マイナビニュースマイナビ

サイボウズ、Apple製品に特化したMDMサービス「Jamf Pro」を採用 [事例]

[2021/09/06 16:30]林 雪絵 ブックマーク ブックマーク

Tooは9月3日、同社が販売店を務める米JamfのMDMサービス「Jamf Pro」をサイボウズが採用したと発表した。

Jamf ProはApple製品に特化したMDMサービス。あらかじめ構成プロファイルなどを作成しておくことで、ユーザーが端末をネットワークに接続するだけで必要な設定が自動で端末に適用される「ゼロタッチ導入」 が可能なほか、OSアップデートの同日サポート、端末の柔軟なグルーピング機能などを備える。

多様な働き方を推進するサイボウズでは、従業員の利用端末についても、「最高のパフォーマンスを発揮するには端末も選択できるようにすべき」という考えの下、企業端末の「従業員選択制」を採用している。これにより、国内で稼働する業務用PCの約3割がMacとなり、今後も増加が予想されることから、Mac端末を効率的に管理するため、Jamf Proの導入を決定した。

Tooでは、今回の導入に際し、導入前の相談から導入時トレーニングを実施。また、Apple Value Added Reseller/Appleサービスプロバイダとして、Appleデバイス調達などを含め、総合的にサポートする。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

おじさんはテレワークが苦手? サイボウズの事例で学ぶ働き方

おじさんはテレワークが苦手? サイボウズの事例で学ぶ働き方

新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークを導入する企業も多いなか、昭和世代のマネジャーほど在宅勤務ができないという声もある。40代の"昭和マネジャー"はどのように価値観をアップデートし、ITを活用していくべきなのだろうか。8月4日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「在宅ワーク成功の手引き」にて、サイボウズ コーポレートブランディング部 部長の大…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る