MonotaRO、顧客サービス拡充と予算管理の効率化に向けクラウドサービスを採用 [事例]

[2016/11/10 17:15] ブックマーク ブックマーク

クラウド

日本オラクルは11月10日、オンライン工具通販サイトを手掛けるMonotaROが「Oracle Service Cloud」および「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。前者はサイトへの問い合わせに対する顧客対応力の強化を、後者は経営管理業務の効率・精度向上を目的とする。利用開始は12月の予定。

MonotaROでは、継続的な事業成長を支える経営管理や顧客サービス向上のための基盤整備が重要な課題となっていた。

Oracle Service CloudのWebセルフサービス機能やチャット機能により、顧客は電話以外にもメールやチャットなど、複数のチャネルからの問い合わせが可能となる。

また、MonotaROでは従来、グループ会社の簡易連結や前者の予算管理業務を他社の予算管理製品や表計算ソフトで行っていたが、会社規模の拡大に伴い、煩雑な業務が増加していた。Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceの採用により、グループ内の関連データを一元管理できるようになり、予算管理業務の効率化が実現されるという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2071
2
MonotaRO、顧客サービス拡充と予算管理の効率化に向けクラウドサービスを採用 [事例]
日本オラクルは11月10日、オンライン工具通販サイトを手掛けるMonotaROが「Oracle Service Cloud」および「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。前者はサイトへの問い合わせに対する顧客対応力の強化を、後者は経営管理業務の効率・精度向上を目的とする。利用開始は12月の予定。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本オラクルは11月10日、オンライン工具通販サイトを手掛けるMonotaROが「Oracle Service Cloud」および「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。前者はサイトへの問い合わせに対する顧客対応力の強化を、後者は経営管理業務の効率・精度向上を目的とする。利用開始は12月の予定。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る