松屋フーズ、迅速な経営判断・業務効率化にオラクルの予実管理クラウドを採用 [事例]

[2017/01/27 15:40] ブックマーク ブックマーク

クラウド

日本オラクルは1月26日、松屋フーズが予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。

フランチャイズ形態によるさまざまな飲食店業の技術・経営指導を行う松屋フーズでは、その経営管理において、業態ごとの採算やメニューに関する多角的かつ迅速な分析が求められていた。

従来、同社が全国に展開する1,067店舗(2016年12月末時点)の予実管理は、経営企画部門の担当者が手作業で大量の表計算ソフトのデータを集計することで行っていた。また、予算管理システムの老朽化によってIT部門の業務負荷が高まっていたこともあり、運用負荷を軽減し、精度の高い経営判断を支援できる仕組みが求められていた。

こうした状況を受け、経営企画部門でも容易に利用可能で、多角的な分析やシミュレーションができることなどから、Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceを採用。国内全業態の予算策定・管理、管理会計、データ分析で活用することを計画する。導入により、一元化されたリアルタイムのデータに基づく経営管理レポートを容易に作成できるようになるほか、経営判断に必要な多軸分析も可能になるという。

なお、導入にあたっては、経営管理システムのコンサルティング事業を手がけるブレインチャイルドが全体のプロジェクト推進を支援するとしている。稼働開始は2017年4月の予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2375
2
松屋フーズ、迅速な経営判断・業務効率化にオラクルの予実管理クラウドを採用 [事例]
日本オラクルは1月26日、松屋フーズが予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本オラクルは1月26日、松屋フーズが予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る