駐車場綜合研究所、クラウド型シフト管理システム「SHIFTEE」を導入 [事例]

[2016/09/13 17:20] ブックマーク ブックマーク

クラウド

システムサポートは9月13日、クラウド型シフト管理システム「SHIFTEE(シフティー)」が駐車場綜合研究所(以下、PMO)に採用されたと発表した。

PMOは、主に大都市圏で、大型施設の駐車場の有人管理サービスを提供している。駐車場の管理は、1施設あたり10~50名程度のスタッフが在籍し、シフト制で人員を配置。その管理は、従来Excelで行われていた。

しかし、スタッフからの希望を基にしたシフト作成作業と、勤怠システム連携用のデータ作成に毎月約3日間を要しており、管理者の大きな負荷になっていたのだという。

SHIFTEE導入後は、スタッフから提出されたシフト希望が自動的にデータ化され、月次シフト画面に集約できるようになった。これにより、管理者のシフト作成にかかる時間が大幅に短縮され、30~50%になったとしている。

月次シフト画面(管理者用の画面)

また、Webブラウザを介してどこでもシフト作成が可能になったほか、スタッフはメールアドレスを登録しておくことで、スマートフォンなどからシフト希望を提出することができるという。加えて、これまで別途作成していた勤怠システムと連携させるためのCSVデータも、容易に出力することが可能となっている。

PMOは2016年1月より、関東の2施設を対象にSHIFTEEの利用を開始。2016年7月には対象をほかの施設にも拡大し、今後は全社展開も視野に入れるとしている。

関連リンク

1848
2
駐車場綜合研究所、クラウド型シフト管理システム「SHIFTEE」を導入 [事例]
システムサポートは9月13日、クラウド型シフト管理システム「SHIFTEE(シフティー)」が駐車場綜合研究所(以下、PMO)に採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2016/09/0913Sys_002-thumb-300xauto-4354.jpg
システムサポートは9月13日、クラウド型シフト管理システム「SHIFTEE(シフティー)」が駐車場綜合研究所(以下、PMO)に採用されたと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る