マイナビニュースマイナビ

NECネクサ、小売業向け販売管理システムをOracle Cloud Infrastructureで構築 [事例]

[2021/09/10 13:00]林 雪絵 ブックマーク ブックマーク

日本オラクルは9月8日、NECネクサソリューションズの小売業向けクラウド型本部&店舗システム「storeGATE2」の構築に、「Oracle Cloud Infrastructure(以下、OCI)」および「Oracle Autonomous Database Dedicated」を導入したと発表した。

storeGATE2は、全店舗の販売情報をリアルタイムに把握できる小売業向けシステム。従来、オンプレミス環境で提供してきたが、性能や安定性、可用性においてさらに優れたサービスを提供していくため、パブリッククラウド上でサービス基盤を構築することを決定した。

複数のサービスを比較検討した結果、OCIおよびOracle Autonomous Database Dedicatedを採用。選定にあたっては、自律型機能による管理工数削減が可能なことやトータルコストの低減が見込めること、高い可用性などが評価されたという。

また、稼働前の検証において、現行オンプレミス環境では17件/秒のスループットだった売上トランザクションの集計処理が、最大約100件/秒に向上。運用管理の自動化においても、オートスケーリング機能により、設定されたvCPU数の3倍までスケールアップし、システムを無停止でスケールアップ/スケールダウンさせることが可能だった点も評価につながったとしている。

NECネクサソリューションズでは、すでにOCIおよびOracle Autonomous Database Dedicated上でのstoreGATE2サービス基盤の構築を完了。2021年6月からエンドユーザー企業での利用が開始されている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ウェザーニューズのクラウド移行から学ぶ「成功と失敗の分岐点」

ウェザーニューズのクラウド移行から学ぶ「成功と失敗の分岐点」

9月8日に開催されたマイナビニュース スペシャルセミナー「クラウド移行、成功と失敗の分岐点」では、「気象ビッグデータのクラウド化に向けた組織とチームの取組み」と題し、ウェザーニューズ Cloud Initiative Team Leaderの小野晃路氏と、同社 DIT Department DevOps Engineer 武藤直樹氏が登壇。クラウド移行に欠か…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る