カシオ計算機は1月22日、「Speed and Intelligence」をコンセプトに掲げる高機能メタルウオッチ「EDIFICE」(エディフィス)の新モデルとして、Bluetoothによるスマートフォンとの連携機能を備えた「ECB-10」シリーズを発表した。カラーリングやバンド素材が異なる5モデルをラインナップし、発売は3月6日、税別価格は25,300円からとなる。

  • EDIFICE ECB-10

    EDIFICEのECB-10シリーズEDIFICE ECB-10

型番:カラー:バンド素材:税別価格

ECB-10YPB-1A:オールブラック:樹脂:29,700円 ECB-10YDB-1A:ブラックベゼル:ステンレス:29,700円 ECB-10YP-1A:シルバーベゼル:樹脂:25,300円 ECB-10YD-2A:シルバーベゼル:ステンレス:26,400円 ECB-10YDC-1A:オールブラック:ステンレス:37,400円

  • EDIFICE ECB-10

    ECB-10YPB-1A

  • EDIFICE ECB-10

    ECB-10YDB-1A

  • EDIFICE ECB-10

    ECB-10YP-1A

  • EDIFICE ECB-10

    ECB-10YD-2A

  • EDIFICE ECB-10

    ECB-10YDC-1A

EDIFICEはモータースポーツをモチーフとしているが、今回のECB-10はレーシングチームにヒアリングして開発。タイトなスケジュールで動くレーシングチームの時間管理をサポートする「スケジュールタイマー」や、世界を転戦するときに役立つ「自動タイムゾーン補正」といった機能を持たせた。

スケジュールタイマーは、iOSのカレンダーアプリ、AndroidのGoogleカレンダーと連携。予定の開始・終了の時刻をEDIFICEのフェイス(液晶部分)で表示し、さらに音で知らせてくれる。スマホ側のカレンダーで予定を入力、修正すると、そのままEDIFICE側にも反映されるので便利だ。

デザイン面での見どころは、ケースに使われている8角形のベゼルや4点のビス。これらは、レーシングカーをメンテナンスするときの工具をイメージしたものだ。メカニカルで力強い印象に仕上げたとしている。また、文字板に描いた横向きのラインによって、高速に走るレーシングカーの躍動感を表現したという。

  • ECB-10の主な仕様

  • EDIFICE ECB-10