事業継続の解説/事例記事

事業継続の解説/事例記事

ピックアップ記事

バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

事業継続 新着情報

バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明した。

「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

4
【特別企画】クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

【特別企画】クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

クラウド、モバイル、IoTなど、ITの進化によって到来した"ビッグデータ"時代は、ビジネスのあり方も大きく変化させた。企業内に蓄積されるデータ量は膨大なものとなり、情報資産としての価値も上昇。AIや機械学習などのテクノロジーを活用したデータの分析・活用や、個人情報を含む重要データの保護など、企業に求められるデータ処理のタスクも増えてきている。

クラウド、モバイル、IoTなど、ITの進化によって到来した"ビッグデータ"時代は、ビジネスのあり方も大きく変化させた。企業内に蓄積されるデータ量は膨大なものとなり、情報資産としての価値も上昇。AIや機械学習などのテクノロジーを活用したデータの分析・活用や、個人情報を含む重要データの保護など、企業に求められるデータ処理のタスクも増えてきている。

5
甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

記事ランキング

【特別企画】バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

【特別企画】クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

クラウド、モバイル、IoTなど、ITの進化によって到来した"ビッグデータ"時代は、ビジネスのあり方も大きく変化させた。企業内に蓄積されるデータ量は膨大なものとなり、情報資産としての価値も上昇。AIや機械学習などのテクノロジーを活用したデータの分析・活用や、個人情報を含む重要データの保護など、企業に求められるデータ処理のタスクも増えてきている。

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る