マイナビニュースマイナビ

京王百貨店、情報活用基盤に「Oracle Cloud Infrastructure」を導入 [事例]

[2021/09/22 11:00]林雪絵 ブックマーク ブックマーク

日本オラクルとアシストは9月16日、京王百貨店がDX推進の一環として進める情報活用基盤の刷新にあたり、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で提供される「Oracle Autonomous Data Warehouse」を導入したと発表した。

従来、京王百貨店がデータ分析を行っていたシステムでは、テンプレートの制約によりさまざまな利用制限があったほか、データの増加による運用負荷の増大などが課題となっていた。そこで同社は、データソースとなるERPの刷新を実施する際、Oracle Autonomous Data Warehouseをエンタープライズ・ウェアハウスに位置付け、顧客情報や販売情報をシームレスに取り込んで一元管理できる統合情報基盤「Keio Department Store Data Lake(KDSDL)」を構築した。

構築にあたっては、アシストがクラウド環境の設計から構築、「Oracle Cloud Infrastructure FastConnect」の専用線接続およびクラウド環境運用の支援を担当。オラクルのコンサルティング部門が、既存のBIツールとOracle Autonomous Data Warehouseの連携、データ移行を実現した。

また、これらの導入実績を踏まえ、京王百貨店ではギフト配送システムも刷新。ギフトシステムと配送システムに分離したうえで、OCI上の「Oracle Database Cloud Service」で稼働開始したとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「HPE Discover 2021」で発表された新サービス - 上昇気流に乗るas a Serviceビジネス

「HPE Discover 2021」で発表された新サービス - 上昇気流に乗るas a Serviceビジネス

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は9月15日、オンラインで6月に開催した同社の年次バーチャルイベント「HPE Discover 2021」を受けて、グローバルにおけるビジネスアップデートに加え、同イベントで発表された新しいサービスやテクノロジーを発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る