アフラック生命保険、「IBM Cloud Private」を10月1日から導入 [事例]

[2018/09/27 18:40] ブックマーク ブックマーク

クラウド

アフラック生命保険は9月27日、日本IBMのプライベートクラウド「IBM Cloud Private」を2018年10月1日に導入すると発表した。

IBM Cloud Privateは、ITインフラ構築プロセスの自動化とITインフラ運用のさらなる効率化を実現するというもの。

多様化する顧客ニーズに対応するためにサービス基盤となる情報システムの整備に取り組むアフラック生命保険では、取り組みの強化を目的に、クラウドプラットフォームの積極的な活用推進を決定した。その一環として今回、IBM Cloud Privateを導入。これにより、新商品/サービス開発に必要なITインフラの構築に要する時間を約30%削減できると共に、業務のさらなる効率化が可能になるという。

同社は今後、業務効率化への取り組みを加速させ、顧客の利便性ならびにカスタマーエクスペリエンスの向上に向けて、革新的な発想に基づいた商品/サービスの開発と新たな価値の創造に取り組んでいくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

企業のデータ活用にGoogle Cloud Platformはいかにして貢献するのか?

企業のデータ活用にGoogle Cloud Platformはいかにして貢献するのか?

ガートナー ジャパンが6月14~15日に都内で開催した「データ & アナリティクス サミット 2018」では、グーグル・クラウド・ジャパン Google Cloud カスタマー エンジニアの寳野雄太氏が登壇。「クラウドで実現する、本質的なセキュリティを備えたデータ活用基盤」と題した講演を行った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る