事業継続 記事バックナンバー(2015年)

事業継続 記事バックナンバー(2015年)

100 件中 1~20件目を表示中

2015年11月の記事

仮想化環境の容易な導入と運用を実現する - ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE

【特別企画】仮想化環境の容易な導入と運用を実現する - ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE

大企業はもちろん、中堅・中小企業のビジネスにとっても、ITのさらなる高度活用は大きなテーマとなっている。その前提となるのが、仮想化環境への移行だ。仮想化環境であれば、システム立ち上げが容易な上、ITをこれまで以上に柔軟かつ俊敏に使いこなしていくことができるようになる。

全体の37%しか手段を講じていない - クライアントPCのデータ・バックアップを見直すべき3つの観点

【特別企画】全体の37%しか手段を講じていない - クライアントPCのデータ・バックアップを見直すべき3つの観点

米国の調査会社のレポートによれば、クライアントPCのデータ・バックアップのために有効な手段を用意している企業は、全体の37%でしかないという。なかなか手段が講じられないクライアントPCのデータ・バックアップだが、実はそれが多くのビジネスリスクを内包していることをご存知だろうか。

データの紛失は命取り! 散在するデータをまとめるクラウドサービス活用方法

【特別企画】データの紛失は命取り! 散在するデータをまとめるクラウドサービス活用方法

データの流出により企業存続の危機に陥る時代に必要なのは確かなバックアップを行うこと、そしてしっかりとした管理を行うこと。その手助けをするのが株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトが提供する「AQStage クラウドデータバックアップ by Druva」だ。

"初期投資削減"でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

【特別企画】"初期投資削減"でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

コールセンター業務の利用範囲が広がりを見せている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、このコールセンターのニーズに応えるため手軽にはじめられるクラウド型コールセンター「AQStage IPコールセンタサービス」を市場に投入した。

【レポート】機械と人間の関係が大きく変わる時代、企業はどうアクションすべきか - Gartner Symposium/ITxpo 2015

【レポート】機械と人間の関係が大きく変わる時代、企業はどうアクションすべきか - Gartner Symposium/ITxpo 2015

モノのインターネット(IoT)やスマートマシン、ビッグデータなどのテクノロジーは、ビジネスと社会に何をもたらすのか、そして企業はどうアクションすべきなのか。「Gartner Symposium/ITxpo 2015」で亦賀氏は、誰もが考えるべきこととして、「『ロボ」の台頭」、「Nexus(結節)の進化」、「スマートスタート」の3つのテーマを挙げた。

2015年10月の記事

「メイド・イン・ジャパン」の高品質なDHCPアプライアンス

【特別企画】「メイド・イン・ジャパン」の高品質なDHCPアプライアンス

多くの従業員が多様なデバイスからネットワークに接続し業務を行う企業には、IPアドレスの適切な管理が不可欠である。インフィニコが提供するDHCPアプライアンス「NetRegio DHCP シリーズ」「NetNebulas DHCP シリーズ」は、IPアドレスの配布や管理を1台のアプライアンスで簡単に行うことができ、災害時に業務を継続するための拠点間冗長機能も標準で搭載している。

2015年9月の記事

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

スマートデバイス、クラウドサービス、ソーシャルメディア、さらにはIoTやスマートマシンなど、企業に新たな技術が次々と浸透していく中、これからの企業IT部門はどのように変わるべきなのか。また、それに向けた製品/サービス選定の際に必ず抑えるべきポイントはどこにあるのか、ガートナー ジャパン 鈴木雅喜氏に話を聞いた。

データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

【特別企画】データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。

100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

【特別企画】100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

大切なデータを護るために クラウドで小規模からのBCP対策を

【特別企画】大切なデータを護るために クラウドで小規模からのBCP対策を

2011年の東日本大震災以来、BCP(事業継続性)は企業が取り組むべき重要な課題として位置づけられている。ビジネスにおいてITが欠かせない存在となった現在では、いざという時にデータを護る「ディザスタリカバリー(DR)対策」は、BCPの観点からも必要不可欠なものとなりつつある。そこに起こる問題点の洗い出しと、解決方法についてまとめた。

最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、ここまで進化した - 昨今のビジネスにおける、3つの課題

【特別企画】最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、ここまで進化した - 昨今のビジネスにおける、3つの課題

システムの可用性を担保することは、どこの企業にとってもビジネス上の重要な要件だ。そうした中で活用されてきたのがHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアであり、オンプレミスで運用する物理サーバーになんらかの障害が発生した場合に、迅速にフェイルオーバーを行う役割を担ってきた。しかし、ビジネスのグローバル化を始め、企業がさまざまな課題に直面する中で、システムのサービスレベルに対する要求はより複雑となり、対応が困難となっている...

2015年3月の記事

バックアップジョブ実行時間を90%短縮 - データ容量を44%削減! 光華女子学園が選んだデータバックアップ製品

【特別企画】バックアップジョブ実行時間を90%短縮 - データ容量を44%削減! 光華女子学園が選んだデータバックアップ製品

リプレース前と比較して、27時間(約90%)の時間短縮と、約44%ものデータ容量削減を実現した、光華女子学園が選んだデータバックアップ製品についてご紹介。

速さだ...バックアップ/リカバリに速さが足りない... - DRに特許技術「MicroScan」さえあれば、あのとき僕らは

【特別企画】速さだ...バックアップ/リカバリに速さが足りない... - DRに特許技術「MicroScan」さえあれば、あのとき僕らは

データの肥大化が招く大きな問題として、これまで業務時間外に行っていたバックアップ処理が終わらなくなることが挙げられる。1日かけても終わらず、最終的に失敗してやり直しというケースも珍しくない。そこで本稿では、2014年のバックアップ管理ツール市場・アプライアンス分野において、トップシェアを獲得している製品(富士キメラ総研調べ)であるFalconStor CDPの実力に迫りたい。

2015年1月の記事

システム運用の障害リスクの7割を低減する「メッセージ・フィルタリング」「ナビゲーション」とは?

【特別企画】システム運用の障害リスクの7割を低減する「メッセージ・フィルタリング」「ナビゲーション」とは?

企業でクラウドサービスの利用が進んでいるとはいえ、システムの運用管理業務がなくなることはない。システムは正常に稼働して当たり前、障害が発生したらできるだけ早く復旧する――こうしたユーザーの厳しいリクエストに、運用管理部門はこたえていかなければならない。

  • バックナンバーを見る

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る