Peach、経費管理基盤にConcur Expenseを導入 - スマホで経費精算を可能に [事例]

[2016/06/07 19:20] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

コンカーは6月7日、同社の経費管理クラウドサービス「Concur Expense」をPeach Aviation(以下、Peach)の経費管理基盤として提供したと発表した。

従来、Peachでは、グループウェアとワークフローツール、Excelの3つを組み合わせた独自の経費管理ツールで経費処理を行っていた。だが、ツール自体の老朽化や経費処理の作業量増加などに伴い、外出先での経費精算の利便性を高めることを含めた新たな経費管理ツールの導入を検討。経費精算業務を支援する統合基盤として「Concur Expense」を選定し、2016年4月に本番稼働を開始した。

導入後、従業員はモバイル端末経由で経費精算処理を行えるようになったほか、職種ごとに異なった承認フローを設定することでガバナンスが強化された。また、経理部門では、Concur Expenseを経費の明細情報の分析や予算管理、支出管理にも活用。2017年度からは領収書原本保管義務撤廃の規制緩和メリットを享受すべく、対応準備を進めているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【特別企画】人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

【特別企画】人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る