは何か。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る