毎朝iPhoneのアラームで起きている、アラームにセットした曲で目覚めている、という人は少なくないはず。iPhoneのアラームは、音だけでなく触覚(バイブレーション)も有効にできるため、周囲の迷惑にならないよう電車の寝過ごし対策で使用している、という人も珍しくないのではないでしょうか。

そのアラーム音がだんだん小さくなるとのご質問ですが、ひょっとしてそれは「iPhoneを手にした状態」で発生しているのではないでしょうか? そうであれば、問題はありません。iPhoneの標準的な設定では、アラーム音が次第に小さくなることが正常です。

理由は「画面注視認識機能」にあります。iPhone X以降に搭載されている「TrueDepthカメラ」がiPhoneを手にした人物の目もとを確認し、意識してディスプレイを見ていると判定したときには、自動的にアラームの音量を下げるのです。試しに、アラームが鳴ったときディスプレイを見ないようにすれば、同じ音量のまま鳴り続けるはずです。

画面注視認識機能は、「設定」→「Face IDとパスコード」の順に画面を開き(パスコード認証が必要)、「画面注視認識機能」スイッチをオフにすると無効化できます。ただし、「設定」→「スクリーンタイム」→「画面との距離」画面で「画面との距離」スイッチがオンの場合は、スイッチがグレーアウトされて変更できないため、あらかじめ「画面との距離」スイッチの設定を確認しておきましょう。

なお、電話の着信音にも画面注視認識機能が利用されます。着信音が次第に小さくなって困る、着信音のボリュームを一定にしたい、という場合にも画面注視認識機能の設定を見直しましょう。

  • iPhoneのアラーム音がだんだん小さくなる場合の対策とは

こちらもおすすめ

[PR]借金救済制度とは