事業継続の解説/事例記事

事業継続の解説/事例記事

ピックアップ記事

VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

事業継続 新着情報

NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

arcserve Japanは3月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が展開するハイブリッドクラウドサービス「Enterprise Cloud」のバックアップ・システム移行ツールとして、「Arcserve UDP」の提供が開始されたと発表した。

クレオネットワークス、顧客向けクラウドサービスに「Arcserve UDP」を導入 [事例]

クレオネットワークス、顧客向けクラウドサービスに「Arcserve UDP」を導入 [事例]

arcserve Japanは3月15日、クレオネットワークスの顧客向けクラウドサービス「SmartStage N-CLOUD」に、統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve UDP」を導入したと発表した。

VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

矢作建設工業、「Dropbox Business」を採用 - データ集約で業務を効率化 [事例]

矢作建設工業、「Dropbox Business」を採用 - データ集約で業務を効率化 [事例]

Dropbox Japanは1月25日、矢作建設工業が企業・組織向けクラウドストレージサービス「Dropbox Business」を採用したと発表した。

ワイジェイFX、社内向けシステムのバックアップに「Commvault」を導入 [事例]

ワイジェイFX、社内向けシステムのバックアップに「Commvault」を導入 [事例]

CommVault Systems Japanは1月13日、統合データ保護ソフトウェア「Commvault」がワイジェイFXに導入されたと発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】大切なデータを護るために クラウドで小規模からのBCP対策を

【特別企画】大切なデータを護るために クラウドで小規模からのBCP対策を

2011年の東日本大震災以来、BCP(事業継続性)は企業が取り組むべき重要な課題として位置づけられている。ビジネスにおいてITが欠かせない存在となった現在では、いざという時にデータを護る「ディザスタリカバリー(DR)対策」は、BCPの観点からも必要不可欠なものとなりつつある。そこに起こる問題点の洗い出しと、解決方法についてまとめた。

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。

【特別企画】最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、ここまで進化した - 昨今のビジネスにおける、3つの課題

【特別企画】最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、ここまで進化した - 昨今のビジネスにおける、3つの課題

システムの可用性を担保することは、どこの企業にとってもビジネス上の重要な要件だ。そうした中で活用されてきたのがHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアであり、オンプレミスで運用する物理サーバーになんらかの障害が発生した場合に、迅速にフェイルオーバーを行う役割を担ってきた。しかし、ビジネスのグローバル化を始め、企業がさまざまな課題に直面する中で、システムのサービスレベルに対する要求はより複雑となり、対応が困難となっている...

4
【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

5
NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

arcserve Japanは3月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が展開するハイブリッドクラウドサービス「Enterprise Cloud」のバックアップ・システム移行ツールとして、「Arcserve UDP」の提供が開始されたと発表した。

arcserve Japanは3月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が展開するハイブリッドクラウドサービス「Enterprise Cloud」のバックアップ・システム移行ツールとして、「Arcserve UDP」の提供が開始されたと発表した。

記事ランキング

【特別企画】大切なデータを護るために クラウドで小規模からのBCP対策を

2011年の東日本大震災以来、BCP(事業継続性)は企業が取り組むべき重要な課題として位置づけられている。ビジネスにおいてITが欠かせない存在となった現在では、いざという時にデータを護る「ディザスタリカバリー(DR)対策」は、BCPの観点からも必要不可欠なものとなりつつある。そこに起こる問題点の洗い出しと、解決方法についてまとめた。

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。

【特別企画】最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、ここまで進化した - 昨今のビジネスにおける、3つの課題

システムの可用性を担保することは、どこの企業にとってもビジネス上の重要な要件だ。そうした中で活用されてきたのがHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアであり、オンプレミスで運用する物理サーバーになんらかの障害が発生した場合に、迅速にフェイルオーバーを行う役割を担ってきた。しかし、ビジネスのグローバル化を始め、企業がさまざまな課題に直面する中で、システムのサービスレベルに対する要求はより複雑となり、対応が困難となっている...

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

arcserve Japanは3月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が展開するハイブリッドクラウドサービス「Enterprise Cloud」のバックアップ・システム移行ツールとして、「Arcserve UDP」の提供が開始されたと発表した。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る