マイナビニュースマイナビ

「HPE Discover 2021」で発表された新サービス - 上昇気流に乗るas a Serviceビジネス

[2021/09/16 13:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は9月15日、オンラインで6月に開催した同社の年次バーチャルイベント「HPE Discover 2021」を受けて、グローバルにおけるビジネスアップデートに加え、同イベントで発表された新しいサービスやテクノロジーを発表した。

「予測を上回るほど好調」 - 望月社長

冒頭、日本ヒューレット・パッカード 代表執行役員社長の望月弘一氏がグローバルにおける2021年第3四半期の決算について「受注、収益、フリーキャッシュフローが予測を上回るほど好調だった。受注は前年同期比11%、売上高が同1%増の69億ドル(円換算で約7550億円)、営業利益率が同28%、フリーキャッシュフローは同332%の成長となった」と説明。

日本ヒューレット・パッカード 代表執行役員社長の望月弘一氏

日本ヒューレット・パッカード 代表執行役員社長の望月弘一氏

インテリジェントエッジやHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング) & MCS(ミッションクリティカルシステム)が高い成長を見せており、インテリジェントエッジ事業の売上高は前年同期比27%増の8億6700万ドル、HPC & MCSの売上高は同11%増の7億4100万ドルと堅調に推移。安定的に成長しており、コンピュート、ストレージいずれも前年同期比で受注が2桁成長、グローバルなサービス組織「HPE Pointnext」は通期の受注・売上高の成長が見込まれている。

そして、5G/IoT、デジタルワークプレイス、データ管理&AI、ハイブリッドクラウドのすべてをas a serviceで提供するためのブランド「HPE GreenLake Cloud Services」を中核としたas a Service関連のビジネスは、受注が前年同期比46%増、ARR(Annual Recurring Revenue:年間経常収益)が同33%増となっている。

第3四半期における業績の概要

第3四半期における業績の概要

好調なビジネスの背景には、2019年に米HPE CEOのAntonio Neri(アントニオ・ネリ)氏が発表した、2022年までに同社のすべてのポートフォリオをas a Serviceで提供を可能にする「HPE GreenLake」のビジネスが順調に推移していることがある。

すでに、世界50か国以上で1100社超の企業がHPE GreenLake Cloud Servicesを契約し、契約総額は54億ドル(円換算で約6000億円)に達しており、望月氏は「Edge to Cloud as a Serviceというテーマに向けて順調に物事が進んでいる」と胸を張る。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「HPE GreenLake」が見据える、as a service化の世界

「HPE GreenLake」が見据える、as a service化の世界

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は3月17日、オンラインで「HPE GreenLake」の事業方針と最新動向に関する説明会を開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る