• BASELWORLD 2019のセイコーブース

セイコースポーツの頂点。セイコー プロスペックス「LX ライン」

「LX(ルクス)ライン」は、セイコー プロスペックスの最上位流通向け商品。セイコーウォッチサロン(GSにおけるマスターショップ)でしか購入できない。「ルクス」はラテン語で「光」。それはプロスペックスの象徴であり、ブランド全体を照らす存在。装着者に輝きをもたらすという意味も込めたという。

プロスペックスがグローバルローンチを果たしたのは2014年。現在は3分の2が海外、残り3分の1が国内という割合で販売されている。ブランドをさらに飛躍していくためには、価格は上がってもより高品質な製品を充実させていくことが重要と、セイコーは考えている。それが他社との差別化にもつながる、とも。

つまり、名だたる舶来品との競合ゾーンに入っていくことになるわけで、それには象徴的なデザインやムーブメントが必要だ。そこでセイコーは、KEN OKUYAMA DESIGNの奥山清行氏(※)にデザインの監修を求めた。ベースデザインは社内のデザイナーが担当し、これをもとに「何が大事なのか」という要素の抽出作業を奥山氏とともに行ってきたという。

※:急須からスーパーカーまで幅広く手がける工業デザイナー。「イタリア人以外で初めて、フェラーリのデザインを手がけた男」として有名。

2019年は限定モデルとレギュラーモデルで展開するが、ここではレギュラーモデルについて紹介する。ベースは「1968プロフェッショナルダイバーズ復刻モデル」。2018年のバーゼルで発表、高級時計のアカデミー賞と呼ばれる「ジュネーブウォッチグランプリ」(Grand Prix d'Horlogerie de Geneve)でスポーツ賞を受賞したモデルだ。セイコーダイバーズとして象徴的なモデルがいくつかある中で、オーセンティック(本物・真性)と個性的デザインの両面を備え、時計ファンからの評価も高い。

ムーブメントはスプリングドライブ。機械式に比べて温度変化への強さ、耐衝撃性が高いというメリットから、プロスペックスが活躍するタフなフィールドには最もふさわしいという。

ケースを囲む鏡面仕上げも特徴的で、ケースの重心を下げることで強調し、鏡面を広く見せている。これにより、装着時の安定性も向上。厚いケースでも腕での据わりが良い。このデザインをベースに、陸海空を包括するモデルが完成した。

まずは、シルバーのケース/ブレスレットを採用したモデル3種から紹介。陸(簡易方位計ベゼル)の「SBDB029」(53万円)海(ベゼルがカウントアップ)の「SBDB027」(63万円)空(ベゼルが24時間表示)の「SBDB031」(58万円)。すべて発売中。

  • SBDB029

    SBDB029

  • SBDB027

    SBDB027

  • SBDB031

    SBDB031

ムーブメントは、SBDB029、SBDB031が「スプリングドライブムーブメント GMT キャリバー5R66」、SBDB027が「スプリングドライブムーブメント キャリバー5R65」。

ケースとブレスレットの素材は、3種ともチタン(ダイヤシールド)。SBDB029、SBDB031はケースサイズが44.8mm×14.7mmで、風防はスーパークリア コーティングのサファイアガラス。SBDB027はケースサイズが44.8mm×15.7mmで、風防は内面無反射コーティングのカーブサファイアガラス。防水性能は、SBDB029が20気圧、SBDB027が300m潜水、SBDB03が10気圧。

そして、ブラックエディション3種。そのストイックなデザインは、禅や武士道の根底にも通じるミニマリズムの考え方に基づいている。従来のセイコーがオールブラックモデルを手がけると、目盛りの色や回転ベゼルのアラビア数字を(視認性優先で)ホワイトにする傾向があった。

しかし本作では、ケースのシルエットや鏡面の輝きを優先。時分針とインデックスにはルミブライトを乗せ、それ以外の情報はなるべくトーンを下げ、グレーで落ち着かせている。そのコンセプトには、奥山氏の考え方が色濃く反映されているという。

  • SBDB023

    SBDB023

  • SBDB021

    SBDB021

  • SBDB025

    SBDB025

陸の「SBDB023」(53万円)海の「SBDB021」(63万円)空の「SBDB025」(58万円)。こちらもすべて発売中。ムーブメントは、SBDB023、SBDB025が「スプリングドライブムーブメント GMT キャリバー5R66」、SBDB021が「スプリングドライブムーブメント キャリバー5R65」。

ケースの素材はチタン(スーパーブラックダイヤシールド)。ブレスレットは、SBDB023がカーフ、SBDB021が強化シリコン、SBDB025がクロコダイル。SBDB023、SBDB025はケースサイズが44.8mm×14.7mmで、風防はスーパークリア コーティングのサファイアガラス。SBDB021はケースサイズが44.8mm×15.7mmで、風防は内面無反射コーティングのカーブサファイアガラス。防水性能は、SBDB023が20気圧、SBDB021が300m潜水、SBDB25が10気圧。

1970 メカニカルダイバーズのデザインを復刻した限定モデル

最近のセイコーは、毎年復刻モデルをリリースして話題となっている。2019年のテーマは、あの1970ダイバー。海外ではオリジナルが「タートル」の愛称で親しまれており、デッドストックが出ようものなら50万円以上の値が付くこともある人気作だ。また、伝説の冒険家、植村直己氏の愛用品であったことから「植村ダイバー」、あるいは映画『地獄の黙示録』の主人公、マーティン・シーンが着用していたことから映画の原題にちなんで「アポカリプス」と呼ばれたりもする。

  • SBDX031

    SBDX031

今回の復刻では、その意匠をなるべくキレイに再現しつつ、スペックはしっかりアップしていくという方針がとられた。キャリバーも雫石製の「8L35」という、GS(グランドセイコー)の9Sキャリバーの次に高品位なキャリバーを搭載。防水性能や素材も現代のスペックにグレードアップしている。

  • SBDX031

    クラシカルな意匠を再現しつつ、素材やハートは現代のスペックにグレードアップ

回転ベゼルも、Oリングパッキンで固定していく構造に変更して性能を向上。ブラックIPをかけた表示板とローレットの間にタイトな鏡面を入れてれるなど、凝ったデザインとしている。裏ぶたについても、馬蹄型のスペック表記方法を再現。

型番は「SBDX031」。ムーブメントは自動巻きの「メカニカルムーブメント キャリバー 8L35」。ケース素材はダイヤシールドのSS(ステンレススチール)。ケース外径は45.0mm、厚さは13.0mm。ストラップは強化シリコン。風防は内面無反射コーティングのデュアルカーブサファイアガラスで200m空気潜水用防水。価格は45万円で、世界2500本限定。発売中。

ダイヤルに有田焼を採用したプレザージュ

プレザージュは有田焼ダイヤルのモデルを発表。近ごろ、有田焼は海外進出や異業種コラボなど、従来のデザイニングや形にとらわれないやり方に積極的に取り組んでいる。この新たなブランド価値を創出する姿勢の一環として、今回は時計のダイヤルにチャレンジ。製作には有田焼窯元 しん窯青花の陶工、橋口博之氏が協力している。

ただ、いうまでもなく、焼き物には割れやすいという弱点がある。しかも、時計のダイヤルには落下基準が日本工業規格で決められているので、これをクリアしなければならないのだ。そこでセイコーは、ダイヤル用に従来の4倍という硬度を持つ磁器の製作を依頼。最高1,300度という、エナメルよりも高温焼成することで規格をクリアした。

ダイヤルの色は、有田焼で古くから使われている灰釉色。やや青みがかった白で、多軸モデルのインダイヤルは美しいカーブを描いた皿状。アラビアインデックスはプリント。プレザージュとしては、今まで、七宝、うるし、ほうろうといった日本の匠の技をダイヤル要素として採用しており、これが4つめのコレクションとなる。

  • SARW049

    SARW049(右)

  • SARX061

    SARX061(左)

ムーブメントは自動巻き。多軸モデル「SARW049」が「メカニカルムーブメント キャリバー 6R27」、3針カレンダーモデル「SARX061」が新キャリバー「メカニカルムーブメント キャリバー 6R35」を搭載。多軸モデルのパワーリザーブ45時間に対して、70時間ものロングパワーリザーブとなっている。

ケース素材はSS、サイズはSARW049が外径40.6mmで厚さが14.1mm、SARX061は外径が40.5mmで、厚さは12.4mm。ともに風防は内面無反射コーティングのデュアルカーブサファイアガラス、ケースバックはサファイアガラスのシースルー・スクリューバック。防水性能は10気圧防水。ストラップはクロコダイル。価格は、SARW049が20万円、SARX06が18万円。発売中。

「セイコー アストロン」 5X シリーズから、クォーツ アストロン50周年記念モデルが続々

2019年末にブランド50周年を迎えるアストロン。この偉大なヘリテージと現行アストロンのつながりをいっそう強める2つのコレクションが「レボリューションライン」と「グローバルシリーズ」だ。双方ともにクォーツアストロンのデザインを受け継いでいる。

レボリューションラインは、クォーツアストロンのデザインを引き継ぎつつ、より「先進的であることへの期待感」を込めたという。

セイコー担当者いわく……
「たとえば、クォーツアストロンは発売当時、非常に未来的なデザインと評価されていました。事実、この時計には社会を変革するという考え方が込められていたのです。当時、日本は高度経済成長期のまっただ中で、機械式時計は1日に数秒から数十秒もずれてしまうのが普通でした。

これでは時間を細かく管理していく上で性能が追いつかないという状況で、ようやくクォーツの高精度時計が出てきたのです。精度は機械式のおよそ100倍。これでようやく組織を管理できる、これからはそういった時代になっていく、という期待感がありました」

ケースは複数の素材を使用したコンポジットケースを採用。1969年当時、時計のケースはプレス(型押し)でのみ作られており、今のように自由に切削して作れるようになったのは、1990年代にCADが普及した以降だ。そこで、今でしかできないやり方で当時の意匠を再現する、というコンセプトが生まれ、手法として導き出されたのがコンポジットケースだった。

一方、装飾面では1969年当時からあった匠の技、ザラツ研磨を使用。今だからこそできる技術と当時から現在へと継承されている技術を融合して、過去と現在とをつなぐデザインとしている。

今回、このレボリューションラインからはクォーツアストロン50周年記念モデルのピンクゴールドモデル「SBXC036」とチタンモデル「SBXC035」が限定でリリースされる。

  • SBXC036

    SBXC036

  • SBXC035

    SBXC035

SBXC036は、ジルコニアセラミックスとチタン(スーパーブラックダイヤシールド)、そして18Kピンクゴールドの3素材を組み合わせたケースを採用。50周年にちなんで、ジルコニアセラミックスのベゼルを50面にカットしている。ピンクゴールドは飾り口のリングと内胴、裏側の地球のロゴに使用。ダイヤルにも、人工水晶を象ったインデックス形状や、人工水晶の輝きをモチーフにしたクリスタルパターンを入れた文字板など特別要素が意欲的に盛り込まれている。

これらのデザインをオールチタン(プラチナダイヤシールド)で再現しているのが、SBXC035。こちらのベゼルはセラミックスとメタルの合金であるサーメット製で、やはり50面カットを施している。価格と限定数は、SBXC036が300万円で世界限定30本、SBXC035が60万円で世界限定200本。ともに発売中。

その他、レギュラーモデルが4モデル発売中だ。

  • SBXC033

    レボリューションラインのレギュラーモデル「SBXC033」。価格は45万円

グローバルシリーズでは、レギュラーモデル3種「SBXC109」「SBXC021」「SBXC024」と、限定モデル「SBXC023」が登場。特徴としては、クォーツアストロンのデザインをモダナイズしたケースデザインに加え、ベゼルがアストロンで初めて金属になったことが挙げられる(従来はセラミックス)。

理由は、セラミックスの誘電効率が高く、微弱なGPS電波の受信にブーストをかけることができたため。しかし、2018年発売の5Xという第3世代キャリバーは受信感度が非常に高く、セラミックスの誘電能力に頼らなくても大丈夫になった。これで、満を持して金属ベゼルが使えるようになったのだ。金属の利点は、ザラツ研磨をかけられること。セラミックスよりも薄く細く作ることができ、クォーツアストロンのオリジナルに近い意匠が再現できたという。

  • SBXC019

    SBXC019(中央)

ただし、限定モデルはベゼルがセラミックス製で、レボリューションラインの限定モデル同様に50面カットを施している。針やインデックスの形状は元祖クォーツアストロンに最も近い。価格は、レギュラーモデルが各21万円、限定モデルが27万円。すべて発売中。

  • SBXC023

    SBXC023