事業継続の解説/事例記事

事業継続の解説/事例記事

ピックアップ記事

ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

事業継続 新着情報

ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明した。

「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

【特別企画】クラウド時代を見据えたバックアップ・リカバリソリューションの必要要件とは?

クラウド、モバイル、IoTなど、ITの進化によって到来した"ビッグデータ"時代は、ビジネスのあり方も大きく変化させた。企業内に蓄積されるデータ量は膨大なものとなり、情報資産としての価値も上昇。AIや機械学習などのテクノロジーを活用したデータの分析・活用や、個人情報を含む重要データの保護など、企業に求められるデータ処理のタスクも増えてきている。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

4
【特別企画】ITシステムの「体幹」を鍛える - デジタル変革の時代に向けて今IT部門がやるべきこととは

【特別企画】ITシステムの「体幹」を鍛える - デジタル変革の時代に向けて今IT部門がやるべきこととは

業界・業種にかかわらずデジタル技術によるイノベーションが加速し、「データ」が企業競争力の源泉となる今の時代において、IT部門の役割はいっそう重要さを増している。ITシステムの「体幹」とも言うべきなのはデータであり、その「体幹強化」のために、IT部門が最初に着手すべきことは何なのだろうか。

業界・業種にかかわらずデジタル技術によるイノベーションが加速し、「データ」が企業競争力の源泉となる今の時代において、IT部門の役割はいっそう重要さを増している。ITシステムの「体幹」とも言うべきなのはデータであり、その「体幹強化」のために、IT部門が最初に着手すべきことは何なのだろうか。

5
甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

記事ランキング

【特別企画】ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

【特別企画】「オープンソース」で実現する、高可用性・冗長性に優れた業務を止めないシステム

従来、紙で行っていた重要書類やその業務フローが次々と電子化され、写真や映像データもデジタル化の波が急速に進んでいる。しかしそれは同時に、データを保存するサーバやクラスタ自体が「止まってはいけない」状態が多くなることでもあった。このように、今や巨大企業だけでなく、中小企業も含め、何かしらの形で、"止められないシステム"を持たざるを得ないというのが現状だ。しかしながら、「止められないシステム=高可用性・冗長性の高いシステム」を構築するには当然ながらコストがかかる。そこで登場したのが「オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する」という選択肢だ。その中でも「DRBD」「Pacemaker」「Corosync」というOSSが使われてきた。この3つのOSS を組合せて作られた高可用性システムを「Linux-HA クラスタスタック(Linux-HA)」と呼んでいる。

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

【特別企画】ITシステムの「体幹」を鍛える - デジタル変革の時代に向けて今IT部門がやるべきこととは

業界・業種にかかわらずデジタル技術によるイノベーションが加速し、「データ」が企業競争力の源泉となる今の時代において、IT部門の役割はいっそう重要さを増している。ITシステムの「体幹」とも言うべきなのはデータであり、その「体幹強化」のために、IT部門が最初に着手すべきことは何なのだろうか。

甲南女子大学、「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入 - 情報化を推進 [事例]

arcserve Japanは6月20日、甲南女子大学が学内サーバのバックアップシステムとして「Arcserve UDP Appliance 7300」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る