マイナビニュースマイナビ

44ZB時代が到来! ビッグデータ活用の新ステージに向け、企業は何をなすべきか?

[2016/11/18 08:00]小池 晃臣 ブックマーク ブックマーク

世界初のPCI認定Hadoopプラットフォーム - 米MasterCardの事例

講演の後半には、Clouderaが提供するビッグデータ活用ソリューションの事例が紹介された。よく利用されている分野としては、次の3つが挙げられるという。

  • 顧客行動の把握
  • 製品サービスの改善
  • ビジネスリスクの低減

これらに加え、最近ではアーキテクチャの近代化に活用されるケースも増えており、4つ目の主要カテゴリーとなりつつあるそうだ。

これらのうち、ビジネスリスクを低減する活用例の1つとしてアワダラ氏が紹介したのが、米MasterCardの取り組みだ。同社は、Clouderaのエンタープライズデータハブ上で世界初のPCI認定Hadoopプラットフォームを実現し、10PBに及ぶデータのセキュリティを維持している。

「これは、Hadoopのセキュリティ機能が非常に高度だからこそ、実現できたと言えます」(アワダラ氏)

最後にアワダラ氏は、「皆さんの企業の将来は、いかにこのプラットフォームを活用できるかどうかにかかっています。どんなデータでも、どんなボリュームでも1つのプラットフォームで対応し、あらゆる分析を実現できる我々のプラットフォームをぜひ手に入れてください」と強調し、講演を締めくくった。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

Clouderaと日本MSが連携を強化 - Hadoop導入を支援するパートナーを拡充

Clouderaと日本MSが連携を強化 - Hadoop導入を支援するパートナーを拡充

Clouderaは11月8日、クラウド上におけるビッグデータ基盤「Apache Hadoop」の導入を支援するために、日本マイクロソフトとの連携を強化すると発表した。これにより、「Microsoft Azure」でHadoopの導入を検討するエンドユーザーを支援する、パートナー企業を拡充する。その第一弾として、日立ソリューションズと共同で、同社が5月に発表し…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る