Twitterの動画を保存するには? (2022年版)

Twitterに投稿された動画は、Twitterアプリやブラウザ版Twitter単独ではダウンロードできないため、サードパーティ製のWebツールやスマホアプリを利用する必要があります。2022年6月時点の傾向としては、Twitterアカウントとの連携が不要で(ログインなしで)利用できる外部ツールが人気を集めているようです。

ちなみに、Twitter上の静止画を長押しすれば「保存」メニューが現れますが、動画を長押ししても「保存」メニューは現れません。

動画ツイートのURLをコピーする方法(リンク取得方法)

Twitterの動画をダウンロードするための外部ツールはどれも、あらかじめコピーしたツイートのURLを入力する方式をとっています。どのTwitter動画保存ツールを利用するか検討する前に、まずは動画付きツイートのリンク取得方法をおさらいしましょう。

Twitterのタイムラインなどから、動画付きツイートのURLを取得するには、ツイートの共有ボタンから「リンクをコピー」をタップ(クリック)します。この手順は、iPhone版Twitterアプリ、Android版Twitterアプリ、PCブラウザ版Twitterとも共通です。以下、それぞれのリンク取得方法を図説します。

  • iPhoneで動画ツイートのURLをコピーする方法(リンク取得方法)

    【iPhone】iPhone版Twitterアプリで動画ツイートの共有ボタンをタップして、「リンクをコピー」を表示した画面です

  • Androidで動画ツイートのURLをコピーする方法(リンク取得方法)

    【Android】Android版Twitterアプリで動画ツイートの共有ボタンをタップして、「リンクをコピー」を表示した画面です

  • PCで動画ツイートのURLをコピーする方法(リンク取得方法)

    【PC】PCブラウザ版Twitterで動画ツイートの共有ボタンをクリックして、「ツイートのリンクをコピー」を表示した画面です(共有ボタンは画像合成で表示しています)

Webサービスを使ったTwitter動画保存方法 - iPhone/Android/PC共通

外部のWebツールを使って、Twitterに投稿された動画を保存する方法について解説します。Twitterの動画保存が可能なWebサイトはいくつかありますが、この記事では万能型の「TwiDropper」を中心に取り上げます。

「TwiDropper」を使ったTwitter動画保存方法

TwiDropper」は、Twitterの動画保存に求められる機能をくまなく備えたWebツールです。通常のツイート(公開ツイート)に添付された動画を保存するならログインは不要。iPhone/Android/PCすべてのプラットフォームで利用でき、別アプリを介さずに動画ファイルをダウンロードできます。

画質を3段階から選べるほか、GIF動画の保存にも対応。Dropboxとの連携もサポートしています。Twitterアカウントにログインして連携を許可すれば、非公開(鍵垢)の動画やDMで届いた動画の保存も可能です。

TwiDropperの特徴

  • ログイン不要(Twitterアカウントとの連携不要)
  • iPhone/Android/PC全対応、別アプリ不要
  • 画質の選択が可能(HD/SD/LDの3段階)
  • GIF動画をダウンロード可能(ただしMP4変換される)
  • 鍵垢がツイートした動画をダウンロード可能(要ログイン)
  • DMで送られてきた動画をダウンロード可能(要ログイン)

以下、TwiDropperの使い方を紹介します。今回はiPhoneとSafariの画面を例に解説しますが、AndroidとChromeの組み合わせやPC用のWebブラウザでも操作は同様です。事前にダウンロードしたい動画ツイートのURLをコピーしておきましょう。

  • TwiDropperを使ったTwitter動画保存方法-3

    【3】HD/SD/LDいずれかの画質を選択して「ダウンロード」をタップします。ここから「Dropbox」にログインして保存することも可能です

  • TwiDropperを使ったTwitter動画保存方法-4

    【補足】iPhoneで写真ライブラリに保存したい場合は、手順【3】の画面で「共有」をタップして「ビデオを保存」を選びます

TwiDropperの「ダウンロード」ボタンをタップ(クリック)したときの保存先は下記の場所に標準設定されています。

  • iPhone:「ファイル」アプリの「iCloud Drive」フォルダ内にある「ダウンロード」フォルダ
  • Android:「Google フォト」あるいは「ファイル」アプリの「Download」フォルダ
  • PC:ブラウザでダウンロード先に設定しているフォルダ

Syncer「Twitterの動画を保存するためのURL変換器」を使った方法

Syncerブログが公開している「Twitterの動画を保存するためのURL変換器」(以下、URL変換器と呼びます)は長く定評を得てきたWebツールです。しかし2022年6月現在、iPhoneではURL変換器が提示した動画ファイルのリンクを長押ししてもメニューを開けず、うまくダウンロードできない状態です。AndroidやPCではURL変換器から直接ダウンロードでき、使い勝手もとくに問題はありません。

Syncer「URL変換器」の特徴

  • ログイン不要(Twitterアカウントとの連携不要)
  • iPhone/Android/PC対応をうたうが、iPhoneでは機能せず
  • 画質の選択が可能(3段階)
  • GIF動画をダウンロード可能(ただしMP4変換される)
  • サイトに表示されている最終更新日は2017年7月20日
  • Syncer「URL変換器」を使ったTwitter動画保存方法-1

    【1】AndroidスマホまたはPCで、次のリンクからURL変換器のサイトにアクセスし、「@twitter」と書かれた入力欄に動画ツイートのリンクをペーストします

  • Syncer「URL変換器」を使ったTwitter動画保存方法-2

    【2】ダウンロード用のURLを長押し、あるいは右クリックして保存します。画質は1280×720ドットの解像度を最高に3段階から選べます

スマホアプリを使ったTwitter動画保存方法

ここでは、Twitterの動画保存に対応したスマホアプリの代表例として、iPhone用の「ツイクリップ」、Android用の「Twitter動画保存機(TwiTake)」を紹介します。両アプリとも写真へのアクセス許可を求められたら、iPhoneでは「すべての写真へのアクセスを許可」、Andoroidでは「許可」を選択する必要があります。

iPhoneアプリ「ツイクリップ」を使ったTwitter動画保存方法

ツイクリップ」はiPhone向けのTwitter動画保存アプリの定番といえる存在です。Twitterアカウントとの連携(ログイン)は不要で、3段階の画質選択やGIF動画のダウンロードも行えます。非公開ツイート(鍵垢)に添付された動画やDMで送られてきた動画の保存には対応していません。

注意してほしいのは、利用規約に同意しないまま作業を進めると、最終段階で保存メニューが表示されずダウンロードできない点です(2022年6月検証)。 AppStoreからインストールして実際に使い始めても、ツイクリップ側から利用規約への同意を促すステップは一切ないので、最初に手動で済ませておきましょう。

「ツイクリップ」の特徴

  • ログイン不要(Twitterアカウントとの連携不要)
  • iPhone版のみ提供
  • 利用規約に同意しないとダウンロードできない
  • 画質の選択が可能(3段階)
  • GIF動画をダウンロード可能(ただしMP4変換される)
  • iPhoneアプリ「ツイクリップ」を使ったTwitter動画保存方法-1

    【1】あらかじめ動画ツイートのURLをコピーしておきます。「ツイクリップ」を起動したら、最初に画面左上の「Ξ」メニューボタンをタップして「利用規約」を読みます

  • iPhoneアプリ「ツイクリップ」を使ったTwitter動画保存方法-2

    【2】利用規約を読み進めると「ご注意とお願い」という確認ダイアログが表示されます。内容を確認のうえ「一読しました」「了解しました」「同意」の順にタップします

  • iPhoneアプリ「ツイクリップ」を使ったTwitter動画保存方法-3

    【3】ツイクリップの起動画面に戻って、右上の「+」ボタンをタップすると自動的にURLがペーストされた状態で入力欄が開くので、「完了」をタップします

  • iPhoneアプリ「ツイクリップ」を使ったTwitter動画保存方法-4

    【4】プレビュー画面が表示されたら、「動画を読み込む」をタップして、ダウンロードする動画ファイルの画質(解像度)を選択します

  • iPhoneアプリ「ツイクリップ」を使ったTwitter動画保存方法-5

    【5】動画再生画面が表示されたら、動画の部分を長押しして「保存」をタップします。ダウンロードした動画ファイルはiPhoneの写真ライブラリに保存されます

  • iPhoneアプリ「ツイクリップ」を使ったTwitter動画保存方法-6

    【注意】利用規約に同意していない状態で動画を読み込むと保存メニューが表示されません。いったんキャンセルして、手順【1】からやり直しましょう

Androidアプリ「Twitter動画保存機」を使ったTwitter動画保存方法

Twitter動画保存機」は2020年6月に公開された比較的新しいアプリです。Google Playストアからインストールすると、Androidのホーム画面では「TwiTake」というアプリ名で表示されます。

使い勝手は非常に気が利いていて、あらかじめ動画ツイートのURLをコピーして「TwiTake」を起動すると、いきなりダウンロード画面が表示されるというわかりやすさ。Twitterアプリに戻るときも、上部のTwitterアイコンをタップするだけ。ダウンロード履歴が記録され、過去に保存した動画をTwiTake上で再生することが可能です。

機能的には、3段階の画質選択ができますが、GIF動画や非公開ツイート(鍵垢)の動画、DMで届いた動画のダウンロードには非対応です。

「Twitter動画保存機(TwiTake)」の特徴

  • ログイン不要(Twitterアカウントとの連携不要)
  • Android版のみ提供
  • 画質の選択が可能(3段階)
  • 操作がシンプル
  • Androidアプリ「Twitter動画保存機」を使ったTwitter動画保存方法-1

    【1】あらかじめ動画ツイートのURLをコピーして、「TwiTake」を起動するといきなりダウンロード可能な状態です。「DLする」をタップすると、「Files」アプリの「Twitake」フォルダや「動画フォルダ」に保存されます

  • Androidアプリ「Twitter動画保存機」を使ったTwitter動画保存方法-2

    【2】アプリの右上には、Twitterアプリに戻るボタン、ダウンロード履歴を表示するボタンなどが並びます。右下の「+」ボタンから動画ツイートのURLをペーストすることもできます

Twitterの動画保存方法に関して、よくある質問

Twitterの動画保存で一番おすすめの方法は?

今回紹介した動画保存ツールのうち、どれか一つだけを選ぶとすれば、筆者はもっとも機能豊富で多くのニーズに応えられる「TwiDropper」を推薦します。とくに、スマホとパソコンの両方でTwitterを利用している人にとって、プラットフォームを選ばない「TwiDropper」はおすすめです。

Twitterの動画を保存できないときの原因と対処法は?

Twitter動画保存ツールの中には、TwitterやOSの仕様変更に追いつけず、きちんと機能しなくなるものもあります。今回紹介した中では、Syncerの「URL変換器」がiPhoneではうまく動作しませんでした。こうした場合は、使用中のツールがアップデートされるのを待つよりも、別の動画保存ツールを使うのが解決の近道です。

また、初めて使うTwitter動画保存ツールの場合は、スマホで写真へのアクセスを許可していなければ、動画ファイルを保存できません。iPhoneでは「設定」→「(使用中のアプリ)」→「写真」の項目で「すべての写真」が選択されている状態であることを確認しましょう。Androidでは「設定」→「アプリ」→「(使用中のアプリ)」→「権限」→「ファイルとメディア」が「許可されているアプリ」の欄にあるのが有効な状態です。

上記の2点を含めて、考えられる原因をリストアップします。

  • スマホで写真へのアクセスを許可していない
  • GIF動画を保存しようとして、非対応のツールを使っていた
  • 非公開(鍵垢)のツイートに添付された動画を保存しようとして、非対応のツールを使っていた
  • Twitter DMで送られてきた動画を保存しようとして、非対応のツールを使っていた
  • Twitterアカウントとの連携が要求されるツールなのに、ログイン(連携)せずに使っていた
  • ダウンロードする前に元のツイートが削除された
  • アプリやOSのバージョンが古い(最新版にアップデートしていない)
  • 通信環境に問題がある(スマホが圏外あるいは通信障害、Wi-Fiルーターが不調など)

Twitterの動画保存に危険はある? 投稿者にバレる?

Twitter上の動画をダウンロードする行為に危険性があるとすれば、それは三種類に分類できます。一つはスマホやPCのセキュリティ、もうひとつは法律違反、そして他のTwitterアカウントとのトラブルです。

まずセキュリティ面ですが、Twitter動画保存ツールのプログラム自体が安全でも、悪質な広告を表示するケースがあります。無料で利用できるツールですから、ある程度の広告表示はユーザーも許容するべきですが、怪しい広告が多く掲出されるツールは避けるのが無難です。

また、外部ツール自体に悪意を持ったものが存在する可能性も否定できません。利用する前にネット上の評判やアプリの評価コメントを確認しましょう。

次に法律面のリスクですが、外部ツールの中には著作権を侵害している動画や児童ポルノに分類される動画をレコメンドするものもあります。こうした違法動画を自分の端末にダウンロードして保存すると処罰される恐れがあります。

最後に他のTwitterアカウント(動画の投稿者)とのトラブルについてです。外部ツールを用いてTwitter上の動画をダウンロードしても、その行為が投稿者にバレる心配はありません。しかし、無許可で拡散されたものを動画の投稿者が発見すれば、トラブルや訴訟に発展しかねません。ダウンロードした動画を自分のTwitterアカウントから再投稿したり、保存先のリンクを共有することは、マナーに反するだけでなく、著作権を侵害する行為に当たります。

また、Twitter上の動画をダウンロードするにあたって相手の許可が必要というルールはありませんが、投稿者が「保存禁止」「ダウンロード禁止」などとうたっている場合は、モラル的に無断ダウンロードを慎むべきでしょう。

【関連記事】
Twitterのアプリ連携を解除する方法 Twitterで乗っ取りを受けたとき確認・対処する方法

GIF動画をGIF形式のまま保存する方法は?

今回紹介したTwitter動画保存ツールの中にはGIF動画のダウンロードに対応したものもありますが、いずれもファイル形式がMP4に変換されてしまいます。Twitter上のGIF動画をGIF形式のまま保存するには、「GIF Viewer」や「Tweet2gif」といった専用アプリを使う必要があります。詳しくは下記の関連記事をご参照ください。

【関連記事】
TwitterのGIF動画を保存(ダウンロード)する方法【iPhone/Android/PC】

非公開アカウント(鍵垢)がツイートした動画を保存する方法は?

今回紹介した「TwiDropper」には、非公開のTwitterアカウント(鍵垢)が投稿した動画をダウンロードできる機能があります。「TwiDropper」の「ユーザー」タブに自分のTwitterアカウントでログインして、読み取り権限を許可すれば、非公開アカウントが投稿した動画を保存できます。ただし、対象は自分がフォローできている非公開アカウントに限られます。

  • TwiDropperで非公開(鍵垢)のTwitter動画を保存する方法-1

    【1】TwiDropperの「ユーザー」タブを開いて、自分のTwitterアカウントでログインします。次の画面でログイン情報の入力を求められます

  • TwiDropperで非公開(鍵垢)のTwitter動画を保存する方法-2

    【2】対象アカウントのユーザー名を入力して「表示する」をタップすると、その鍵垢が投稿した静止画・動画の一覧が表示されます。「ダウンロード」などのボタンをタップして保存します

Twitter DMで送られてきた動画を保存する方法は?

「TwiDropper」はTwitterのDMで届いた動画のダウンロードにも対応しています。「TwiDropper」の「DM」タブに自分のTwitterアカウントでログインして、読み取りと書き込み、DM権限を許可すれば、DMで受け取った静止画や動画を一覧から保存できます。詳しい手順は下記の関連記事で紹介しています。

【関連記事】
TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)に添付された動画を保存する方法

Twitterの動画をダウンロードするのは著作権法でアウト?

個人で楽しむ私的利用の範囲であれば、Twitterにアップされている動画をダウンロードしても、著作権法に触れる可能性はほぼありません。しかし、動画投稿者の許可なく、保存した動画データを自分のツイートに添付したり、他のSNSなどに拡散する行為は著作権の侵害にあたります。

2021年1月1日に施行された「改正著作権法」では、「違法にアップロードされた著作物」をダウンロードすることは私的利用の範囲であっても違法とみなされます。保存したい動画がテレビや映画、有料配信されている映像のコピーなど著作権に反している疑いがあれば、ダウンロードを控えましょう。

また、商業性のない個人のコンテンツにも著作権は存在します。「ネットに落ちていた」などと言って、自分のアカウントから気軽に公開しないようご注意ください。

まとめ

Twitterに投稿された動画を保存するには、サードパーティ製の外部ツールを利用する必要があります。そのため、外部ツールによってはTwitterの仕様が変わって使えなくなるものも出てきます。この記事で検証・紹介した内容もあくまで2022年6月時点の情報にすぎません。掲載から月日が経過するにつれ、不具合を起こすツールが現れる可能性があります。