パナソニックは、“液晶VIERA最高峰”の高輝度なプレミアム液晶ディスプレイを採用した最上位4Kテレビ「HX950シリーズ」など、4K液晶VIERA 3シリーズ8機種を7月下旬より順次発売する。ハイグレードモデルと位置づける「HX900シリーズ」、43V型からのスタンダードモデル「HX750シリーズ」を用意する。価格はすべてオープンプライスで、店頭価格は未定。

  • alt

    65V型「TH-65HX950」

新しい4K液晶VIERA 3シリーズのラインナップと店頭価格、発売時期は以下の通り。

■HX950シリーズ

  • 65V型「TH-65HX950」:未定 / 8月下旬発売
  • 55V型「TH-55HX950」:未定 / 8月下旬発売

■HX900シリーズ

  • 75V型「TH-75HX900」:未定 / 7月下旬発売
  • 65V型「TH-65HX900」:未定 / 10月発売
  • 55V型「TH-55HX900」:未定 / 10月発売

■HX750シリーズ

  • 55V型「TH-55HX750」:未定 / 8月下旬発売
  • 49V型「TH-49HX750」:未定 / 8月下旬発売
  • 43V型「TH-43HX750」:未定 / 8月下旬発売
  • alt

    55V型「TH-55HX900」

いずれも4K/3,840×2,160ドットの液晶パネルとBS 4K/110度CS 4Kダブルチューナーを備え、別売USB HDDに新4K放送の裏番組録画もできる、4K液晶テレビの最新シリーズ。HX950シリーズは、新開発の明るいプレミアム液晶ディスプレイを搭載した液晶ハイエンドモデルで、“液晶VIERA史上最高クラス”の高輝度と高いコントラスト性能を実現する。HX900シリーズ(75V型以外)とHX750シリーズは、2019年発売のGX855、GX755の後継機種となる。

  • alt

    43V型「TH-43HX750」

HX750は、従来は上位モデルのみに搭載していた技術を搭載して画質/音質を強化。上位のHX950/HX900では、画質処理エンジン「ヘキサクロマドライブ」や、地デジ放送も新4K放送も高コントラスト映像に高画質化する「AI HDRリマスター」、動きのある被写体をなめらかにくっきり表示する「オブジェクト検出 倍速処理」など、さらに進んだ高画質機能を備える。

全機種で立体音響のDolby Atmosに対応。HX950は現行の最上位モデル「GZ2000シリーズ」で採用している、テレビ背面上部に上向きに配置した「イネーブルドスピーカー」も搭載し、よりリアルな立体音響を実現する。

  • alt

    HX950は「イネーブルドスピーカー」でリアルな立体音響を実現

さらに、HX950/HX900はパナソニック独自の吸着機能付き「転倒防止スタンド」を搭載。スタンド底面の吸盤が接地面に吸着し、地震などの強い揺れでも倒れにくい独自構造を採用している。スイッチの構造を見直し、薄型デザインの転倒防止スタンドを新たに開発した。HX950のみスイーベル(首ふり)機能も備え、テレビを好きな向きに変えられる。視聴位置に合わせて見やすくしたり、掃除のときに手の届きやすい向きに変えるといったことも可能だ。

  • alt

    HX950はスイーベル(首ふり)機能も備えた吸着機能付き「転倒防止スタンド」を搭載

プレミアム液晶で画質強化したHX950、立体音響も

新4K放送やUltra HDブルーレイなどの普及によってHDRコンテンツが身近になったことで、コンテンツのダイナミックレンジが大きく拡大。テレビ側でそれらを余すことなく表現するには、液晶パネルのコントラスト性能を向上させることが重要となっている。

そこでHX950シリーズでは、輝度とデザイン性を高めた独自設計のプレミアム液晶ディスプレイを採用し、自社工場で高精度に組み上げて搭載。バックライトを強化すると同時に、ディスプレイ内部の部材構成を最適化することにより、「液晶VIERA史上最高クラス」の高輝度と高いコントラスト性能を実現する。これにより、新4K放送などのHDRコンテンツの光の輝きから暗闇まで「あらゆるシーンで高いレベルで光の表現が可能となった」という。また、新構造によりフレームデザインも刷新。パネル面とフレームの段差をなくしたフラット構造により、スタイリッシュなデザインを追求した。

  • alt

    パネル面とフレームの段差をなくしたフラット構造のプレミアム液晶ディスプレイをHX950に搭載

HX950/HX900は、LEDバックライトの明るさをエリア毎に分割駆動する「バックライトエリア制御」と、液晶パネルの輝度情報を微少なエリア毎に制御することで明暗の表現力を高める「エリアコントラスト制御」を搭載し、“Wエリア制御”で高いコントラストと階調表現を両立。HX750はエリアコントラスト制御のみ備える。

  • alt

    進化したWエリア制御のイメージ(右)

HX950/HX900の画質処理エンジンは「ヘキサクロマドライブ」で、3次元カラーマネジメント回路の「3D-LUT(ルックアップテーブル)」を搭載し、暗部の色再現性の向上や、明部の色の鮮やかな表現を実現。人肌など淡い色や、輝く陰影の中の微妙な色合いまでも、リアルに映しだすという。HX750は「色忠実補正回路」を搭載する。

VIERAの上位機種で採用している「AI HDRリマスター」をHX950/HX900に搭載。地デジなどのSDR映像もAIを活用して「HDRのような高コントラストな映像に変換できる」という変換アルゴリズムで、新4K衛星放送のHDR(HLG、ハイブリッドログガンマ)画質を向上させるため、新たな画質処理アルゴリズムを採用。HLGの映像信号に含まれる明るさ情報をシーンごとにリアルタイムに解析し、パネルの持つコントラスト性能を最大限引き出せるようにHDR映像を高画質化処理することで、「あらゆる4K番組を明るく高コントラストに表示できる」としている。

  • alt

    新たな画質処理アルゴリズムを採用した「AI HDRリマスター」のイメージ

3シリーズともHDR方式は、HDR10、HLG、HDR10+、Dolby Visionをサポート。また、ハイダイナミックレンジで写真の臨場感を伝える「HLGフォト」フォーマットにも対応する。

地デジやネット動画などの映像を、4Kにアップコンバートして表示する「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。HX950/HX900は素材解像度検出にも対応し、例えば4K信号の中でも、元素材が8Kなどの高精細なものか、ハイビジョンから4Kへアップコンバートしたものかを認識し、それぞれに最適な高精細化処理を行って高画質化するという。

また、スポーツ映像などの動きの激しい映像をくっきり表示できる機能として、HX950/HX900は動く物体の境界線を認識して倍速補間を行う「オブジェクト検出倍速表示」に対応。HX750はバックライトの制御を高速に行う「クリアモーション」を備え、動きの速い映像でも残像の発生を抑える。

  • alt

    HX950/HX900の「オブジェクト検出倍速表示」のイメージ

3シリーズともDolby Atmosの立体音響に対応。サウンドシステムには違いがあり、HX950はイネーブルドスピーカー2基、フルレンジ2基で総合出力60Wの「ダイナミックサウンドシステム」を搭載する。

HX950のテレビ背面上部に搭載したイネーブルドスピーカーは、天井の反射を利用してDolby Atmosコンテンツの高さ方向の音を再現し、画面中央に音像を定位。テレビのスピーカーのみで上下左右から音に包み込まれる、迫力の立体音響が楽しめるという。リモコンのマイクで音響環境を計測し、最適な音質補正を自動で行う「Space Tune Auto」も利用できる。

  • alt

    HX950は総合出力60W「ダイナミックサウンドシステム」を搭載

HX900とHX750は、フルレンジ2基と高剛性スピーカーボックスにより力強い音を追求した、30W出力のスピーカーシステムを採用。独自の測定方法に基づいた位相補正により音響特性・音像定位を改善し、「映像の中から聞こえてくるようなリアルな高音質」を体験できるという。また、映像と音声で回路を分離するオーディオ専用回路を採用。低ノイズ・低歪みな音声信号回路を実現したことにより、よりクリアでパワフルな音声を実現した。

  • alt

    HX900とHX750は30W出力の「ダイナミックサウンドシステム」を搭載

3シリーズ共通の機能

BS/110度CSの新4K放送チューナーを2基、地上/BS/110度CSチューナーを3基搭載(HX750は2基)。別売USB HDDへの録画に対応し、4K放送を見ながら別の4K番組を録画したり、地デジやBSの従来放送と、4K放送の同時録画が可能。従来放送の2番組同時録画もできる。ただし、4K放送の2番組同時録画はできない。そのほか、放送番組を1つの画面に横並びで2画面同時表示する機能も備える(新4K放送の2画面表示はできない)。

無線LANとEthernetを搭載し、宅内ネットワーク内のDIGAやVIERAなどと連携する「お部屋ジャンプリンク」に対応。お部屋ジャンプリンクは、新4K衛星放送の受信にも対応する。

また、各種映像配信サービスをテレビ単体で観られる機能を引き続き搭載。Netflix、Amazon Prime Video、YouTube、hulu、U-NEXT、ABEMAなどの映像配信サービスに対応する。見たいサービスを簡単に探せる「かんたんホーム」や、リモコンの「アレコレ」ボタンを押すと全画面でサムネイル表示する「アレコレチャンネル」も採用している。

  • alt

    かんたんホームの表示イメージ

操作面では、Googleアシスタント / Amazon Alexa搭載スマートスピーカーと組み合わせての音声操作に対応。HX950/HX900ではさらに、付属のリモコンに話しかけるだけで簡単にコンテンツの検索やテレビの操作が行える機能も備える。

HDMI入力は、HX950/HX900が4系統、HX750は3系統で、いずれもHDMI 2端子はARC(オーディオリターンチャンネル)に対応する。コンポジット入力も備える。音声出力は光デジタルとヘッドホン/イヤホン端子が各1系統で、HX950/HX900のヘッドホン/イヤホン端子はサブウーファー端子兼用となっている。USB端子は、HX950/HX900が3系統、HX750が2系統で、いずれもUSB 3.0×1を含む。