マイナビニュースマイナビ

テラデータがデータ分析基盤の「Teradata Vantage」にマスターデータ管理などの新機能

[2021/09/29 11:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

「DXの鍵はデータとアナリティクス」 - 日本テラデータ社長 髙橋氏

日本テラデータは9月28日、IT投資に関するグローバル調査結果と、クラウドでデータ分析を支援するMDM(Master Data Management:マスターデータ管理)に関するオンライン記者説明会を開催した。

はじめに、日本テラデータ 代表取締役社長の髙橋倫二氏は「当社は常にデータとアナリティクスにおける最新の潮流を見定め、主力ソフトウェアのデータ分析プラットフォーム『Terada Vantage』はサブスクリプション型に大きく舵を切り、毎年継続的に利益を生むビジネスモデルを確立した。今年の日本におけるビジネスの大半はサブスクリプション型となっており、『Teradata Vantage on AWS』を中心にパブリッククラウドの採用が拡大し、2桁成長を維持している。グローバルでは金融、通信、EC/流通、ヘルスケア、製造、公共、運輸と主要な業種の大手企業、政府機関に採用され、日本ではこれらの業種への導入が累計で150社となる」と説明。

日本テラデータ 代表取締役社長の髙橋倫二氏

日本テラデータ 代表取締役社長の髙橋倫二氏

デジタル化の進行でビジネスの変革が求められ、5GやIoT、エッジコンピューティング、AIなどのテクノロジーの進歩により、データ量は急速に拡大し、コロナ禍でDX(デジタルトランスフォーメーション)は加速しているという。

そこで、こうした影響を把握するため同社はグローバルにおけるIT投資の調査を行った。その結果、日本のIT意思決定者の92%がDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させるためにクラウドアーキテクチャ、データ管理とアナリティクスの改善が重要な投資対象と回答したほか、市場や消費行動の変化で2022年にIT投資先を大幅に変更する予定と回答した割合は62%に達している。

IT意思決定者向けグローバル調査の概要

IT意思決定者向けグローバル調査の概要

調査結果をふまえ、髙橋氏は「当社は、お客さまが求めている価値をデータとアナリティクスを駆使して実現していく。DXの鍵はデータとアナリティクスだ。当社のソリューションの中心はコネクテッドデータプラットフォームの『Teradata Vantage』であり、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloudといったパブリッククラウドとオンプレミスを組み合わせて、多様なデータソースを『Teradata QueryGrid』で統合してデータのサイロ化を解決する。他社のソリューションと異なる点は、クラウドとオンプレミスを組み合わせて分析することだ」と力を込める。

「Teradata Vantage」はデータのサイロ化を解決するという

「Teradata Vantage」はデータのサイロ化を解決するという

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ツルハグループが展開する

ツルハグループが展開する"顧客第一主義"のリテールDX

7月14日に開催されたセミナー「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用 イノベーションを創る」の特別講演に、株式会社ツルハホールディングス 経営戦略本部長 兼 情報システム本部長の小橋 義浩氏が登壇。「ツルハグループが考えるリテールDX」と題して、営業系の数字を伸ばすためにはDX(デジタル・トランスフォーメーション)をどのように活用…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る