マイナビニュースマイナビ

オンラインホワイトボードを提供するMiroが日本市場に参入

[2021/11/18 12:30]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

米Miroの日本法人であるミロ・ジャパンは11月17日、オンラインで国内の事業戦略と東京の拠点開設について記者説明会を開催した。

チームの力を最大限に

Miroは2011年に設立し、オンラインコラボレーションホワイトボードを提供し、ブレインストーミングや新製品のデザイン、さまざまな意見を集めるワークショップ、ミーティングなどに活用されている。

現在、グローバルで2500万人以上のユーザーに利用され、フォーチュン 100企業の95%、TOPIX 100企業の50%を含む10万社以上の顧客組織をサポートし、世界11拠点で計1000人の従業員を抱え、今後半年間で1500人以上への増員を予定しており、このたび東京に最新の拠点を開設した。

Miroの概要

Miroの概要

Miro CRO(Chief Revenue Officer:最高収益責任者)のゼニヤ・ロギノフ氏は「当社のミッションはベストなコラボレーションソリューションを提供することで、チームの力を最大限に活用してもらうことだ。2011年にサービスを開始したが、2016年に企業向けのサービスを開始しており、2018年にAccel社から投資を受け、2019年にリブランドを実施しており、社名をMiroと命名した」と、これまでの経緯を説明した。

Miro CROのゼニヤ・ロギノフ氏

Miro CROのゼニヤ・ロギノフ氏

Miroの特徴として100を超える業務アプリとの連携、誰でもすぐに使える容易性、コミュニティを挙げている。特にコミュニティは強固であり、テンプレートは200以上のMiro製フレームワークを備え、Miroverse(ミロバース)と呼ぶ550以上のユーザー製カスタムテンプレートもあり、オンラインコミュニティには1万人以上のユーザーが参画している。グローバルのユーザーでは、Dropboxやサウスウェスト航空、GEデジタル、ロードアイランド・デザインスクールなどが採用している。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

"アナログ"からの意識改革 - 体育会系企業が挑戦したデジタルシフトとは?

11月10日に開催された「Sansan Innovation Summit 2021」では、スポーツフィールド社 高橋幸江氏が登壇。本稿では、「自分たちはテクノロジーに強い必要はない」と思っていた同社が、コロナ禍に伴う緊急事態宣言前後に取り組んだデジタルシフトについて語った内容をレポートする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
ページの先頭に戻る