Visual Studio Codeのカスタマイズ

【連載】

イマドキのテキストエディタ事情

【第7回】Visual Studio Codeのカスタマイズ

[2017/09/07 15:55]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

Visual Studio Codeは補完機能が優れているので、普通に使っているだけでも満足度は高いが、今回は設定やテーマの変更など、ユーザが好みに応じてカスタマイズできる点を取り上げよう。

簡単なカスタマイズを試す

Visual Studio Codeは、Atomなど、これまで紹介したプロダクトとほぼ同じ仕組みになっておりわかりやすい。AtomやSublime Text、Bracketsを使ったことがあれば、Visual Studio Codeを使うにあたって困ることはないだろう。

基本的な設定はメニューの「基本設定」→「設定」から行える。デフォルトの設定とユーザが書き込む設定の2つのエディタが開くので、変更したい部分のコードをコピー&ペーストしてユーザの設定側に書き込み、それを書き換えればよい。

Visual Studio Codeのキーボードショートカットについてはショートカットキーを入力するだけで設定できる。メニューから「基本設定」→「キーボードショートカット」を選択し、変更したい選択肢を選んでからショートカットキーを入力する。

設定(基本設定→設定)変更部分を自分で追加するスタイル

キーボードショートカット(基本設定→キーボードショートカット)

スニペットの設定

Visual Studio Codeにはスニペットの機能も用意されている。

スニペットは言語モードごとに設定するようになっている。メニューから「基本設定」→「ユーザースニペット」を選択すると、まず言語モードを選択するメニューが表示される。

ここで設定したい言語モードを選択し、次にスニペットを書き込めばよい。スニペットは決まりきった作業をかなり高速化してくれる便利な機能なので、ぜひとも使いこなしたいところだ。

スニペット(基本設定→ユーザースニペット)

自分で使うスニペットを登録する

配色テーマの変更

Visual Studio Codeにはデフォルトでいくつもの配色テーマが用意されている。配色テーマはメニューから「基本設定」→「配色テーマ」を選択することで変更できる。テーマがメニューで表示されるので、それを選択すれば配色が変わる仕組みになっている。

テーマ(基本設定→配色テーマ)

テーマが変更されたVisual Studio Code

*  *  *

Microsoftはそれ単体ですべてを開発できる統合開発環境という位置づけでVisual Studioを提供している。Visual Studio Cloudは、共同開発を目的としており、MacやLinuxなど、Windowsプラットフォーム以外の環境でも利用できるよう開発されたものだ。Windows専用のアプリケーションではないが、実によくできている。

Visual Studio Codeにもコマンドパレットが用意されているので、使うにつれてさまざまな操作をコマンドパレット経由で実施できるようになる。使えば使うほど便利になるエディタ、それがVisual Studio Codeだ。

拡張機能も用意されており、追加で機能を加えることが可能だ。次回は拡張機能について取り上げようと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3058
2
【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [7] Visual Studio Codeのカスタマイズ
Visual Studio Codeは補完機能が優れているので、普通に使っているだけでも満足度は高いが、今回は設定やテーマの変更など、ユーザが好みに応じてカスタマイズできる点を取り上げよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/09/07/edit7/350-250.jpg
Visual Studio Codeは補完機能が優れているので、普通に使っているだけでも満足度は高いが、今回は設定やテーマの変更など、ユーザが好みに応じてカスタマイズできる点を取り上げよう。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る