Instagramには、「フィード」と呼ばれる一般的な投稿と、「ストーリーズ」と呼ばれる24時間で消える投稿があります。このストーリーズに2020年2月25日、「ミュージックスタンプ」が登場しました。米国では2年前にリリースされていたので、待ち望んでいた音楽ファンも多いかもしれませんね。

ミュージックスタンプとは、ストーリーズにスタンプとして楽曲を設置できるサービス。楽曲は1投稿に最大15秒、好きな箇所を選んでスタンプできます。閲覧者は音楽を聴けるだけでなく、タップするとアーティスト名などの詳細をチェック可能。国内で提携しているレーベルは、2020年3月10日の執筆時点では、エイベックス、ユニバーサル ミュージック、ポニーキャニオンですが、今後はレーベル、楽曲ともに増えていく予定です。

ではミュージックスタンプの使いかたを説明します。

ミュージックスタンプを付けて投稿する

ミュージックスタンプは、ほかのスタンプと同じように、ストーリーズの作成画面でスタンプボタンを押して設置します。表示スタイルや文字の色、再生時間などを設定して投稿しましょう。投稿するときは、歌詞や楽曲のアルバムジャケットなど、ミュージックスタンプの表示形式も選べます。歌詞の表示が曲によって異なるケースや、歌詞が用意されていないケースもあるので注意してください。

  • Instagramの上部にある「ストーリーズ」をタップします

  • スタンプボタンをタップします。撮影した日付のスタンプが表示された状態で起動するので、不要であればスタンプを下にスライドして削除します

  • 「#ミュージック」をタップします

  • 楽曲一覧が表示されます。ここではキーワードを入力して、曲を選択しました

  • バーをスライドして、開始位置を指定します。「15」と表記されているボタンをタップすると曲の長さを変更できます

  • スタンプの形式をボタンから選択します。アルバムジャケットも選べます

  • 文字の色は「色ボタン」で変更できます。完成したら「完了」をタップします

  • ミュージックスタンプの大きさや角度は、指2本で動かすと変えられます。終わったら「ストーリーズ」ボタンで投稿しましょう

  • ミュージックスタンプの投稿が完了しました

ミュージックスタンプを見る

ミュージックスタンプの付いたストーリーズを閲覧すると、自動的に楽曲が再生されます。ただし、スマホの設定によっては、音量ボタンなどを操作して音を鳴らす必要があることも。ミュージックスタンプで貼り付けられた楽曲からアーティストのInstagramに遷移することもできますが、リンク先がある場合に限ります。

  • ストーリーズを見ると、音楽が再生されます。ミュージックスタンプをタップします

  • 再生パネルが表示されます。アーティスト名をタップします

  • アーティストのInstagramアカウントに遷移しました

「質問」の回答をミュージックスタンプにして投稿する

ストーリーズには、さまざまなスタンプがあり、「質問」ではInstagramでつながっている人たちにメッセージで回答をもらうことができます。続いては「質問」スタンプに対して、ミュージックスタンプでの回答を指定する方法をご紹介。回答は通常の質問スタンプ同様、投稿者しか見ることができませんが、ストーリーズで返信すると共有できます。

  • ストーリーズ作成画面を表示し、スタンプボタンをタップ。「質問」を選びます

  • 質問スタンプに質問文を入力し、音楽マークのボタンをタップします。「次へ」で進みます

  • 「ストーリーズ」をタップして投稿します

  • 閲覧者は「曲を選択」をタップします

  • 楽曲を選択して「送信」をタップします

  • 投稿者にはメッセージの形で回答が届きます

  • 再生ボタンをタップすると音楽が流れます。「返答をシェア」すると、ストーリーズの投稿画面が表示されて、返信できます

鈴木朋子

著者プロフィール
鈴木朋子

ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しく、女子高生とプリクラにも出かける。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親子で学ぶスマホとネットを安心に使う本」(技術評論社)など20冊を超える。