暗い場所で見るiPhoneの画面は明るすぎて……そう感じたことはありませんか? Safariやメール、カレンダーなど多くのアプリは白を基調にデザインされていますから、暗い場所ではディスプレイ輝度をどれだけ下げても目にキツいくらいの明るさに感じるものです。

そこで利用したいのが、iOS 13の新機能「ダークモード」。適用すればアプリのデザインが黒基調に一変、暗い場所でも見やすくなります。すべてのアプリに適用できるわけではなく、iOSに標準装備のアプリまたはダークモードをサポートしたアプリに限られますが、そのメリットは暗所で画面を見やすくなるだけに止まりません。

省エネ効果も期待できます。有機ELディスプレイ(OLED)を搭載するiPhone X/XS/XS Max/11 Pro/11 Proに限定されますが、OLEDは自発光デバイスのため黒い部分を発光する必要がなく、そのぶん消費電力が減るからです。

ダークモードは、『設定』→「画面表示と明るさ」の順にタップすると現れる「外観モード欄」で有効化できます。その下にある「自動」スイッチをONにして、「日の入から日の出まで」をチェックするか、カスタムスケジュールでライトモード/ダークモードを適用する時刻を指定すれば、毎日決まった時刻にダークモードへ切り替えることも可能です。

すばやく適用したい場合は、コントロールセンターに「ダークモード」ボタンを追加しましょう。『設定』→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順にタップし、「ダークモード」を追加すれば、コントロールセンターからライトモード/ダークモードを切り替えられるようになります。

操作手順をカンタン解説

  • iPad iPhone Hacks

    1 『設定』→「画面表示と明るさ」の順にタップします

  • iPad iPhone Hacks

    2 ライト/ダークのどちらかを選択するか、「自動」スイッチを有効化します

  • iPad iPhone Hacks

    3 日の入/日の出またはカスタムスケジュールを選択できます

  • iPad iPhone Hacks

    4 ダークモードを選択すると、iPhone X/XS/XS Max/11 Pro/11 Proでは省エネ効果も期待できます

    • iPad iPhone Hacks

      5 コントロールセンターに「ダークモード」ボタンを追加することもできます