落合カメラマンが「2019年で個人的に一番インパクトがあったカメラ」と評価した、ニコンのAPS-Cミラーレス「Z 50」。久々に“同じカメラの2台買い”をしてしまったほどのお気に入りぶりだそうです。日々2台のZ 50を肩から提げて使い込んでいる落合カメラマンに、改めてZ 50のデキを濃厚にレビューしてもらいました。

  • 落合カメラマンが自腹で購入した2台の「Z 50」。実売価格は、ボディ単体モデルが税込み11万8000円前後、標準ズームレンズが付属する16-50 VR レンズキットが税込み12万6000円前後、望遠ズームレンズも付属するダブルズームキットが税込み15万8000円前後(いずれもポイント10%)。3月31日までキャッシュバックキャンペーンを実施しており、ダブルズームキットは2万円がキャッシュバックされる

フルサイズ機と比べても“格下感”のないZ 50

コチラのファーストインプレッション記事「格下感のない仕上がりにゾッコン」でもチラリと触れているとおり、誠にお恥ずかしながら(?)ニコン「Z 50」を2台買いしちまったオチアイでございます。

いや、ホントにもう赤面ものですわ。だって、「一眼レフ、ミラーレスの別を問わず、レンズ交換式のフルサイズモデルをラインアップしているメーカーが同一カテゴリーでAPS-Cモデルもそろえているのって、もうそろそろいいんじゃない?」みたいな乱暴なことをチラチラ口にしていた最近の私なので。

でも、Z 50には「これならフルサイズの下にいるAPS-Cもアリだなぁ」としっかり思わされてしまった。“上”に立つフルサイズモデルとの比較で明らかにちっちゃくて軽いことに加え、「写り(仕上がり画質)に“上”との差があまりない」「柔らかでありながらキレの良さも兼ね備える撮影感触が気持ち良い」「動体を撮るのに十分なAFの実力を有している」などの要件がナニゲに備わっていたからだ。「Z 6」や「Z 7」が存在することを前提としつつ、立ち位置がちゃんと独立し、しかも満足できるレベルでしっかり成立しているのである。

ボディが小さくてもファインダーは小さくない

また、Z 50と同じく「小型軽量」をウリにしているAPS-C一眼レフ(エントリー系モデル)との比較では、ファインダーに関しこちらの方が数倍、良い印象をもたらすという新たな発見もあった。一眼レフが持つ優位性のひとつとして「光学ファインダーの魅力」を挙げることが少なくない今の時代なのだけど、ニコンでいうなら「D3000」シリーズのトンネルの向こうを覗き見るような、あまりにも小さい見え方をするファインダーで「これぞ光学ファインダーでござい!」と胸を張るのは、どう考えても逆効果。それならば、Z 50のEVFをオススメした方がアナタもワタシもミンナ幸せネ、なんてことを思った次第であります。

Z 50のファインダーは、ボディ自体が小さくてもドンとでっかく見えるように作られている。視野率も100%だ。表示クオリティそのものは、さすがにZ 6、Z 7には及ばずも、このクラスのカメラとしては十二分に及第点。中級機、あるいはそれ未満のポジションに立つレンズ交換式カメラで、「小型軽量」であることと「ファインダーのクオリティ」を高次元で両立しようとした場合、現在は一眼レフよりもミラーレス機の方が圧倒的に有利であり、しかもそれはAPS-Cサイズのセンサーを採用しているモデルでこそ明確な差を生むことになる……そのことを実際に使ってみて思い知らされてしまったのだ(フルサイズ同士の比較だと、また事情が違ってくることもあるだろうけれど)。

要するに、「小さくて軽くて想像以上によく写ってお値段ソコソコ」。D5600の実売価格からするともう少し安い方が嬉しいような気もするけれど、中身(できること)が実質D7500並みかそれ以上であることを考えると、妥当な値付けであると捉えることにもさほど苦労は伴わないだろう。つまり、存在に伴う各種バランスがヒジョーにヨイのだ。そして、それは「デキすぎなキットレンズ」が両脇を固めているからこその“実感”でもある。

  • NIKKOR Z DX 50-250mm F4.5-6.3 VRは、ムチャクチャ良く写ることに加えビックリするほど寄れるレンズでもある。最短撮影距離は、50mm時に50cm、テレ端250mm時に1m。接写っぽい撮り方が余裕でできるだけではなく、そのときのボケ再現などにも破綻を見せない実に優秀なヤツなのだ(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、375mm相当、ISO1600、1/400秒、F6.3、-1露出補正)

  • 動体に対するAFの追従性は十分、及第点。多少、暗かろうが被写体が接近から遠ざかりに転じようが、けっこうイイ感じで食いついてくれる。ただし、AF-Cで連写中に画角変更を加えたときピントの食いつきは、まだちょっとぎこちない(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、130mm相当、ISO100、1/640秒、F7.1)

  • 動体へのAF追従に関し、現状は親玉Z 6、Z 7と同様にオートエリアAFではなく測距点1点固定+ダイナミックAFでの対応がベターであるとの手応えだ。また、少なくともキットレンズで撮影している限り、周辺よりも中央の測距点の方が悪条件には強いように感じられる(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、375mm相当、ISO800、1/2000秒、F6.3、+1.7露出補正)

  • ちっちゃいカメラとスカッと軽い望遠ズームの組み合わせでここまで質感豊かな写真が撮れちゃうんだからいうことはない。ISOオートで導かれた撮像感度はISO5600。Z 50は高感度もイケてる(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、156mm相当、ISO5600、1/160秒、F5.0、-0.7露出補正)

何よりキットレンズのデキにゾッコン

Z 50がキットを組むレンズは「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」。ダブルズームキットだと、そこに「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」が加わることになるのだけど、これらプラスチックマウントでスカッと軽い、見た目はどちらかといえばチープなキットレンズたちが思いのほかよく写ることには誰もが驚くはずだ。しかも沈胴構造なので、携帯時には、これまた思いのほか小さくなってくれるというオマケ付きである。

私は、2台のZ 50にそれぞれのレンズを装着した状態でカメラバッグに入れ持ち歩いているのだけど、たすき掛けでカラダの前に提げていても邪魔にならないサイズ&厚みの小ぶりなバッグに、下は35mm判換算24mm相当から上は超望遠領域の同375m相当までがフワッと入っているなんて、フィルム時代から一眼レフであくせく写真を撮り続けてきた身には感動物語以外のナニモノでもありませんぜ。10年前、いや、ヘタをすると5年前ぐらいまでは、私の機材環境にて同じ焦点距離域をカバーしようとすると、カメラバッグは肩にズシリとくる10kgコースだったからねぇ……。

もっとも、あの頃はフルサイズ一眼レフ2台にレンズはいわゆる「大三元」中心の展開。重くデカくなる要素テンコ盛りではあった。でも、じゃあそのときと今とでどちらが高画質な写真が撮れているかといわれれば、小声で「Z 50で撮っている今の方がキレイな写真が撮れているかも……」ということになる。

写真は、機材じゃなくて人間が撮るものだから、「デジイチ+大三元の頃と較べて“良い写真”が撮れているかどうか」については、撮る人間自身が何かしらアップデートしていない限りは変わらないともいえる。いや、ヘタすりゃ加齢とともにマイナス方向へシフトしているかもしれない。ただ、機材の重さに息切れしながら写真を撮っていたあのころより、フットワークも気分も軽く写真が撮れている今の方がずーっと楽しいのは事実……。おっと、この辺については深く追及しない方がいいかな? 墓穴掘削御免!!

  • ズームリングの操作感が思いのほか上質なのもNIKKOR Z DX 50-250mm F4.5-6.3 VRの特徴のひとつ。おかげで、ファインダーをのぞきながらの画角調整が非常にやりやすい。このレンズ、撮影中の感触と描写力には、確実に価格以上の価値が備わっている(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、247mm相当、ISO1600、1/250秒、F5.6)

  • 錆びた金属や硬化したゴムの手触りまでもが感じられそうなリアルな質感再現=画作りに対する満足感はすこぶる高い。そして、視野率100%のEVFはこのような緻密な構図も難なくこなす。ファインダーに関しては、中級機以下の一眼レフにはマネのできない優位性をあたりまえのように有しているということだ(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、240mm相当、ISO800、1/250秒、F5.6、-0.3露出補正)

  • NIKKOR Z DX 16-50mm F3.5-6.3 VRの写りの良さも仰天モノ。外装の見た目や手にした感じはジツに安っぽい(ついでにいうなら繰り出した姿はカッコ悪い)のに、開放F値からバリバリに安定した画を結んでくれるのだ。この作例はF7.1まで絞って撮影しているけれど、実際には絞り込む必要をさほど感じない実力の持ち主(NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR使用、24mm相当、ISO100、1/200秒、F7.1)

  • ISO11400で撮影。高感度ノイズが目立ちやすい中間調主体の絵柄でこの印象の仕上がりを導くとはなかなかのものである。でも、Z 6やD780の同じ感度と比較すると……。フルサイズの強みは、それはそれとして健在なんだよね(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、375mm相当、ISO11400、1/1000秒、F6.3、-1露出補正)

  • EVFには、撮影する前にどんな仕上がりになるのか、そのイメージがほぼ正確につかめるという利点がある。どんな写真にしたいのか明確な思いがある場合は、光学ファインダーよりもEVFの方が話は手っ取り早いということもできるわけだ。昔からビデオカメラもいじっていた私は、デジカメ以前からEVFを容認。今のクオリティなら全然OKっす。太陽を入れ込んでも眩しくないしね(NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、375mm相当、ISO100、1/3200秒、F7.1、-1.3露出補正)

ちなみに、私は「Z 50の2台買い騒動」に乗じてスピードライトSB-500も新調してしまっているのだけど、それを含めレンズ付きZ 50ボディ2台と充電器1台、予備バッテリーひとつ&フィルター3枚を入れた状態におけるバッグの総重量は、なんとたったの2.5kg!! 目の衰えが進むよりも早くカメラのAFが機能アップを果たしてくれて、体力の衰えをカバーするかのように機材の軽量化ができるようになっているなんて、つくづく幸せな写真生活を送ってこられていると思うんだなぁ。写真を本格的に始めた高校時代、この歳になるまで写真を撮り続けている(撮り続けられている)なんてこと、想像もしていなかったから……なぁんて、義理人情浪花節まで唸りたくさせるZ 50。ちっちゃいくせにシブすぎるぜ!

  • 小さいZ 50のあなどれない実力を高く評価する落合カメラマン。だが、至れり尽くせりの最新カメラに慣れたカラダにはシビれる欠点も潜んでいたようです……

著者プロフィール
落合憲弘(おちあいのりひろ)

落合憲弘

「○○のテーマで原稿の依頼が来たんだよねぇ~」「今度○○社にインタビューにいくからさ……」「やっぱり自分で所有して使ってみないとダメっしょ!」などなどなど、新たなカメラやレンズを購入するための自分に対するイイワケを並べ続けて幾星霜。ふと、自分に騙されやすくなっている自分に気づくが、それも一興とばかりに今日も騙されたフリを続ける牡牛座のB型。2020年カメラグランプリ外部選考委員。