この記事ではTwitterの動画投稿について、時間や長さにフィーチャーして解説していきます。投稿できる動画には140秒以内という時間の制限がありますが、140秒超の動画はアップロードできるのか? アプリ内で撮影できる動画の長さは? フリートではどうなのか? といった検証を実際に行います。

Twitterに投稿できる動画の長さ(時間)は140秒

Twitterでは、投稿できる動画の長さについて、アプリ版・ブラウザ版ともに140秒以内(2分20秒以内)と規定しています。その他にも以下の条件があります。

Twitterアプリの条件

  • ファイル形式:MP4またはMOV
  • 動画のサイズ(容量):最大512MB

Twitter ブラウザ版の条件

  • ファイル形式:MP4(H264形式、AACオーディオ)
  • 動画のサイズ(容量):最大512MB
  • 最小解像度:32×32
  • 最大解像度:1920×1200(および1200×1900)
  • アスペクト比:1:2.39~2.39:1の範囲(上下限値を含む)
  • 最大フレームレート:40fps
  • 最大ビットレート:25Mbps

【関連記事】
Twitterに動画投稿する方法 - ファイル形式やアップロード手順を全解説

フリートに投稿できる動画の長さ(時間)は30秒

通常のツイートとは異なり、投稿から24時間以内に削除されるFleet(フリート)でも動画をアップロードできます。フリートに投稿できる動画は30秒以内となっています。

【検証】Twitterに140秒以上の動画は投稿できるか?

Twitterのルールでは、投稿できる動画は140秒以内となっていますが、実際に140秒より長い動画を投稿できるかどうか、筆者が検証を行いました。

Twitterアプリで動画撮影した場合

新規ツイート作成時にその場で動画を撮影する方法で、140秒より長い動画を撮影できるかどうか検証しました。結論から言えば、Twitterアプリで動画を撮影して投稿する場合は、最長60秒(1分)が撮影時間の限度でした。

  • Twitterに140秒以上の動画は投稿できるか? アプリ編1

    【1】新規ツイート作成画面でカメラのアイコンをタップして、その場で動画を撮影する場合の検証です

  • Twitterに140秒以上の動画は投稿できるか? アプリ編2

    【2】動画の撮影を開始して30秒を過ぎたところで、残り30秒のカウントダウンが始まりました

  • Twitterに140秒以上の動画は投稿できるか? アプリ編2

    【3】撮影開始から1分でストップとなり、1分より長い動画は撮影できませんでした

iPhone(iOS版)のTwitter公式アプリでもAndroid版のTwitter公式アプリでも結果は同様でした。Twitterアプリで撮影する動画投稿は、短めの尺に適した機能であると言えるでしょう。

140秒以上の既存動画をアップロードした場合

スマホに保存されている140秒超の動画をツイートに添付(アップロード)できるかの検証です。結果はやはり不可。140秒を超える動画は、140秒以内に収まるよう編集(トリミング)することが求められました。こちらもiPhone(iOS)とAndroidで違いはありませんでした。

ポジティブに捉えれば、規定を超える長さの動画でも、Twitterアプリでトリミングすれば投稿できるとも考えられます。

  • Twitter、140秒以上の既存の動画をアップロードした場合1

    【1】2分31秒(151秒)の動画のアップロードに挑戦します

  • Twitter、140秒以上の既存の動画をアップロードした場合2

    【2】トリミング画面になり、140秒以内に編集しなければ投稿できない仕様でした

ちなみに、手順【2】の「動画を編集」画面下部に見えるトリミング枠の選択範囲は、標準設定では「45秒」になっています。トリミング枠の左右どちらかの端をドラッグすると、最大140秒まで選択範囲を拡大できます。

ダイレクトメッセージ(DM)で動画を送信する場合

Twitterのダイレクトメッセージ(DM)で140秒より長い動画をやり取りできるかの検証です。結果は通常ツイートの場合と同じく、動画の編集(トリミング)を要求されました。iPhone(iOS)、Android環境とも同様です。

  • Twitter、ダイレクトメッセージ(DM)経由の動画送信の場合1

    【1】ダイレクトメッセージ(DM)に2分40秒(160秒)の動画を添付しようとしたところ……

  • Twitter、ダイレクトメッセージ(DM)経由の動画送信の場合2

    【2】トリミング画面になり、140秒以内に編集しなければ送信できない仕様でした

フリートに30秒以上の動画を投稿することは可能?

フリートに投稿できる動画は30秒以内。通常のツイートよりも短いルールになっています。フリートに30秒を超える長さの動画を投稿できるかどうかも検証しました。

フリート向けにその場で動画撮影した場合

フリート投稿時にその場で動画を撮影する方法で、30秒より長い動画を撮影できるか検証しましたが、結果はルール通りの30秒までが撮影可能な限界でした。

  • Twitterのフリートに30秒以上の動画を投稿することは可能? 1

    Twitterアプリのホーム画面(タイムライン)上部にある「追加する」からフリートに投稿する動画を撮影したり、選択します

  • Twitterのフリートに30秒以上の動画を投稿することは可能? 2

    動画を撮影したところ、15秒が過ぎたところで残り15秒のカウントダウンが始まりました。その後、30秒となった時点で自動的に撮影終了となりました

フリート向けに30秒以上の既存動画をアップロードした場合

あらかじめスマホに保存されている30秒以上の動画をフリートに投稿できるかの検証です。結果は、規定の長さである30秒以内に編集(トリミング)するよう求められました。

  • Twitterのフリートに30秒以上の動画を投稿することは可能? 3

    フリートでシェアするため、40秒の動画をカメラロールから選択したところトリミング画面になりました。30秒以内に編集しなければ投稿できない仕様です

Twitterに140秒以上の動画を投稿したい場合の対処法

Twitterに140秒以上の動画をどうしても投稿したい場合は、以下の三つが代表的な方法となります。

  • YouTubeへのリンクを埋め込む
  • 分割して投稿する
  • 広告として出稿する

広告の場合、特定の条件を満たせば最大で10分まで延長できる場合がありますが、Twitter社と交渉する必要があるためハードルは高めです。YouTubeへのリンクをツイートに埋め込む方法は下記の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】
TwitterにYouTube動画を埋め込んで投稿する方法 - サムネイルの表示は?

まとめ

Twitterに投稿できる動画について、時間の制約(長さ)に注目して解説してきました。タイムラインへのツイートやDM、フリートでシェアする場合は、Twitterで定められた長さの範囲内(140秒あるいは30秒)となります。投稿したい動画の長さがオーバーしている場合は、編集して規定の範囲内に収めるか、YouTubeなどの動画投稿サービスを利用して、Twitterに動画のリンクを埋め込んで投稿するとよいでしょう。

最後にこの記事のポイントをまとめます。

  • Twitterに投稿(ツイート)可能な動画は140秒(2分20秒)以内
  • ツイート作成時にその場で撮影して添付する場合は60秒(1分)以内
  • フリート機能でシェアできる動画は30秒以内
  • 規定の長さを超える動画は、投稿時にトリミングが求められる
  • どうしても140秒以上の動画をツイートしたいときは、YouTubeなどにアップしてシェアするのが得策