TVS REGZAは、薄型テレビ・REGZAの大画面シリーズ“リビングシアターモデル”3製品を8月6日より順次発売する。価格はオープンプライス。4K液晶テレビ「Z670Kシリーズ」の85V型、75V型は2021年秋発売予定で、店頭予想価格は未定。75V型「75M550K」は8月6日発売で約25万3,000円前後を見込む。

  • alt

    75V型「75M550K」(右手前)

  • alt

    75V型「75M550K」。左はレグザブランド統括マネージャー 本村裕史氏

■REGZA リビングシアターモデルの想定売価 / 発売時期

  • 85V型「85Z670K」:未定 / 未定
  • 75V型「75Z670K」:未定 / 未定
  • 75V型「75M550K」:25万3,000円前後 / 8月6日
  • alt

    75V型「75Z670K」

  • alt

    85V型「85Z670K」

  • alt

    75M550K

  • alt

    75Z670K

  • alt

    85Z670K

REGZAの2021年夏モデルで、いずれも映像エンジン「レグザエンジン ZR I(ゼットアールワン)」を搭載し、OSにAndroid TVを採用して操作性を一新。さらに、大画面テレビで気になるさまざまなノイズを抑えて「肉眼で見る現実の世界のような自然な大画面映像」を実現する、リビングシアターモデル専用高画質処理を組み込んだ。

  • alt

    映像エンジン「レグザエンジン ZR I(ゼットアールワン)」

  • alt

    リビングシアターモデル専用高画質処理の概要

4K/3,840×2,160ドットの倍速液晶パネルと、直下型LEDバックライトを搭載(M550Kのみ倍速パネルではない)。「Z670Kシリーズ」の85V型、75V型では、スリムで高輝度なバックライトを組み合わせた。

  • alt

    直下型LEDバックライトを搭載

  • alt

    75Z670K(左)と、75M550K(右)を並べたところ。75Z670Kのほうが、暗部も含めて明るく見える

高画質機能として、2021年発売のREGZAで導入している、“美肌”表現にこだわった「ナチュラル美肌トーン」を採用。視聴環境の明るさや色温度に合わせて画質を自動調整する「おまかせAIピクチャー ZR I」、放送波のさまざまなノイズを低減して高精細な映像を再現する「地デジAIビューティ ZR I」、ネット動画のコントラストや精細感を高める「ネット動画ビューティ ZR I」を装備。クラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメーターを利用し、高画質処理を行う「クラウドAI高画質テクノロジー」も備えている。

  • alt

    “美肌”表現にこだわった「ナチュラル美肌トーン」を搭載

  • alt

    地デジAIビューティ ZR I

  • alt

    おまかせAIピクチャー ZR I

サウンド面では、3機種ともDolby Atmosに対応。Z670Kシリーズは「重低音立体音響システムZP」を搭載し、75V型はフルレンジ×4基、ツイーター×2基をバスレフボックスに配置し、さらに重低音バズーカ(ウーファー)、トップツイーター4基からなるシステムで、計11個のスピーカーを総合出力60Wのマルチアンプで駆動する。

同シリーズの85V型も「重低音立体音響システムZP」を搭載するが、75V型とはスピーカー構成や出力が異なり、バフレフボックス配置のメインスピーカと重低音バズーカを総合出力40Wのマルチアンプで駆動する。トップツイーターは非搭載。

75M550Kは「重低音立体音響システム」を搭載。バスレフボックスに配置したフルレンジスピーカー2基と、重低音バズーカを総合出力40Wのマルチアンプで駆動し、パワフルで臨場感あふれるサウンドを再現する。

  • Z670Kシリーズは「重低音立体音響システムZP」を搭載

全機種でBS/CS4Kチューナー×2基、地上/BS/110度CSチューナー×3基を備え、番組録画に対応。別売の外付けHDD「タイムシフトマシンハードディスク」を組み合わせると、全録機能“タイムシフトマシン”モデルに進化し、タイムシフトマシン内蔵テレビのような快適操作ができるとする。

  • 別売の外付けHDD「タイムシフトマシンハードディスク」を組み合わせると、全録機能が使える

Android TVのインタフェースを採用し、操作性を強化。YouTube、ABEMA、Amazon Prime Video、hulu、U-NEXTといったのネット動画再生に対応。付属のリモコンには上記の配信サービス専用のダイレクトボタンを備える。さらに、好きなネット動画サービスを割り当てて直接起動したり、HDMI接続した外部機器を登録して一発で呼び出す「My. Choice」ボタンもダイレクトボタンのエリアに搭載しており、2021年秋提供予定のソフトウェアアップデートで利用可能になるとのこと。

  • Android TVのインタフェースを採用

  • 付属のリモコンも刷新

ゲーミング機能も強化し、最新のゲーム機が備えるさまざまな仕様に対応した新しいゲームモードや、ゲーム機の出力映像に合わせて自動的に最適な映像を再現する「オートゲームアジャスト」機能を搭載。また、1080p/120Hz入力時に0.83msの低遅延表示に対応する。なお、1080p/60Hz 12bit、1440p/60Hz、4K/60Hz 12bit入力時の映像遅延時間は約9.2msとなる(パネルによる遅延を除く、映像処理による信号遅延)。

HDMI入力はいずれも4系統装備。コンテンツに応じて画質優先/低遅延優先を自動で切り替える「ALLM」と、Dolby Atmos/DTS:Xなどのサラウンド音声の伝送も可能な「eARC」をサポートする。

Z670Kシリーズの85V型、75V型はさらに、2021年秋提供予定のソフトウェアアップデートにより、HDMI入力のうち2系統(HDMI 1/2)が4K/120Hzの映像入力に対応し、映像のちらつきやカクつきなどを抑える「VRR」もサポートする。

HDMI以外のインタフェースは、コンポジット映像入力とアナログ音声入力、光デジタル音声出力、ヘッドホン出力、Ethernet端子が各1系統。USB端子は3系統。