ハイエンドを中心としたBTOパソコンの企画・製造を手掛けるサードウェーブのゲーミングPC「GALLERIA(ガレリア)」が、7年ぶりに大幅なリブランディングを行った。生まれ変わったGALLERIAは、以前とどこが違うのか? どんなところを目指してリブランディングは行われたのか? 開発のキーとなった2人にお話をうかがった。

  • サードウェーブで新GALLERIAのプロダクトマネージャーを担当した武藤亮太氏(左)と、製品企画担当した瀧吉佑介氏(右)

7年ぶりのリブランディングを決めた2つの理由

――リブランディングについて触れる前に、そもそもGALLERIAはどういうコンセプトを持ったブランドとしてスタートしたのか教えてください。

瀧吉佑介氏(以下、瀧吉氏):ゲームをPCで遊ぼうと思うと、CPUもグラフィックスもなるべく高い処理能力が必要ですが、いいハードを組み合わせたからといって、それだけでゲームが動くのかというと、そんな簡単にはいきません。

――今はだいぶ減りましたが、メモリの相性や、各種ドライバの相性が問題になることも多かったですね。

瀧吉氏:GALLERIAの歴史がはじまった2002年ごろは、「ゲームが動かない」といったトラブルが起こっても、何が原因か自分で判断するのは非常に困難でした。その問題を解消し、各ゲームの快適な動作を保証する「ゲーム用チューニングモデル」として製品化したのがGALLERIAのはじまりです。パーツ構成やソフトウェアのチューニングを固めることに注力した、弊社のBTOマシンの延長といった位置づけでしたね。

武藤亮太氏(以下、武藤氏):その後GALLERIAは順調に進化を続けていましたが、ほかのゲーミングPCとの差別化を図るため2013年にリニューアルしました。

  • 武藤亮太氏はマーケティングを含め、GALLERIAというブランドのマネージメントを担当した

――今回のリブランディングはその2013年以来となりますが、何がきっかけとなったのでしょうか?

武藤氏:ポイントは2つあります。弊社は2年前に、「今後eスポーツへ積極的に投資していく」と発表しました。その後、協賛したイベント会場などで、ユーザーの皆さんと接する機会がとても増えたんです。

多くの方とお話しさせていただいたことで、ゲームのヘビーユーザーの方々にはGALLERIAという名前や、私たちの想いが伝わっていると実感しましたが、新たにゲームの世界に入ってこられた方々からはそれを感じられませんでした。ならば、今こそ若年層をはじめ、動画配信などでPCゲームに興味を持ちはじめたばかりの新たなユーザー層に対して、「GALLERIAというブランドを改めて自己紹介する時期だ!」と思ったんです。これが、1つめのポイントです。

――従来のGALLERIAは、コアゲーマー向けに尖りすぎていたわけですね。

武藤氏:そうですね。もう1つは、ケースのリニューアルです。既存の黒いケースは2013年から使い続けていました。当時としては最先端のものを採用していましたが、さすがに7年も経つと、マーケットはもちろん、中に組み込んでいるハードウェアのトレンドも大きく変わってきて、「今の最善」ではなくなっていたのです。

こうした2つの理由から、「やるならPCゲーム市場が拡大している今」と、リブランディングが決定しました。

瀧吉氏:おかげさまで、GALLERIAは「ハイエンド・ハイパワー」のマシンとして、開発関係やクリエーターの方々など、企業さまへの導入実績も高いブランドです。

しかし、GALLERIAというブランドはあくまでもゲーミングPC。弊社には、クリエーターさま向けの「raytrek(レイトレック)」というブランドもありますので、各ブランドをもっとわかりやすく、必要としているお客さまへ伝える必要があると判断しました。それが「改めて自己紹介する」ということです。

  • 特徴的なケースデザインを含め、その仕様など、具体的な製品の設計をマネージメントした瀧吉佑介氏

武藤氏:強調したいのは、「ターゲットを、今までGALLERIAを支持してくださったコア層からビギナー層へ変えるわけではない」ということ。持ち味はそのままに、コア層の方々にはもっとご満足いただけるようにしながら、「ビギナー層にもわかりやすくする」のが狙いです。

「相棒」というキーワードに込めた想いと「機能美」

――リブランドにおいて「相棒」というワードが使われています。この意味を教えてください。

瀧吉氏:お客さまにとってこのGALLERIAがどう呼べる存在かを考えると、ゲーム環境の中心となる、「なくてはならないものである」わけですよね。それを「相棒」と表現しました。

――ホビーの時間をいっしょに過ごす「相棒」ですね。

武藤氏:今度のGALLERIAでは、相棒という言葉がふさわしいよう、ユーザビリティには本当に気を配りました。ユーザーに「気が利いているな」「わかってるな」と思っていただけるような要素を考えて、仕様を構成しています。フロントパネルのスイッチやコネクタを最上部の斜め45度のパネルにまとめた点や、天板をフラットにした点もそうですね。

ゲーミングPCならではのLEDを使ったイルミネーションにしても、好きな色に変えてパーソナライズを図ることができます。大会であればチームの色で彩ることもできるでしょう。自宅に置くので華美になりすぎては困るという方向けに、LEDを消せるようにもしています。そのうえ、消した状態でもきちんとデザインが成立するように心がけました。

最近は、SNSに自宅のPC環境がアップされることもありますが、旧GALLERIAに限らず、インテリアにゲーミングPCが溶け込んでいるのは少ないと感じます。

使い勝手は言うに及ばず、そうしたインテリアへのマッチングも含めて「“使いやすさ”とはどういうことか」を、とことん考えました。目指したのは「必要な機能だけをきちんと積み上げたうえで出てくる機能美」ですね。

瀧吉氏:ユーザビリティを追求した結果として生まれるデザインやその美しさを目指しました。

  • 黒一色だった無骨なものから、金属の質感を活かした銀と黒を貴重としたスタイリッシュなデザインへ。「GALLERIA」という文字にエンブレムが付加され、ロゴも新しくなった

毎日触れる部分だからこそ、使いやすさと質感を追求

――デザイン上のキーとなるのは、やっぱり斜め45度のパネルにまとめられたスイッチや端子類ですね。

武藤氏:ケースの中で一番手が触れる部分を使いやすく、そしていちばん質感を高めたいという想いがありました。

瀧吉氏:アーケードコントローラーにゲームパッド、ヘッドセットと、ゲーマーは特にこうした端子を多用します。そこから出たコードが邪魔にならないかなど、端子類の位置と向きは使い勝手に与える影響がとても大きいんです。

――質感にも配慮したということは、このコンソール部分が金属パネルであることもわりと早い段階から決まっていたということですか?

瀧吉氏:そうですね。ここにはさまざまなチャレンジが詰まっていて、USBコネクタ内側の周囲にある金属を見えないようにしたり、細かいところにも気を配りました。ヘッドフォンとマイクの端子を色分けしていないのも、毎日使っている人にとっては一見してのわかりやすさよりも、シンプルな美しさのほうが大事だろうという判断です。

当然、デザインの検討段階では、数十通りのデザイン案を比較して話し合いました。重視したのは「すっきりした印象であること」という点ですね。

――筆者が個人的に使用しているフルタワーケースも、同じように端子やスイッチ類が最上部にまとめられている点が選択の決定打となりました。使い勝手を重視した結果のデザインという点にはとても納得がいきます。

瀧吉氏:実はこのコンソールパネル、両サイドが三次元曲面であるため、デザイン通りに部品類を実装できるかどうかなど、課題は多くありました。USB 3.0の端子を4つ並べることをはじめ、スイッチや端子をまとめるためには、ケースの製造メーカーだけでなく、マザーボードメーカーなど、関係各社のご協力があって初めて実現したといっても過言ではありません。

  • 電源スイッチ、リセットスイッチのほか、頻繁に利用するUSB 3.0端子を4つ、ヘッドフォンとマイクの端子、そしてLEDのインジケータ。PCの使用時に重要な意味を持つものを、すべて最上部の斜め45度に傾けた金属パネルに配置した

「省く」ことで生まれる使いやすさと、原点回帰

――BTOパソコンとして考えると、フロントに拡張用のベイが1つしかない点に少し驚きました。

瀧吉氏:確かにBTOパソコンでは、拡張用ベイが数個あるのが伝統ですね。ただ、以前光学ドライブを標準では搭載していないモデルを販売した経験から、「ゲーマーには拡張用のフロントベイは1つあれば問題ない」という確信がありました。私がゲーマーであるためわかります。

もちろん、内部にはストレージを増設するためのシャドウベイは用意してありますから、機能美を追い求めているのであれば、なくてもよかったかもしれません。ですが、あえて付けたのは、BTOからはじまったブランドの意地ですね。汎用性のある5インチベイを1つだけ残してそこに光学ドライブを入れることにしました。

――1つだけある5インチベイは「死守した部分」なんですね。

瀧吉氏:わかりやすさ、使いやすさのために割り切りつつも、弊社が運営するパソコンショップ「ドスパラ」のお客さまの『心意気』を大事にしたい想いもありました。「ドスパラ」は自作のお客さまに支えられてきましたから。

また、今回は、ハードウェア的な仕様でもシンプルさを心がけました。たとえば、SSDとHDDを標準では一緒に載せないといった点です。

最初から両方が搭載されていても、その違いを理解して使い分けるのは難しい。SSDよりも遅いHDDにゲームなどをインストールしてしまい、「パフォーマンスが落ちた」と誤解する原因を作るのであれば、いっそ外してしまったほうがいいと判断しました。何よりお客さまに無駄なお金をお支払いいただかなくて済みますし。HDDを付けるのは、動画や画像をたくさん入れたいといったニーズが生まれてからでも遅くはないわけです。

――HDDも、「省くこと」がサービスの向上につながっているのはおもしろいですね。

瀧吉氏:製品に載せるものは、一つひとつに意味があります。なぜこのパーツを選んだのか、なぜこういう構成なのか、すべて考え抜いて作っています。

武藤氏:ゲームを快適に遊ぶことにフォーカスした結果ですね。

瀧吉氏:そもそも我々が提供してきたようなBTOパソコンが評価を得たのは、余計なソフトウェアが大量にプリインストールされていない、そのシンプルさにあったわけです。ところが、ユーザー層が広がっていくなかで、いろいろなものを付けすぎてしまいました。

今回はハードウェア的に我々が盛りすぎてしまっていたところにも目を向け、取捨選択を行いました。言うなれば、BTOパソコンへの「原点回帰」みたいな面もありますね。

武藤氏:「GALLERIAとはゲーミングPCである」という原点に立ち戻ったと言えるでしょう。

  • フロントベイは5インチが1つだけ。交換するときのことやベイの汎用性を考え、光学ドライブのスリムドライブ採用は見送った。光学ドライブを搭載しないときに穴を塞ぐパネルも用意されている

  • 内部が確認できる窓が設えられたサイドパネル。吸気用のメッシュパネルを彩る青は、サードウェーブのコーポレートカラーだ

フロントパネルのLEDは「新たな世界へつながるゲート」

――今回は、ある面では原点回帰を目指しているとのことですが、新旧のGALLERIAを一言で表すとしたら、それぞれどんな言葉を当てはめますか?

瀧吉氏:デザインを監修していた人物と話していたんですが、「実直と洗練」がもっとも適切だろうという結論になりました。新たなGALLERIAは不要なものを削ぎ落とし、日常生活に溶け込めるようにデザインも磨きました。まさに「洗練」という言葉が当てはまると思っています。企画段階でも「洗練」というワードはとても意識していました。

悩んだのは以前のモデルをどう表現するかですね。先ほどは「盛りすぎた」と言いましたが、当時は「盛る」なんていう感覚はなく、「これもできます! あれもできます!」と、素直なサービス精神から豪華な仕様を目指していました。

見直してみると確かに風呂敷を広げすぎていた部分はあったわけですが、そんな状態の製品を表現するなら、「実直」という言葉が適切だったのかなと思います。

――生まれ変わったGALLERIAの課題や、目指すべき目標みたいなものはありますか?

瀧吉氏:ありがたいことに、最初から「GALLERIAをください!」と来店されるお客さまもいらっしゃいますが、ゲーム初心者のお客さまは何を買っていいかわからない。私たちの側から、「GALLERIAのファンになってください」と歩み寄らなければならないと思っています。「GALLERIAのファンになったからゲームを始めました!」みたいなブランドを目指したいですね。

――一見するとエンブレムやケースのデザインが変わっただけに思えますが、よくよく見ると今まではあって当然だったものが省かれていたり、そこにはちゃんとポリシーがあって、目指す目標も設定されているんですね。

武藤氏:コロナ禍で、インドアで遊べるゲーム全般に注目が集まっています。PCゲームにはコミュニケーションツールとしての役割もあり、もっとPCゲームが当たり前に遊ばれる時代になっていくと思っています。

今度のケースはフロントパネルの周縁部がLEDで光る部分は「ゲート」をイメージしてデザインされています。新しいGALLERIAは、そうしたPCゲームが当たり前に遊ばれる時代において、“新たな世界へつながるゲート”であり、また、同時にそこへ飛び込む相棒でもある、そんな存在になってくれるといいと思っています。

  • フロントパネルの黒い部分を囲むように配置されたLEDイルミネーションは「ゲート」をイメージしてデザインされている。消したときも見た目が損なわれないようにも配慮してある。また、天板をフラットにしたのは、「PCのケースの上にものを置くユーザーが多いため」だという。しかも、ホコリが入らない仕組みになっている

  • 機材を運送したりする機会が多いeスポーツでの知見を活かして採り入れられたビデオカードを固定するサブフレーム。マザーボードのPCIスロットやビデオカードが破損することを防ぐ。大会での使用時やサードウェーブのレンタル事業向けに搭載するが、一般販売用では今のところ検討中