ワタシの親父は、大手通信機器メーカーでカーナビやカーステレオの開発に携わっていた。クルマに積んだときの状態を実際にチェックする必要があり、いろいろなクルマに乗る機会が多かったわけだ。人よりもちょっとクルマのことを知っていた親父の口癖が、「国産車のシートはフワフワしていて疲れる。だが、外国車のシートは硬めながら長く乗っていても疲れない。俺は腰痛持ちだけど、ベンツなどのドイツ車ならヘッチャラなんだ」。

何度となくそういう話を聞いてきたこともあり、普通免許も取れない学生時代から「ガイシャはひと味違う存在」的な意識を持っていた。「いつかはクラウン、じゃなくていつかはメルツェデスのミディアムクラスのワゴンだよな~」とクルマ好きのオオキタと教室で談義したのも懐かしい。一部、徳大寺先生風味が入ってますな。

そのような青春の日々からはや30年、不惑をとうに通り過ぎたワタシが1日に一番長く腰掛けているのは、事務機メーカーの薄っぺらいオフィスチェアと相成った。もちろん、アーロンチェアなどの高級品ではなく、ごくフツーのオフィスチェア。親父から見事に受け継いだ腰痛持ちのアラフィフ男にとって好ましい環境ではない。

その薄いチェアで仕事を進めつつ、メルツェデスのシートはどんな極楽なんだろう…とボンヤリしていたら、目の前にあのスリーポインテッド・スターが! びっくりして目を凝らすと、eスポーツ担当のヤスカワ記者が最新のゲーミングチェアが入った箱を運んでいたところだった。「うおおメルツェデス!」「最善か無か!」と妙なことを叫びながら、気づいたときにはデカい箱を奪い取っていた。

  • 今回奪い取ったゲーミングチェア「EPIC Mercedes-AMG Petronas Motorsport Edition」(右)。ふだん使っているオフィスチェア(左)がペラペラに見えてしまうほどの存在感だ

メルセデスが監修した本物のコラボ商品だ

奪い取ったのは、ドイツのゲーミングチェアブランド「noblechairs」の高級チェア「EPIC Mercedes-AMG Petronas Motorsport Edition」(日本ではアーキサイトが販売)。メルセデスのF1チーム「Mercedes-AMG Petronas Motorsport F1」が擁するeスポーツチーム「Mercedes-AMG Petronas Esports Team」とコラボした製品で、noblechairsブランドのゲーミングチェア「EPIC」シリーズをベースに、F1マシン「F1 W09 EQ Power+」からインスピレーションを得てデザインしたものだ。製品化の提案はメルセデス側から寄せられたそうで、デザインもメルセデス側が監修したとのこと。公式ライセンスも取得したメルセデスお墨付きの製品で、まさにホンモノである。

  • EPIC Mercedes-AMG Petronas Motorsport Editionの梱包箱。左に載せているのは10.2インチ液晶を搭載した最新のiPadで、これと比べると箱の大きさがつかめるだろう

量販店での実売価格は税込み7万円前後(+ポイント10%)とチトお高め。ベースとなったEPICは税込み5万6000円前後(+ポイント10%)なので、独自デザインのプレミアムで1万4000円ほど上乗せされていると考えてよい。むろん、憧れのAMG(アーマーゲー)のロゴが付いているだけで、その価格差もナットクできるかも。ベンツだったら軽く1000万は超えちゃうからね。

このチェアは、パーツがバラバラの状態で梱包されているので、付属の工具を使って自分で組み立てる必要がある。そこそこ重量のあるパーツを持ち上げたりする必要はあるが、説明書は分かりやすく記載されており、男性なら1時間もあれば一人で組み立てられる。ただ、パーツの取り出しや組み立てにある程度のスペースを必要とするので、足の踏み場もない部屋だとちと難儀するかも。

  • 箱を開けると、重厚感のある背もたれがドーンと現れる。ヘッドレスト一体型の背もたれは箱の長辺いっぱいに収められており、背もたれの高さが見て取れる

  • 憧れのスリーポインテッド・スターと、メルセデスのF1チーム「Mercedes-AMG Petronas Motorsport F1」のロゴがデカデカと刻まれている

  • すべてのパーツを取り出したところ。組み立ての作業もある程度の場所を必要とするので、組み立て前にスペースはきっちり確保しておこう

  • 3カ国語で記載された説明書

  • 組み立ての手順が図入りで記載されており、分かりやすい

しっかりした座り心地と高級感を両立

1時間ほどで無事に完成したゲーミングチェア。左右が立体的に張り出したグラマラスな形状は、フォーミュラカーのバケットシートそのもの。異なる仕上げの素材を組み合わせた外装はPUレザー(ポリウレタン樹脂性レザー、合成皮革)が用いられており、見た目や手触りは本革並みで高級感もバッチリ。存在感はありすぎるほどだが、ゲーミング用のアクセサリーとしては意外にもデザインや色が派手ではないので、オフィスに置いても違和感はないはず。

  • いざ完成。立体感のある構造は、まさにバケットシートそのものだ。PUレザーの質感の高さも見どころ

  • 背骨が当たる部分には、まるで背骨のようにスリーポインテッド・スターが並ぶ

  • 控えめに入っているブルーのアクセントカラーがオシャレ

いざ、スリーポインテッド・スターのロゴが刻まれたシートに腰をかけてみると、硬めの座り心地にまず驚かされた。表面に張られたPUレザーが厚みのある素材であることも関係していると思われるが、とにかく“しっかり感”が伝わる。会社が用意するオフィスチェアは、どれも例外なくフワフワとした座り心地のものばかりなので、かつてのドイツ車と日本車の違いのよう。30ウン年前に夢見たメルツェデスのシートそのものであった。

  • これまでのオフィスチェア。座り心地はフワフワとしていて、どこか落ち着かない

  • こちらがゲーミングチェア。ドッシリと包まれるような座り心地だ。背もたれが大きく奥行きを要するので、通路の狭いオフィスでは背後の人とぶつからないか注意したい

これほど硬いと逆に疲れないだろうか…と不安に感じたが、10日間ほどガッツリ座って仕事をしたところ、その心配は杞憂だった。これまでのオフィスチェアは、しばらく座っていると足を組んだり伸ばしたりあぐらをかいたりと、体の姿勢を落ち着かなくコロコロ変えるのが常だった。だが、ゲーミングチェアにしてからはそのようなことが少なくなり、ドッシリと体を委ねて仕事に集中できるようになったと感じる。

密かに日本人向けのカスタマイズが施されていることも評価したい。身長170cmあまりの昭和生まれの筆者、足は人よりもだいぶ短いほうだと自負しているが、座面を一番下まで調整しなくても両足が余裕で床に付いた。これは、欧米モデルよりも短めのガスシリンダーを採用し、日本人でも違和感なく座れるようにしたからだという。

  • ガスシリンダー(左端)は、日本向けの短いタイプが付属する。ちなみに、キャスター(右)のアクセントカラーもF1マシンのホイールと合わせている

個人的にイイと思ったのが、腰の部分に取り付られるランバーサポートの存在。ちょうどよい具合に腰の部分にフィットしてくれ、背もたれにもたれかからずに仕事をしている間もうまい具合に腰を支えてくれる。チェア全体のデキのよさもあってか、長時間仕事をしていても持病の腰痛でしんどくなることはなくなった。

  • 付属のネックピローとランバーサポートを取り付けたところ

  • 効果を感じたランバーサポート

  • ネックピローは好みが分かれるかも

一方で、ヘッドレストに取り付けるネックピローがあるといまひとつ落ち着かなかったので、こちらは外してしまった。いずれにしろ、好みに応じて付けたり外したり位置を調整したりと、人それぞれの好みに応じて柔軟に使えるのは好ましい。

アームレストは高さや角度などが柔軟に調整できるが、キーボードやマウスに手を延ばしている仕事中は基本的にアームレストに腕が当たることはないので、ありがたみを感じることは少ない。逆に、アームレストがじゃまをしてチェアをデスクに収納できないのが気になるので、底面の六角ネジを外して取り外そうかと考えている。

導入にあたっては上司や同僚への根回しが肝心!?

ニトリなどの家具店に行けば、1万円以下で買えるオフィスチェア(デスクチェア)はゴロゴロしており、5,000円以下で購入できるものも少なくない。ケタ違いの7万円を用意してまでゲーミングチェアを購入すべきかどうかは悩ましいところだが、トシを重ねたオジサンならば奮発してでも買う価値はあると感じた。

多くの社会人にとって、オフィスは1日でもっとも多くの時間を過ごす場所。しかし、運動不足の40代男性ともなると、座り心地の悪いオフィスチェアに一日中座り続ければ体や腰がしんどくなり、会社帰りや休日にマッサージや整体に行くハメになってしまう。それに費やすおカネや時間が減らせることを考えれば、ドイツ車の香り漂うゲーミングチェアに投資するのも悪くない。2年間、1日100円を節約すればペイできるので、スタバのコーヒーをコンビニコーヒーに置き換えるなどして捻出すべし。

オフィスへの自腹導入にあたって最大の障壁といえるのが、「あいつ一人だけいいチェアを使いやがって……」という上司や周囲の目となりそう。「これがあれば仕事もチャキチャキ進みますし、腰痛で早退することもなくなりますからっ!」と宣言するなどして、しっかり根回ししておくことが肝心かも。

オフィスでも、キーボードやマウス、ディスプレイなどを自腹で買ったいいモノにする人は少なくないが、これからはチェアも自腹でいいモノにする……という考えがトレンドになるかもしれない。

  • 上司にニラまれないように、しっかり根回ししておきましょう……