急速に進化する「スマートウォッチ」。歩数や心拍数は測定できて当たり前、いまやFeliCaチップ内蔵により決済機能を備えた製品も珍しくなく、血中酸素濃度の測定が可能な製品まで現れた。今後ますますスマートに(賢く)なることは確実だ。

  • Watch 1

    SOUNDPEATS初のスマートウォッチ「Watch 1」

しかし、スマートウォッチは現時点では、あくまでスマートフォンとの連携ありきのデバイス。自律的に通信できる方向へ進化しつつあるとはいえ、文字入力などスマートフォン頼みの部分は多く、まだ独り立ちは難しい。多機能化/重装備化するよりも、機能を絞り込みスマートな(すらっとした)ボディサイズを維持するほうが現実に即しているといえる。

そんな折、SOUNDPEATSから防水スマートウォッチ「Watch 1」が我が家に届いた。以前、5,000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンのレビュー(過去記事)のために機材を借りたとき、「初めてスマートウォッチを出すので、よければお試しを」とサンプル機が一緒に送られてきたのだ。

  • Watch 1

    Watch 1

Watch 1はニュース記事によれば、防塵防水性能はIP68準拠、歩数や心拍数をライフログ的に記録する機能に加え、一定時間同じ姿勢が続くと振動で知らせる機能も備えるという充実ぶりで、税込3,980円という“激安価格”。遠慮なく使ってみることにした。

無遠慮ついでに思いついたのが、「スマートウォッチはどれだけ雑な使い方に耐えられるのか」という疑問の検証だ。

完全な防塵構造かつ水面下での使用が可能というIP68規格だが、水に対する保護等級(2桁目の「8」)のテスト方法については「メーカーと機器の使用者間の取り決めによる」とされている。IPX7の「15cm〜1mの水面下に30分間」より厳しい環境での使用に耐えられるという程度の意味合いであり、海水などに浸しても大丈夫か? という素朴な疑問は解消されない。これは試してみなければ。

(編注:本記事の検証内容はメーカー推奨の利用方法ではないため、試される場合は自己責任で安全に配慮して行ってください)

シンプルデザインのWatch 1。「座りすぎ通知」がイイ感じ

Watch 1のボディは樹脂製で、ディスプレイは表面に強化ガラスを用いた1.4型の有機EL。デザインは奇をてらったところのないシンプルなもので、たたずまいは装飾性抜きのスポーツウォッチといったところ。バンドはシリコン製で留め具部分は樹脂製、幅20mm/バネ棒付きの市販品に交換できる。

腕に装着していろいろな角度から眺めてみたが、意外なほど素材に樹脂っぽさはない。樹脂製でも明るいシルバーだと一見でバレてしまうが、iPhoneでいうところのスペースグレーに近い色調だからか、アルミ製と言っても通用しそうなくらい金属的な質感がある。35g(バンド含む)という軽さゆえか、心拍センサーがあることによる異物感はなく、長時間装着したままでも気にならない。

  • Watch 1

    心拍センサーを搭載するなど、ヘルスケアの基本機能はひと通り備えている

ディスプレイの表示エリアは正方形で、解像度は300×300ドット。1行あたり全角換算で9文字を表示できることもポイントだ。スポーツやライフログ用途を意識した、他社製のスマートウォッチには縦長のものもあるが、ペアリングしたスマートフォンからの通知を表示するときには1行あたりの字数が多いほうが読みやすい。縦長スマートウォッチの5字改行/全15字では大意すらつかめないが、9字改行/全27字のWatch 1は通知の役をしっかり果たせる。

売りのひとつ「座りすぎ通知機能」もけっこう役に立つ。一定時間動かずにいることを通知と振動で知らせてくれるというものだが、機能のオン/オフはもちろん、動作する時間帯を指定できるから、装着したままでいても煩わしさはない。SOUNDPEATSに確認したところ、座り過ぎ検出基準は「1時間に測定された歩数が20歩以内」で、現在のところ変更できないとのことだが、気分転換&居眠り防止にはちょうどいい塩梅だ。

  • Watch 1

    しばらく歩かずにいると警告される。在宅/テレワーカーにはうれしい機能だ

  • Watch 1

    スマートフォンに届いた通知は、Bluetoothの通信圏内であればWatch 1にすぐ転送される。通知対象のアプリも絞り込める

眠りの質を測定するという「睡眠モニター機能」も、まずまずの精度で動作した。脈拍の変化をもとに活動中か睡眠中か、睡眠中はレム睡眠かノンレム睡眠かを判断しているとのこと。筆者の場合、就寝時刻はかなり正確だったが、起床時刻は遅く検出されがちだった。たとえば6時に起きているのに7時と検出されるなど、睡眠時間が実際より1時間ほど長くなってしまった。

  • Watch 1

    心睡眠中のモニター機能も搭載。無料のiOS/Androidアプリ「SOUNDPEATS SPORTS」でレム睡眠やノンレム睡眠の状況を把握できる

運動管理機能は、ウォーキングやサイクリングなど計12種類のトレーニングモードが用意されており、スピードや心拍数の変化などのデータを測定できる。ウォーキングと室内ランニングを試したが、検出された距離に違和感はなく、心拍数の変化もしっかり記録されていた。どれほど正確かはより詳細な検証が必要だが、スマートウォッチに求める機能としては充分な水準だ。

  • Watch 1

    スマホアプリを使えば、運動した距離や心拍数、高低差などの情報を振り返ることができる

「IP68の期待値」を超えるか? 旅先でラフに扱ってみた

スマートウォッチとして機能的には必要十分レベルにあるといえるWatch 1だが、耐久性/防塵防水性はどうだろうか。折も折、Go To トラベル キャンペーンに便乗して夏の伊豆へ出かけることになり、そこで海水に浸しても無事かどうか検証することにした。

ホテルにチェックインして早々水着に着替え、いざビーチへ。左手首のWatch 1ともども一気に首まで海水に浸かる。波がくるとタッチパネルが勝手に反応することを除けば、動作はごく普通。泳ぐこと10分、何も起こらない。読み物としては一騒動起こってほしいところだが、伊豆の海と同じ“ベタ凪”の状態だ。

しかし、写真を撮ろうと波打ち際にいたところ、思わぬ事故が。うっかりWatch 1を落としてしまったのだ(偶然ですよ)。当然砂まみれになり、磁性ありの充電端子には砂鉄がびっしり取り付いた。IP68準拠の防塵防水とはいえ、海水や砂鉄の付着は性能保証の対象外、故障したとしても文句はいえない。

  • Watch 1

    Watch 1をうっかり波打ち際に落としてしまった……

そこへ再び波が。伊豆の海は透明度が高く、水中のWatch 1がはっきりと透けて見える。陽の光が射し込み、いつかどこかで見たような……「下町のナポレオン」を標榜する焼酎のCMを彷彿とさせる絵面だ。これは写真に収めねば。

シャッターチャンスを待つこと5分。寄せては返す波に幾度となく揉まれるWatch 1を見守りつつ、ようやく納得いく写真を撮ることができた。もちろん、脳内BGMはビリー・バンバン。

  • Watch 1

    5分ほど波に揉まれ(揉ませ?)、伊豆の海の透明感を演出

それから小一時間ほど泳いだが、Watch 1はまったくケロリとしている。充電端子に取り付いた砂鉄は、水着でゴシゴシやるとだいたい落ちたが、これでいいのか。いいのだろう、支障なく動いている。タッチセンサーが自己容量方式なのか、波に反応して画面が勝手に動く(いつの間にか心拍数を表示しているなど)ことはあるものの、粉塵の侵入が完全に防護され水面下での使用が可能というIP68の期待値を超えるタフさがあることは確かだ。

  • Watch 1

    充電端子に砂鉄がびっしり付着したものの、水着で拭き取れば支障なく使えた

その翌日にはホテルのプール(もちろん塩素入り)に入れられたり、大浴場のお湯(40度前後)に数十分浸されたりと、引き続きWatch 1はやられ放題の目に合うが、誤動作の兆しすらない。しかも充電完了から3日を経過したにもかかわらず、バッテリー残量は45%というエナジーセーバーぶりだ。

それなりに値が張るから乱暴に扱えず、1日1回の充電が欠かせないスマートウォッチばかり利用してきた身には、Watch 1のタフネスさがかなり新鮮に感じられた。

ひとつは持っておきたい「ジェネリック・スマートウォッチ」

週に1回、1時間のペースで充電するために腕から外したことを除けば、約1カ月にわたり昼夜を分かたず、文字どおりの密着取材を敢行したわけだが、“着けっぱなし”対応のスマートウォッチには以下の3つの装備・機能が求められていることを実感した。そしてWatch 1はすべてを満たしている。

1つめは「タフさ」。この言葉には防塵防水性能とバッテリー持久性という2つの意味があるが、前者を高いレベルで満たしていないと各種のデータ測定精度が低下する——心拍数や移動距離、睡眠時間の測定は"着けっぱなし"が大前提だ——ため、IP68の期待値を超えるタフさが欠かせない。そして“着けっぱなし”を支えるのがバッテリー持久性だ。ごく普通に使って週1回の充電で済むのだから、毎日の充電から開放されると考えるだけでも気がラクになる。

  • Watch 1

    Watch 1は歩数計としても使える。走行距離や消費カロリーも同時にチェックできる

2つめは「通知転送」。スマートウォッチを名乗る腕時計の多くに採用されている機能で、特に目新しさはないが、Watch 1はこちらも対応している。スマートフォンへの着信をバイブレーションで知らせてくれるほか、LINEやTwitterといったSNSアプリの通知も即座に転送してくれる。家にいて水を飲もうと冷蔵庫まで歩くとき、洗面所へ行くときまでスマートフォンを持ち歩くことはないが、Watch 1はそんなわずかなスキも見逃さず、1秒足らずのタイムラグで通知を届けてくれた。これも“着けっぱなし”だからできるワザだ。

3つめは「樹脂」。バンドを含め、腕時計はアルミやステンレスなど金属製のほうが質感が高いことは確かだが、周りの品々に知らず知らずのうちに傷をつけてしまうもので、実際ノートPCのパームレストが傷だらけというスマートウォッチユーザーは多いはず。Watch 1は樹脂製なので、MacBook Proに傷ひとつつけることなく、この1カ月を過ごすことができた。

不満がまったくないわけではない。通知のフォントサイズが固定で、1画面あたりの文字数が最大27字(全角9字×3行)と少なめなこと、選択できる文字盤が5種類で増やせないこと、Watch 1単体ではアラームを設定できないこと(スマートフォンアプリで行う)、などと使い勝手の部分には改良の余地がある。今後、ユーザーの要望に応えてくれることに期待したい。

それにしても、この充実度で4,000円を切るとは安すぎて不安になるレベルだが、海水に浸してもお湯をかけてもまったく動じず、バンドの留め具(樹脂製)の塗装が少し剥がれた以外、変化らしい変化はない。数万円もするスマートウォッチは傷つけないよう気を遣ってしまうが、1年で1日あたり10円ちょっとのコスト感のWatch 1ならどれだけ雑に使っても構わない気がするし、実際躊躇なく手荒に扱ってしまった。しかも通知転送の恩恵を受けながら。

Watch 1のように、タフに使えて基礎機能もしっかりしており、それていて安い「ジェネリック・スマートウォッチ」は、もっと幅広いユーザに受け入れられる余地があるように思う。

  • Watch 1

    バンドの留め具部分の塗装は少し剥がれたが、これはこれで味があるかも