事業継続の解説/事例記事

事業継続の解説/事例記事

ピックアップ記事

事業継続 新着情報

災害対策の新たな選択肢を生み出すArcserve Business Continuity Cloud

【特別企画】災害対策の新たな選択肢を生み出すArcserve Business Continuity Cloud

バックアップ専業ベンダーのArcserveが事業継続のための新クラウドサービス「Arcserve Business Continuity Cloud」の提供を開始した。BaaSとDRaaSを提供し、コスト、運用、セキュリティ面での課題を解決した本サービスの魅力とは。

73%がバックアップに課題あり - Veeam「クラウド・データ・マネジメント レポート」

【特別企画】73%がバックアップに課題あり - Veeam「クラウド・データ・マネジメント レポート」

テクノロジーは、ビジネスを成功させるうえで、かつてないほど重要になっている。世界中の組織にとって、日々の業務の継続から、顧客への革新的なサービスの提供まで、ありとあらゆることにおいて、デジタルプラットフォームは欠かせない存在だ。

教育機関におけるバックアップの重要性、なぜルーブリックは支持されるのか

【特別企画】教育機関におけるバックアップの重要性、なぜルーブリックは支持されるのか

文部科学省と総務省の実証事業「スマートスクール・プラットフォーム」は、「校務系システム」「授業・学習系システム」間の、安全かつ効果的・効率的な情報連携方法などについて実証し、標準化することが目的。今後、スマートスクールによるデータ活用が進めば、バックアップなどのデータ保護の重要性もより高まるだろう。

データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

【特別企画】データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

バックアップや災害対策(DR)を中心としたデータ保護環境が大きく変化している。背景にあるのは、ビジネスとITプラットフォームで起こっている変化だ。伝統的なITプラットフォームはサーバー、ネットワーク、ストレージの3階層モデルで構成し、オンプレミスで運用することが基本だった。しかし、近年はビジネスのニーズに対応できるように仮想化技術やクラウドサービスが発達した。それにともない、従来とは異なるバックアップやDRのアプローチが求められるようになってきたのだ。

バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

日立、SAP HANAクラウドサービスのデータ保護に「Commvault」を採用 [事例]

日立、SAP HANAクラウドサービスのデータ保護に「Commvault」を採用 [事例]

Commvault Systems Japanは2月22日、日立製作所が提供するSAP HANAクラウドサービス向けバックアップソリューションとして統合データ保護プラットフォーム「Commvault」が採用されたと発表した。

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

4
【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

5
【特別企画】3社に1社は経験済み、企業のDR/BCPに不足している4つの視点

【特別企画】3社に1社は経験済み、企業のDR/BCPに不足している4つの視点

運用上の障害から人為的なミス、自然災害など、ビジネスの中断を余儀なくさせるシステム面でのリスクは数多い。そのような中、企業にとって貴重なデータを安全かつ確実に保護するためには、増え続けるデータ量や仮想環境などへの適切な対応が求められる。

運用上の障害から人為的なミス、自然災害など、ビジネスの中断を余儀なくさせるシステム面でのリスクは数多い。そのような中、企業にとって貴重なデータを安全かつ確実に保護するためには、増え続けるデータ量や仮想環境などへの適切な対応が求められる。

記事ランキング

日立、SAP HANAクラウドサービスのデータ保護に「Commvault」を採用 [事例]

Commvault Systems Japanは2月22日、日立製作所が提供するSAP HANAクラウドサービス向けバックアップソリューションとして統合データ保護プラットフォーム「Commvault」が採用されたと発表した。

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

【特別企画】3社に1社は経験済み、企業のDR/BCPに不足している4つの視点

運用上の障害から人為的なミス、自然災害など、ビジネスの中断を余儀なくさせるシステム面でのリスクは数多い。そのような中、企業にとって貴重なデータを安全かつ確実に保護するためには、増え続けるデータ量や仮想環境などへの適切な対応が求められる。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る