ASUSが新型ゲーミングスマートフォン「ROG Phone 2」を初公開した。発売日と価格は未定。

現行のROG Phoneの後継機にあたり、ハードウェアとソフトウェアの両面で、ゲームプレイに特化した性能をより強化した。世界中のメディアを集め台湾で開催されたプレスカンファレンスでは、完成したばかりのROG Phone 2で実際のゲーム体験の進化を試すこともできた。

  • 写真右が新型ゲーミングスマホ「ROG Phone 2」。ちなみに写真左が比較用の初代「ROG Phone」で、横幅は維持しつつ縦長になった印象

  • 初代に続いて今回も周辺機器が豊富。写真はROG Phone 2にジョイパッドや2画面ドックを装備した「フルアーマー ROG Phone 2」(弊誌が勝手に命名)

  • ASUSが台湾でプレスカンファレンスを開催。その席上で同社のジョニー・シー(Jonney Shih)会長が、「昨年、(初代ROG Phoneという)リアルゲーミングスマホを発表したことで、世界的なゲームチェンジを遂げることができた。今日は、これを刷新する。これは "for Gamers by Gamers" スマートフォンだ」と宣言し、「ROG Phone 2」を発表した

■(参考) ROG Phone 2と初代ROG Phoneの仕様比較
ROG Phone 2 初代ROG Phone
画面 6.59インチ AMOLED 120Hz
2,340×1,080ピクセル
6.0インチ AMOLED 90Hz
2,160×1,080ピクセル
SoC Snapdragon 855 Plus Snapdragon 845(OC)
メインメモリ 12GB 8GB
ストレージ 512GB 512GB
アウトカメラ 48MP+13MP 12MP+8MP
インカメラ 24MP 8MP
バッテリー 6,000mAh 4,000mAh
サイズ/重量 170.99×77.6×9.48mm/240g 158.8×76.1×8.3mm/200g
  • 写真右が「ROG Phone 2」で、左が初代「ROG Phone」。よく見ると背面の指紋センサーが無くなっている

  • ROG Phone 2ではディスプレイ内指紋センサーになっていた

  • 新旧端末を重ねた見たところ。厚みや横幅はほとんど同じで、縦長になっているのがわかる

本体はチップ最新化と画面改良、カメラも強力に

ROG Phone 2の処理性能の基盤となるSoCには、Qualcommが発表したばかりの「Snapdragon 855 Plus」を搭載する。CPUにKryo 485、GPUにAdreno 640という構成のSnapdragon 855がベースだが、CPUを2.84GHzから2.96GHzへオーバークロックし、GPUのレンダリング速度も15%高速化したという、最新のフラグシップ・プラットフォームだ。あわせてメインメモリにはLPDDR4X DRAMを採用し、容量は最大で12GB。ストレージ容量は最大512GBを確保した。

  • SoCはSnapdragon 855 Plusで、ノーマルの855に比べCPUを強化しており、GPUのAdreno 640も675NHzの高クロックで動作する

  • 3DMarkとAndroBenchで、競合を超えるハイスコアを出したとアピール

  • チップを強化した以上に、冷却機構も作り直した。発熱により性能が低下するサーマルスロットリングの課題も、影響を最小限に抑えられている

  • 拡張冷却装備の「Aero Active」はROG Phone 2専用とされ、冷却性能がアップ。初代との互換性はないそうだが、コネクタ形状は同じに見えた

ディスプレイも大幅に変わった。サイズが6.59インチへと大型化。パネルはAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)で、解像度は2,340×1,080ピクセル。画面比率は19.5対9とやや縦長になった。また、リフレッシュレートがよりなめらかに表示できる120Hzへ、表示応答速度も1msへと高速化したことが特長。さらにタッチパネル操作の反応速度を左右するタッチサンプリングレートも240Hzの高速仕様だ。

  • ディスプレイのリフレッシュレートや応答速度は、ゲーム画面のなめらかな描写に影響が大きい

  • タッチサンプリングレートが高速だと、例えばFPSゲームでのエイム→ショットにも差が出てくる

  • 超音波センサーで応答するAirTriggerボタンも初代ROG Phoneから進化した「AirTrigger II」に。レスポンスが速くなり、操作パターンも増えた

本体サイズと重量は、縦170.99×横77.6×厚さ9.48mmで240グラム。初代ROG Phoneから40グラム程度の増加だが、大型化した分だけでなく、バッテリーの高容量化にも割り当てている。ROG Phone 2のバッテリー容量は6,000mAhで、従来比や、競合比で見てもバッテリー動作時間を大きく伸ばした。

  • 横幅を維持することで、グリップ感は初代と変えず、縦の長さ(ゲームプレイ時の画面幅)は最大限に大きくしたという本体サイズ

  • 6,000mAhの大容量バッテリーで、単純にゲームプレイ可能な時間が伸びる

  • さらにバッテリーのユニットは寿命が長い(充電を繰り返しても容量が落ちにくい)高キャパシティ型

  • 30W充電などが可能で、大容量だが充電速度の速さにも配慮した

ROG Phone 2はゲーム体験の進化を主眼に開発されたが、実はカメラ機能もかなり充実した。本体背面のアウトカメラはソニーのCMOSイメージセンサー(IMX586)を採用した48メガピクセルのメインカメラと、13メガピクセルのセカンドカメラによるデュアルカメラ。画面側には24メガピクセルのインカメラを備える。

  • ゲームのためだけのスマホと思いきや、カメラもかなり良い

  • センサーや振動装置の充実度もすさまじいものがある

  • Wi-Fiの電波を効率よく通すための非金属パーツの配置もゲームプレイを念頭にデザイン

専用パッド「Kunai」や2画面ドック、ゲーム機並みの周辺機器

ゲームコントローラーの存在は、専用ゲーム機がスマホに比べ有利になりやすい部分だろう。ROG Phone 2でASUSが用意する豊富な周辺機器ラインナップの中で、ゲームパッド「Kunai」(くない)には特に注目したい。Kunaiは、身も蓋もなく言ってしまえば、Nintendo SwitchのJoy-Conライクに使えるゲームパッドだ。Kunaiと各種アタッチメントを組み合わせることで、スマホ本体の左右に装着して携帯ゲーム機状にしたり、無線接続の独立したゲームパッド状にしたりできる。

  • ゲームパッド「Kunai」は様々なパターンに組み替えて使用できる

  • 装着できる周辺機器がとても多い。これは装着例のチャート

  • Kunaiを独立したゲームパッドとして利用するためのセット

  • こちらはKunaiを本体に装着するためのアダプタ

  • 実際にKunaiとKunai用アタッチメントをROG Phone 2に装着したところ

  • できる限りゴテゴテに装備してみた。重量やサイズはスマホの範疇を軽く超え、かなり「本気でゲームやってます」感が高まる

初代ROG Phoneから引き続き、ディスプレイを拡張して2画面化できるドックも、ROG Phone 2用の「TWINVIEW DOCK II」としてパワーアップした。スマホを装着することで、6.59インチFHD+のAMOLEDを上下2画面に拡張でき、5,000mAhの拡張バッテリーとしても機能する。2画面対応のゲームタイトルでなくとも、片方の画面でゲームを楽しみながら、もう片方の画面では攻略サイトをブラウジングしたりといった利用が可能だ。日本的には、片方の画面でパズドラでもやりながら、もう片方の画面ではFGOを周回するといった楽しみ方ができるかもしれない。

  • 「TWINVIEW DOCK II」を装着。上下の画面で違うゲームをプレイしたりもできる

変わった周辺機器では、専用のカバーケースも工夫があって面白かった。見た目は(「玩家ゲーマー」とか「ROGに参加」など、味のある日本語?がプリントされた)普通のスマホカバーなのだが、NFCを内蔵しており、これにより、ケースの装着をトリガーにスマホ側のデザインテーマを切り替えることができる。性能には関係ないが、気分が「アガる」ギミックだ。

  • 漢字と平仮名とカタカナがプリントされた専用のカバーケース。ただのケースではなく、NFCを内蔵しており、ケース装着をトリガーに画面テーマを切り替えられる

気になる販売価格や日本市場向け発売は?

ASUSによると、世界のゲーム市場における売上規模で見ると、2018年はスマホゲームが37%を占めるまでに大きくなっており、成長率で見ても2017年比で14.2%伸びている。2019年にはさらに成長が拡大するという調査もある。PCハードウェアを基礎とするASUSが、ゲーミングスマホの先鋒となって開発に邁進する背景がこれで、急速に拡大するこの分野は、伝統的なゲーム市場よりもチャンスをつかみやすいと見ているからだ。

中でも近年の市場拡大はAPAC(アジア太平洋)地域に勢いがあり、eスポーツのムーブメントがこの勢いの中心にあるとASUSは分析している。

ASUSはROG Phone 2を開発するにあたり、これらの市場環境とあわせて、初代ROG Phoneのユーザーがどのようなゲームを好み、どういったプレイスタイルを重視していたかも調べ上げ、製品企画に反映させたと説明している。

そうして出来上がったROG Phone 2は、本体だけでなく、周辺機器も含めかなり豪華で、尖ったスペックになったわけだが、そうなると心配になるのは「価格」だろう。現時点では未定だが、近日中に中国市場向けに発表があるという情報が流れているほか、タイミング的に9月のIFA(ドイツ・ベルリンで開かれるコンシューマエレクトロニクス展)での発表が期待されている。日本市場への投入はIFA後という可能性が高いと予想する。

  • ゲームタイトルへの最適化やコラボにも積極的に取り組む。日本でもメジャーなロックマンとのコラボも発表があった

  • ROG Phone 2の細かなスペック表。日本仕様がどうなるのかはわからないが、このままいけばゲーミングスマホの最高峰となるだろう

  • 初代ROG Phoneにもあった全部入りパッケージ。いわゆるスーツケースセット。ROG Phone 2でも用意するようだが、どうだろう……20万円コース?