マイナビニュースマイナビ

ネグロス電工、自動対話エンジン「BEDORE Conversation」を導入 [事例]

[2021/09/17 11:00]林雪絵 ブックマーク ブックマーク

BEDORE社は9月14日、同社の自動対話エンジン「BEDORE(ベドア) Conversation(以下、BEDORE)」をネグロス電工が導入したと発表した。

ネグロス電工が従来、8部門で導入していたチャットボット製品は、利用頻度が低く、導入目的である問い合わせ業務の削減が達成できていなかったという。また、回答精度を高めるために行っていたチューニングでも十分な成果が上がらないことも課題視されていた。

ネグロス電工では、BEDOREの導入を検討するにあたり、PoCを通して精度検証を実施。導入中のチャットボットとBEDOREのエンジンとでFAQへの回答を比較したところ、BEDOREの精度は94%と既存のものよりも高い結果が得られたため、技術部をはじめとする複数の部署への導入を決定した。

検討においては、言葉のゆらぎに対する精度の高さ、欲しい情報にたどり着けるスピードのほか、問い合わせに頻出する専門用語や特殊ワードの登録ができ、チューニングがしやすいといった運用面での利点も高い評価を得たとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

怒りを静めるチャットボット!? サイバーエージェントの話者感情制御技術とは

怒りを静めるチャットボット!? サイバーエージェントの話者感情制御技術とは

サイバーエージェントが大阪大学の石黒研究室と共同で開発した話者感情制御技術。エージェントをテキストチャットの対話へ介入させ、三者間のコミュニケーションにすることにより、顧客の「怒り感情」を制御できる。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る