11月2日、アップルのオリジナルムービー作品が楽しめる定額制動画配信「Apple TV+」がスタートしました。今回は、iPhoneにiPad、Mac、Apple TV 4Kなど、さまざまなデバイスによる視聴体験をリポートしたいと思います。映像と音声のクオリティは高くて満足できましたが、課題も残されていると感じました。

  • アップルがオリジナルムービーを制作し、iOSデバイスやMacなどさまざまな端末で楽しめる定額制動画配信「Apple TV+」がスタートしました

月額600円だが、1年間無料で楽しめるかも

Apple TVは、北米で2016年に先行して展開されてきた映画やテレビ番組の動画配信プラットフォーム。日本でも、今年の5月中旬ごろにApple TVのアプリ配信が始まり、11月2日からはアップル独自の定額制動画配信である「Apple TV+」も加わりました。

Apple TV+は、7日間の無料トライアル期間が設けられていて、以後は税込み600円/月のサブスクリプション料金で“見放題”になります。1件のサブスクリプション登録で、本人を含む家族6人までがファミリー共有を通じて楽しめます。

  • 月額利用料金は税込み600円。新しくiPhoneやMac、Apple TV端末などを購入したユーザーは、無料で1年間楽しめるサービスを用意しています

注目したいのが、2019年9月10日以降にAppleやAppleの正規取扱店で購入したiPhone/iPad/iPod touch/Mac/Apple TVが手元にあれば、Apple TV+の月額利用料金が1年間無料になること。この秋にiPhone 11シリーズを該当のショップで買ったユーザーであれば、デバイスの初期設定を済ませてから3カ月以内にApple TVアプリから利用開始手続きを行うと、1年間も無料で見られます。毎年新しいiPhoneに買い替えた場合はどうなるのかなど、無料で楽しめる1年目が終了した以降の指針についてはまだ案内されていません。

Apple TVのアプリで手軽に楽しめる

Apple TV+の動画コンテンツは、Apple TVアプリで視聴するスタイルがもっとも手軽で便利です。iOS、iPadOS、macOS、tvOSの各プラットフォームには、それぞれ専用の視聴用アプリが設けられています。

  • 16インチのRetinaディスプレイを搭載する新しいMacBook Proも、Apple TVの視聴に最適。計6基のパワフルなスピーカーが、迫力のドルビーアトモスサウンドを再生します

  • Apple TV 4Kと4Kテレビ、サウンドバーによる組み合わせも絶好のコンテンツ再生環境です

  • 筆者宅の4KテレビとApple TV 4Kで再生。HDR対応のテレビは引き締まった映像の明暗と自然な色彩が楽しめます

これ以外にも、筆者はまだ試していませんが、AirPlay 2に対応するLGエレクトロニクスのスマートテレビはApple TV端末を介すことなく、iPhoneやiPadからAirPlay機能を使ってストリーミング再生ができます。ソニーが2019年に発売するAndroid TVを載せたスマートテレビも、年内予定のソフトウェアアップデートによりAirPlay 2に対応することを予告していますが、本稿の執筆時点ではまだ実現していません。海外では、サムスン電子がApple TVアプリをプリインストールしているスマートテレビを発売していますが、日本上陸の可能性は低いと思われます。

Windowsの場合は、Webブラウザーから「tv.apple.com/jp」にアクセスして見ることができました。Androidスマホでも、同じようにWebブラウザーを利用してApple TV+のコンテンツが見られるとされていましたが、筆者の手元にある端末でChromeを使って試してみたところ、コンテンツのページまでは到達するのですが、再生ができませんでした。Apple Musicと同様に、Apple TVもAndroid版アプリが欲しいところです。

  • AndroidスマホのブラウザからApple TV+のコンテンツを再生。作品のページにまでは到達できるものの、映像再生がうまくできませんでした

  • Windows PCは、ブラウザーからのコンテンツ再生に対応。マシンスペックは高いものを選んだほうがスムーズな動画再生を楽しめるでしょう

画質・音質は満足のハイクオリティ

Apple TV+で公開されているタイトルは、ジェニファー・アニストン主演の「ザ・モーニングショー」やアニメ「スヌーピー 宇宙への道」、「サーヴァント ターナー家の子守」、新作ドラマの「ハラ」「真相 - Truth Be Told」など。「ザ・モーニングショー」や「SEE 暗闇の世界」などシリーズもののドラマは、毎週金曜日に新着エピソードが追加されます。

筆者の好みにフィットした「ザ・モーニングショー」を見始めていますが、まず映像とサウンドのクオリティがとても高いことに驚きました。それもそのはずで、映像は4K画質で、HDRの方式はHDR10とDolby Visionをサポートしています。音声も、Dolby Atmos対応の機器で再生すればさらに迫力がアップします。

画質と音質の両方でApple TV+のベストを引き出したい場合は、4K/HDR対応のテレビとドルビーアトモスが再生できるアンプやサウンドバーを用意するなど、環境を整えて視聴するのがベストでしょう。

モバイル視聴の場合は家庭より劣ると思いきや、実はそうではありません。iPhone 11 Pro/11 Pro MaxはHDRディスプレイを搭載しているうえ、内蔵スピーカーによるドルビーアトモス再生も可能なので、iPhone本体だけでコンテンツの底力を発揮できる環境であるといえます。

  • HDRやドルビーアトモスコンテンツの再生に対応するiPhone 11 Proは、Apple TV+のコンテンツと相性の良いスマートフォンといえます

  • 作品ごとにHDR対応、ドルビーアトモス音声による収録など、クオリティを見分けるためのアイコンが表示されます

iPhoneでオフライン再生機能を利用してみた

iPhoneやiPod touchなどのモバイル端末で視聴する場合は、ストリーミング時の画質を設定アプリ内の「TV」のメニューに入り、「iTunesビデオ」から選択できます。セルラーデータ通信によるストリーミング再生を許可するかどうかも、ここで決められます。

  • TVアプリの設定画面からストリーミング時の画質設定が行えます

Apple TV+で公開されている各作品は、iPhoneにiPad、Macなどの端末にダウンロードすればオフラインで再生できます。便利で実用的ですが、ダウンロードの画質を選ぶ機能が実装されていないのは気になりました。「ザ・モーニングショー」の第1話(約1時間4分)のエピソードをiPhone 11 Proにダウンロードしてみたところ、ファイルサイズが約4.4GBにもなりました。飛行機で長時間旅をする際など、ファイルサイズを小さめにしてなるべく多くのエピソードをiPhoneに入れて持ち出したい場合もあります。今後、ダウンロード時の画質選択はぜひ対応してほしいところです。

  • Apple TV+のコンテンツはオフライン再生にも対応。ダウンロードされたコンテンツを視聴したあとに、リストから次のコンテンツが並ぶリストへ素速く移動ができれば、続きがより気になるはず

  • ダウンロードしたコンテンツは容量が大きめな点に注意

  • 作品に登場する俳優やスタッフの名前から関連作品が調べられます

また、ある作品の1つのエピソードを見終わったあとに、ダウンロード済みコンテンツライブラリから続きのエピソードへとスムーズに移動してダウンロードするための動線も必要だと思いました。

字幕や音声吹き替えのサービスも充実しています。耳の不自由な人のために、セリフ以外の関連情報も文字化して表示する「SDH」や、目に障がいを持つ人のためのナレーション付きバリアフリー音声ガイド「AD」も用意されています。ただ、iPhoneで「ザ・モーニングショー」を視聴した場合にだけ、日本語字幕にSDH版しか用意されていなかったことに気がつきました。「自動(推奨)」を選択してもSDH版のサブタイトルが表示されます。この点は、macOSやiPadOS、tvOSのプラットフォームで楽しむ場合と同様に通常版の日本語字幕が選べるようにしても良いのではないでしょうか。

  • mac OS版のApple TVアプリケーションでザ・モーニングショーを再生。多彩な言語による字幕が用意されています

  • iPhone 11 ProのTVアプリでザ・モーニングショーを再生。日本語字幕の種類がmac OS版アプリで見た場合と少し違っていました。仕様が統一されることを期待しましょう

カタログ作品のさらなる充実に期待

Apple TV+の動画配信サービスはまだ始まったばかりですが、音質・画質については他の動画配信サービスと比べてもトップクラスのクオリティだと思います。

あとは、ビッグタイトルを着実にカタログに加えて充実させることが次のステップアップに向けた課題だと思います。Apple TVのプラットフォームに名を連ねる有料レンタル・購入ベースの作品に比べて、Apple TV+のオリジナル作品がやや見劣りする感じはあります。これから骨太な大作が徐々に“見放題”のカタログにも加わっていくのでしょうか。楽しみです。

日本でサービスが普及するためには、日本人になじみ深い国内の大物監督や俳優が関わる作品をそろえ、ていねいにローカライゼーションを進めていくことも肝要かと思います。テレビ番組の見逃しアーカイブの提供などが有効ではないでしょうか。Apple TV+が日本発のアニメ作品を世界に発信する場所にもなってほしいとも思いました。

世界に広く普及するiPhoneやiPad、Macとの親和性がとても高い動画配信サービスが、アップルらしい成長を遂げていくことを期待しましょう。

山本敦さん

著者プロフィール
山本敦

ジャーナリスト兼ライター。オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。ハイレゾやAI・IoTに関わるスマートオーディオ、4KやVODまで幅広いカテゴリーに精通する。堪能な英語と仏語を生かし、国内から海外までイベントの取材、開発者へのインタビューを数多くこなす。