MonotaRO、顧客サービス拡充と予算管理の効率化に向けクラウドサービスを採用 [事例]

[2016/11/10 17:15] ブックマーク ブックマーク

日本オラクルは11月10日、オンライン工具通販サイトを手掛けるMonotaROが「Oracle Service Cloud」および「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。前者はサイトへの問い合わせに対する顧客対応力の強化を、後者は経営管理業務の効率・精度向上を目的とする。利用開始は12月の予定。

MonotaROでは、継続的な事業成長を支える経営管理や顧客サービス向上のための基盤整備が重要な課題となっていた。

Oracle Service CloudのWebセルフサービス機能やチャット機能により、顧客は電話以外にもメールやチャットなど、複数のチャネルからの問い合わせが可能となる。

また、MonotaROでは従来、グループ会社の簡易連結や前者の予算管理業務を他社の予算管理製品や表計算ソフトで行っていたが、会社規模の拡大に伴い、煩雑な業務が増加していた。Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceの採用により、グループ内の関連データを一元管理できるようになり、予算管理業務の効率化が実現されるという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

力の源HD、オラクルの予算管理クラウドを採用 - 経営情報を一元管理 [事例]

力の源HD、オラクルの予算管理クラウドを採用 - 経営情報を一元管理 [事例]

日本オラクルは11月1日、ラーメン専門店「一風堂」などを運営する力の源ホールディングスが、予算管理クラウドサービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る