マイナビニュースマイナビ

セキュリティ 記事バックナンバー(2013年)

セキュリティ 記事バックナンバー(2013年)

100 件中 1~20件目を表示中

2013年12月の記事

貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

【特別企画】貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

サイバー攻撃は活発になる一方だ。セキュリティ関連の製品/サービスを手がける三和コムテックのソリューション営業部Webセキュリティグループ副部長、岡山大氏は「Webを設置している企業はすべてサイバー攻撃に備える必要があります」と警告する。岡山氏は続けてこう言い放つ。「あなたの会社のWebサイトが、1年も前に侵入されてしまったのに、今もそれに気がついていない可能性があるのです」

標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

【特別企画】標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る! ネットワーク次世代技術総覧セミナー」と題したそのセミナーでは「標的型攻撃の現状と必要な対策」について、次世代セキュリティ技術の専門メーカーであるファイア・アイ株式会社の橋本賢一郎氏が、実際の標的型攻撃をデモで紹介しながら、その対策を熱く語った。

「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

【特別企画】「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

女性向けインナーウェアを中心に、その高いブランド力を武器に事業を展開するワコール。最近ではアンチエイジングをモチーフとした中高年女性向けのインナーウェア「マイナス5歳」シリーズがヒットしたほか、同社の人間科学研究所が開発した汗がたまりにくいブラジャー、「風と谷間のブラ」も今年の春夏商品として話題を呼んだ。そんな同社では、非常勤者に2012年9月よりiPadを配布。強固なセキュリティのもとで......

ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

【特別企画】ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

長野県の白樺湖を中心に、ホテル、温泉施設、遊園地、スキー場、ドライブインなどを展開する池の平ホテル。戦後の創業から60年あまりの歴史を有するこの老舗ホテルは、TVのCMをはじめとする各種広告や口コミなどで抜群の知名度を有するが、昨今ではWebサイトを訪れた宿泊客からの申し込みが急激に増えてきており、そうしたネットからの誘客をいかに効果的に促進するかが課題となっていた......

これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

【特別企画】これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

場当たり的に導入したセキュリティ製品。これらのポイントソリューションが、セキュリティ製品の導入コスト、IT管理者の管理コストなどを増加させていることをご存知だろうか? IT 管理者が不在、あるいは社員による兼任の場合、コストの増加だけでなく、セキュリティのリスクも出てくるかもしれない。複雑になった ITインフラはこのままではどんどん "浪費家" になっていくだろう。

2013年11月の記事

リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

【特別企画】リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

分散型サービス拒否(DDoS)攻撃の検知・軽減を専業とするセキュリティベンダーNSFOCUS社。同社はNSFOCUSクラウドセキュリティセンターのデータに基づいたDDoS攻撃の動向と流行を、「2013年上半期のDDoS脅威レポート」としてまとめており、そこでは興味深い情報が見て取れる。

BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

【特別企画】BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

スマートフォンを含めた携帯電話の普及は、仕事のあり方を大きく変えつつある。今やいつでもどこにいても業務上のコミュニケーションが可能となっており、ワークスタイルにも変革をもたらしているのである。しかし、携帯電話やスマートフォンを業務で使用するには大きなリスクも伴う。なかでも多大な被害につながりかねないのが情報漏洩だ。本稿ではそんなセキュリティ上の企業が抱える悩みを、XePhion コールスマートセキュリティがどのようにして解消できるのかを見てみることにしよう。

2013年10月の記事

MDM市場をリードする「MobiConnect」で進化するスマートデバイスの運用法

【特別企画】MDM市場をリードする「MobiConnect」で進化するスマートデバイスの運用法

スマートフォンやタブレットを使いこなすビジネスパーソンをよく見かけるようになった。メールだけでもスマートフォンから利用できれば、ビジネスの幅は広がるし、タブレットからファイルサーバにアクセスできれば、急なプレゼンの要求にもすぐに起動して対処できる。本稿では、2年連続MDM市場で占有率第一位(※)となっているインベンティットの「MobiConnect」の運用方法を紹介しよう。

9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

【特別企画】9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

大容量を搭載したバックアップアプライアンス「Barracuda Backup」。重複排除機能により、バックアップ容量を20~50倍削減し、クラウドストレージやBox To Box機能による遠隔地バックアップにも対応するこのソリューションは、欧米では2年半で25,000台もの導入実績を誇る。国内においてもBarracuda Backupを導入して様々なビジネス課題を解決した企業が増えており、バックアップへのニーズがますます高まるなか注目を集めている。このBarracuda Backupを筆頭に、Webセキュリティアプライアンスの「Barracuda Web Application Firewall」、それにSSL VPNアプライアンス「Barracuda SSL VPN」、それぞれの導入事例9ケースをここで紹介しよう。

高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

【特別企画】高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

9月27日、東京都千代田区のマイナビルームにて『今そこにある危機を具体的に洗い出し、対策をまとめて解説! ネットワーク・セキュリティ・インフラの全貌』と題したセミナーが開催された。セミナーの後半では、F5ネットワークスジャパン シニアソリューションマーケティングマネージャの帆士敏博氏が登壇。「外部攻撃対策」「BYOD」「ハイブリッドクラウド認証」という3つのテーマに基づくソリューションを紹介した。

監視からマーケティングまで!! 進化を遂げるネットワークカメラの今に迫る

【特別企画】監視からマーケティングまで!! 進化を遂げるネットワークカメラの今に迫る

店舗やオフィスなど、さまざまな場所に設置されている監視カメラ。しかし最近、この監視カメラが単なる"監視"用途だけでなく、マーケティングなどにも活用されはじめているのをご存じだろうか。そこでまずは、従来カメラとの違いから見ていきたい。監視カメラは近年、従来のアナログ方式から、高画質なデジタル方式のネットワークカメラへと主流が移行している。これは、コンシューマ向けビデオカメラがアナログからデジタルへ移行したことでも容易に想像がつくだろう。犯罪発生時、画質の良さは犯人特定の時間短縮に直結するため、極めて重要なポイントだ。

2013年9月の記事

電子メール/ファイルサーバーでの文書共有は不便で危険! 情報漏えい防止術&情報共有術

【特別企画】電子メール/ファイルサーバーでの文書共有は不便で危険! 情報漏えい防止術&情報共有術

ファイルサーバーで文書を共有した場合、その数が増えるにつれて無駄に深いフォルダ階層が構成されてしまい、どこにどういった文書が存在しているのかがわからなくなりがちだ。また、業務上のニーズに応じたアクセス権の設定も困難である。メールでの添付に至っては、誤送信などによる情報漏えいリスクが増大するうえに、受信者全員が同じファイルを個別に保管することになるため、情報が拡散してしまう他、サーバーのストレージ容量も無駄に消費してしまうのだ。こうした課題を解決すべく、セキュアで誰もが使いやすい文書の管理を実現するのが

「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

【特別企画】「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

「アノニマス」は、ただ自らの技術をひけらかしたり、あるいは金銭の窃取のみを目的とした従来のハッカーとは根本的に異なる、政治的・社会的主張を伴った「ハクティビスト」と呼ばれる新しいタイプの攻撃者の代表的な集団である。彼らがその名を世界中に知らしめるきっかけとなったのが、2010年に行われた、「オペレーション・ペイバック」と呼ばれる一連の攻撃だ。こうしたDoS/DDoS攻撃への対抗手段はいかにすべきか? その手段を解説する。

スループット値に惑わされるな! セキュリティ効果を最大限に発揮する真のUTM製品とは!?

【特別企画】スループット値に惑わされるな! セキュリティ効果を最大限に発揮する真のUTM製品とは!?

有名企業のセキュリティ侵害事件が続出していることもあり、セキュリティに対する関心はかつてないほどの高まりを見せている。とはいえ、セキュリティ対策には様々なソリューションを適切に組み合わせる必要があり、その導入・運用にはかなりのスキルと時間、そしてコストを要するのが現実だ。

2013年8月の記事

情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する本当の背景と有効な対策を解説

【特別企画】情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する本当の背景と有効な対策を解説

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、2011年に発生した個人情報漏えいインシデントの件数は1551件で漏えい者数は628万4363人となっており、想定損害賠償額は1899億7378万円にも及ぶ。情報漏えいインシデント1件あたりの想定損害賠償額も1億2810万円となる。企業の信用が大きく失墜してしまうおそれもある不正アクセスの脅威に対応するためには、

複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

【特別企画】複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

数千・数万規模のコンピュータを踏み台として操り、ターゲットのサイト/サーバーをダウンさせるDDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack:分散サービス拒否攻撃)。本稿では、昨今の主要なDDoS攻撃手法を取り上げた後、企業がなすべき対策の現実的なアプローチを紹介・解説する。

新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き

【特別企画】新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き

2014年4月にWindows XPのサポートが終了する。具体的にはマイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、有償サポートも受けられなくなる。これはどういうことかというと、Windows XPに脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが作成されず、非常に危険な状態にさらされてしまうということである。さらにWindows XPだけでなく、同OS用のアプリケーションやデバイスドライバといった、サードパーティの製品も順次サポートが停止されることが予想される。つまり2014年4月以降、Windows XP環境は企業にとって危険きわまりないシステムとなってしまうのだ。

2013年6月の記事

ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

【特別企画】ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

iPhoneやiPadに代表されるスマートデバイスが猛烈な勢いで普及している昨今、ビジネスの世界でもこうしたスマートデバイスを積極的に活用することで"いつでも、どこでも、どのデバイスでも"業務を遂行できるようにし自社の競争力向上につなげようとする動きが活発化している。なかでも社員が私物として所有するスマートデバイスを業務でも使用するBYOD(Bring Your Own Device : 私物利用)に対する関心は、経営者側からも従業員側からも高まりをみせている。ではこの進むマルチデバイス時代に企業はどのようなセキュリティ対策を採るべきなのだろうか? ここではその具体例を解説する。

30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

【特別企画】30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

FireEye MPS の名前を世に広く知らしめたのは、2009 ~2010 年にかけてIT 業界を狙った、通称「Operation Aurora」と呼ばれる大規模な標的型攻撃だ。この攻撃ではIE6 の脆弱性が突かれ、Googleをはじめ30社を超える企業でアカウント情報を盗まれるなどの被害が出た。Googleが中国からの全面撤退を発表したことでも記憶に残っている方は多いだろう。

標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

【特別企画】標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

サイバー攻撃の中でも近年特に問題になっている「標的型攻撃」には、ステルス性(隠匿性)が非常に高いものが多い。そのため、攻撃の前段階はおろか、攻撃自体が終わっても気付かない企業も珍しくない。しかし現在は、ありとあらゆる情報がデータで記録されている時代である。何百億円と投資して得た研究成果や、数十億円規模に及ぶビッグプロジェクトの実予算もサーバ上に残されている。

2013年4月の記事

スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

【特別企画】スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

スマートフォンやタブレットなどは、外出が多い社員にとって大変便利なもの。しかし、高い利便性を持つからこそ紛失・盗難に遭った際のセキュリティリスクも増大する"諸刃の剣"といえる。そこで注目を集めているのが、モバイルデバイスを管理するための「MDM(Mobile Device Management)」である。

『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An

【特別企画】『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An

今や一人の社員がデスクトップPC、ノートPC、タブレットPC、そしてスマートフォンというように複数のデバイスを使うことが普通になりつつある。年々増加するスマートデバイスの法人利用は、2015年には2010年の約5倍にまで拡大するとの予想だ。しかし、実際の声は少し違う。「経営者からトップダウンでスマートフォンを導入したものの、導入後これといった効果は出ていない。まだまだ活用までには至っておらず、ほとんどの社員が持つだけで満足している」と話す情報システム管理者は多い。

モバイルを安全に! セキュリティと利便性を両立の本人認証へ - PassLogic

【特別企画】モバイルを安全に! セキュリティと利便性を両立の本人認証へ - PassLogic

企業のモバイルデバイス導入時、ウイルス対策や紛失対策と合わせて導入されるのは「端末認証」と「本人認証」といった認証システムだろう。端末認証は、企業ネットワークにあらかじめ登録された端末にのみ接続させるという考え方だ。人の出入りが制限されているオフィスでは非常に有効な方法だ。しかし、モバイルデバイスの場合は話が変わってくる。

企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

【特別企画】企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

企業や団体のWebサイトへの不正アクセスや、なりすましによる個人情報漏えい事件が多発するなど、サイバー攻撃は日増しにその凶悪化の度合いを高めている。そうしたなか、公開鍵暗号技術と電子署名を使って高度な情報セキュリティ基盤を実現する技術として改めてPKI(Public Key Infrastructure)に注目が集まっている。

企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

【特別企画】企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

3月12日に開催されたセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対処すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」では、企業が晒される脅威について各分野のエキスパートが解説。実践的な対処方法も紹介された。この中で、特にウェブサイトのセキュリティについて語ったのは、日本ベリサイン SSL製品本部 SSLプロダクトマーケティング部 上席部長である安達徹也氏だ。

メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

【特別企画】メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

3月12日に開催されたセキュリティセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」において、サイバーソリューションズ 代表取締役社長である秋田健太郎氏は「現場が求める真のメールセキュリティは何だ!?」と題した講演を行った。企業が行うべきセキュリティ対策について各分野のエキスパートが語るセミナーにおいて、秋田氏は各種メールソリューションを企業に提供する立場から、セキュアなメール環境を構築するために本当に必要な心構えについて語った。

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

【特別企画】便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題したセミナーが3月12日に開催された。最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートが語るセミナーで、パロアルトネットワークス マーケティング部長である菅原継顕氏は「モダンマルウェアの脅威と対策~脅威はアプリケーションからやってくる~」と題した講演を行った。

2013年2月の記事

NTT Com、決め手は「マルウェア判定の明確さと、判定理由のわかり易さ」 - FFR yarai analyzer事例

【特別企画】NTT Com、決め手は「マルウェア判定の明確さと、判定理由のわかり易さ」 - FFR yarai analyzer事例

「評価したポイントは、マルウェア判定の明確さと、その判定の理由を具体的にレポートに表示してくれることでした」――NTTコミュニケーションズ、先端IPアーキテクチャセンタの田中 恭之氏は、yarai analyzer導入当時を振り返りこのように語る。

  • バックナンバーを見る
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る