Clouderaと日本MSが連携を強化 - Hadoop導入を支援するパートナーを拡充

[2016/11/09 09:30] ブックマーク ブックマーク

Clouderaは11月8日、クラウド上におけるビッグデータ基盤「Apache Hadoop」の導入を支援するために、日本マイクロソフトとの連携を強化すると発表した。これにより、「Microsoft Azure」でHadoopの導入を検討するエンドユーザーを支援する、パートナー企業を拡充する。

その第一弾として、日立ソリューションズと共同で、同社が5月に発表した「プライバシー情報匿名化ソリューション」をランドスケイプ向けにAzure上で提供するための実証実験を進めているという。

Clouderaが日本マイクロソフトとの連携を強化するワケ

今日、企業がビジネス戦略を講じる際には、データの有効活用が「鍵」になることは言うまでもない。それには、散在するデータリソースを統合し、さまざまな手段によって分析していく「アーキテクチャの近代化」が不可欠だ。データから顧客の行動を分析することが製品やサービスの向上につながり、ひいてはビジネスリスクの低減にも役立つのである。その実現に一役買うものとして、Hadoopは注目を浴びる。

そして、Clouderaは、Hadoopディストリビューション「Cloudera Enterprise」を提供するディストリビュータだ。

Cloudera Enterpriseの構成イメージ

2006年に登場した当時、Hadoopはオンプレミスでの利用が想定されていた。しかし、技術が進化した今、オンプレミスだけでなく、クラウド環境での利用ニーズも増加している。

発表会に登壇したCloudera チャネル&アライアンス ディレクター 朝枝浩毅氏は、「私たちはクラウド分野に対しても積極的な投資を行い、『Cloudera Director』をAzureに対応させました。Hadoopの運用管理ツールである『Cloudera Manager』と併せて、高速かつセキュアな環境を提供しています」と説明する。

米Clouderaは2014年10月、Cloudera Director 2.1からMicrosoft Azureにも対応すると発表した(現行の最新バージョンはCloudera Director 2.2)。これにより、既にMicrosoft Azureに対してCloudera ManagerとCDH(Cloudera’s Distribution including Apache Hadoop)クラスタの導入が可能になっている。

ここにきてなぜ、Clouderaは日本マイクロソフトとの連携を強化するのか。朝枝氏は、その最大の理由は「目指すマーケットと顧客、戦略方針が合致するから」だと表現する。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 [1] ビッグデータが注目される理由と新しいデータ活用基盤の必要性

【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 [1] ビッグデータが注目される理由と新しいデータ活用基盤の必要性

世界中の企業がビッグデータ活用に心血を注いでいる。その理由をIT投資の見地から端的に言えば、ITの軸がユーザー部門の側へと大きくシフトしていることが挙げられる。すなわち、基幹系や業務系といった従来ながらのバックオフィスの仕事を支えるITから、直接"お金"を稼ぐ、業務効率を上げる、製品品質を向上させる、市場投入への時間を短縮させるといった攻めのITへと、IT投…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る