PUBG MOBILEで撃ち負けて、悔しい思いを重ねている同胞へ捧ぐ

ASUSが2018年11月に発売した「ROG Phone (ZS600KL)」。この究極ゲーミングスマホを使えば、「PUBG MOBILE」でドン勝を取りまくれるのか? 「量産型ザコ」レベルの筆者がバトルロイヤルの戦場に身を投じ、緑の血をほとばしらせながら試してみました。

  • ROG PhoneでPUBG MOBILEをプレイする筆者

最初にお断りしたいのですが、勝手ながら本稿は、PUBG MOBILEを「ハマっている」と自覚するほどプレイしまくっている皆様を主な読者と想定しております。ですので、熱心なPUBG MOBILEプレイヤーでなければわからない専門用語やスラングが頻繁に出てきますが、それらの解説は割愛して本文を進めてまいりますこと、何卒ご了承ください。

ROG Phoneのスペックや機能をおさらい

  • ASUS「ROG Phone (ZS600KL)」

    ASUSの究極ゲーミングスマホ「ROG Phone」。執筆時の実勢価格は税込み127,000円前後

ということで、はじめにROG Phoneの特徴をざっとおさらいしましょう。まずは主要スペック。CPUはQualcommのSnapdragon 845ですが、通常2.80GHzの最高動作クロックを2.96GHzまでオーバークロックした特別仕様となっています。メモリは8GB、ストレージは512GBといずれも潤沢。極めつけは6インチの画面。解像度2,160×1,080ドットの有機ELを採用し、90Hzのリフレッシュレート、1msの応答速度と最強のモバイルゲーミング環境を提供してくれます。

その他、ゲームをより楽しくする独自ユーティリティやオプションパーツも充実し、スマホとしてのスペックや機能にもたいへん優れています。ですが、それらを一つずつ紹介するのは今回の本題ではないので、詳しくはジャイアン鈴木さんのレビュー記事その続編小山安博さんの発表会レポートをご参照ください。

AirTriggerで4本指操作にチャレンジ!

さて筆者、「PUBG MOBILEにハマっています」とはいったものの、プレイ時間のわりに腕前は大したことなく、まさに量産型ザコ。まれにドン勝も取れますが、戦闘をできるだけ避ける生存重視ムーブがほとんどで、K/D値は1台。ついでにスクワッドは固定の友だちがおらず野良中心。日々、上級ユーザー様の肥やしとなっております。

AirTriggerとは

そんな筆者が生まれ変わるべく、注目していたのがROG Phoneの独自機能「AirTrigger(エアトリガー)」です。AirTriggerとは、ROG Phone本体の側面に搭載された超音波センサーが、家庭用ゲーム機のコントローラーにおける「L1」ボタンや「R1」ボタンのような働きをするもの。この機能があれば、PUBG MOBILEや荒野行動、フォートナイトの猛者たちにとっては当たり前の「4本指操作」に簡単に移行できるはず、と筆者は思ったのです。本稿では以降、このAirTrigger機能にフォーカスして話を進めます。

  • ASUS「ROG Phone (ZS600KL)」、AirTrigger説明

    超音波センサーの位置は本体横向きの状態では上面左右2箇所に。画面上の親指と人差し指を併用した4本指操作に無理なく移行できそう

2本指操作と4本指操作の違い

なぜ、4本指操作が重要なのか。下の画面キャプチャは、PUBG MOBILEの操作設定画面を、初期設定から右の射撃ボタンだけを大きく中央寄りに変更した状態です。左右の親指による2本指操作だと、キャラ自身の移動、視点・照準の移動(AIM)、スコープを覗く(ADS)、射撃のうち、同時に行える動作は2つだけです。

  • PUBG MOBILE、2本指操作の設定例。2本指だから弱いとは限らず、2本指でも強い人は強い

対して、左右の親指と人差し指を使った4本指操作では、先ほどの4つの操作をすべて同時に実行することが可能です(ボタン配置のカスタマイズは必要)。とくに、ADSから射撃に至る瞬時の動作スピード、移動射撃ができる/できないは、弱肉強食のバトルロイヤルゲームにおいて大きな実力差となります。

AirTriggerは、側面の超音波センサーに触れたときに、「押した」動作となる位置や範囲、感度をユーザ-が設定します。PUBG MOBILEでいえば、操作設定画面で射撃ボタン(の一つ)とスコープボタンに、AirTriggerの動作を重ねれば、スマホの画面ではなく側面(横向き時は上面)を押す自然なスタイルで4本指操作が可能となるのです。

  • ASUS「ROG Phone (ZS600KL)」、AirTrigger設定、PUBG MOBILE_01
  • ASUS「ROG Phone (ZS600KL)」、AirTrigger設定、PUBG MOBILE_02
  • AirTriggerの設定をASUS独自ユーティリティ「GAME GENIE」から呼び出す
  • ASUS「ROG Phone (ZS600KL)」、AirTrigger設定、PUBG MOBILE_03

    PUBG MOBILE、4本指操作の設定。今回は、ADSボタンを右上、射撃ボタンを左上に配置し、そこにAirTriggerの動作を合わせました

  • ASUS「ROG Phone (ZS600KL)」、AirTrigger、PUBG MOBILE 4本指操作

    AirTriggerを設定したROG Phoneを手に持った様子

ADSからの射撃、速くなったか?

下の動画は、敵発見から、ADS、AIM、射撃開始、AIM再調整まで一連の流れを収めたもの。画面録画と手元の実録を同じシーンで行っています。本稿で掲載した動画を視聴する際は、ぜひとも字幕を有効にして、「1080p/60」の画質でご覧ください。もちろん、イヤホンかヘッドホンは必須。敵の足音が聞こえるよう、大音量でどうぞ。

[動画]エアトリガー手元編

ROG PhoneはiPhoneよりも強い?

実は筆者が普段、PUBG MOBILEに使っている端末はiPhone 7。3Dタッチを有効にして、ADSボタンを左上に置いたちょっと変則的な3本指スタイルでプレイしています。3Dタッチを有効にすると、右親指でiPhoneの画面を押し込むと射撃できるので、慣れれば3本指でも4本指と同等の操作が可能です。

  • 筆者の普段の操作スタイル。iPhone 7、3Dタッチ有効、ADSを左上に配置した3本指

3Dタッチの悩み

しかし、3Dタッチには大きな弱点があります。人によっては問題なく操作できるかもしれませんが、筆者は単発撃ちの武器がとにかく上手に扱えません。ざっと列記すると、こんなところに困っています。

  • ショットガン、とっさに撃てない
  • M16Aのバースト撃ち、連続できない、AIMずれる
  • DMRや拳銃のタップ撃ち、連続できない、AIMずれる
  • SR、AIMずれやすい

オート連射が可能なARかSMG以外は、満足に扱えていない……。とくに、降下直後の武器ガチャでは、ショットガンやM16Aを引く確率が高いので、ARかSMGを持つまでは不安でなりませんし、単発系の武器だけで接敵すると、相手がよほど弱くない限り高確率で死にます。「あぁ、俺もれいしーさんみたいにダブルバレル持って、近接一撃で勝ちたい」。……それは夢のまた夢という感じでした。

ということで、ROG PhoneのAirTriggerを頼りにして、苦手なショットガンやDMRタップ撃ちの修行プレイを続けてみました。ROG Phoneを手にしていきなり、反射的なショットガン発砲やDMRの鬼連射が完璧にできるわけではありませんが、着実に成功体験を積めている気がします。

[動画]魂のタップ連射編

[動画]ダブルバレルをぶっ放したい編

結局、ドン勝は取れたのか?

ぼちぼち本稿のまとめに入ります。ROG Phoneに触れてから、確かに撃ち勝てる機会が増えました。AirTriggerによって、ADSを覗く操作が簡単になり、集弾性と射撃の正確性が高まったことの表れといえそうです。腰だめ撃ちの際も、射撃ボタンを押すまでの反応速度が上がったように感じています。

さらに、そうした「撃ち勝てるか?」の部分よりも強調してお伝えしたいのは、筆者の心理・プレイに挑む気持ちが変わったこと。端的にいうと、「自信がついた」のですが、とくに大きかったのは次の2点です。

  • 激戦区降りが怖くなくなった
  • 車両に対して積極的に攻撃するようになった

ポチンキ、もう怖くない

ポチンキやミリベなどの激戦区に降下しても、生き残れるケースが増えました。これもAirTriggerによって、序盤にショットガンやM16A、拳銃しか拾えなかったとしても、「どうにかなる」とポジティブに思えるように変化したためでしょう(ただし、コンテナは未だ苦手)。

車両攻撃に関しては、これまで返り撃ちや報復轢死に遭うことが多かったのですが、AirTrigger → ADS機会増 → 集弾性向上の良スパイラルが心理的にも好影響を与えているようです。

[動画]車両射撃編

で、ドン勝を取りまくれるようになったか? という今回の命題に対しては、以下の動画が象徴的な答えになると思います。2週間ほど使い続けた時点での一戦を12分の動画にまとめたものです。

[動画]ドン勝できるか?

お見事なROG Phone、限界突破したいなら「買い」

ROG Phoneを持てば、AirTriggerを使えば、誰でもすぐに強くなるとは保証できません。まず、ある程度の期間やり込んで、端末自体に慣れることが大前提。そのうえで、パラシュート降下に始まり、すばやい物資調達、車両運転、手榴弾など投げものを扱う操作テクニックは必須。また、移動のタイミング、強ポジ(戦いに有利な場所)の確保、終盤における撃つ/撃たないの判断など、いわゆる「立ち回り」も勝負を大きく左右します。

そうした前提のもと、ROG Phoneの使用経験を重ねて、手になじませていけば、最強ゲーミングスマホにふさわしい戦果を得られるでしょう。すでに4本指操作ができていて、端末の性能に不満がないユーザーには恩恵が薄いかもしれませんが、2本指操作や3Dタッチに限界を感じているなら、ROG Phoneは確実に期待に応えてくれます。

大画面・高解像度の有機ELディスプレイは索敵に貢献しますし、OC版のSnapdragon 845をはじめとする高いスペックは将来出てくる高負荷ゲームにもしばらくの間、対応できるはず。ROG PhoneはPUBG MOBILEがますます楽しくなる、まさに「お見事!」なゲーミングスマホです。

  • 使い始めて2週間を経過したあたりから、結構ドン勝できるようになってきました

ROG Phoneを使い始める人に伝えておきたいTIPS

最後にオマケとして、ROG Phoneを使ってみて気づいた大事な点をお伝えします。

ファンは必ず装着

ROG Phoneには外付けの冷却ファン「AeroActive Cooler」が付属していますが、これはカッコよく見せるためのアクセサリーではありません。本体内部の冷却機構もスマホとしては類を見ないほど入念に設計されていますが、冷却ファンなしでSnapdragon 845を2.96GHzで動作させると、結構発熱します。指汗で操作をミスりたくないなら、必ず冷却ファンを装着しましょう。

  • ASUS「ROG Phone (ZS600KL)」、冷却ファン「AeroActive Cooler」

    飾りじゃないのよ「AeroActive Cooler」は。実際に使うと、その重要性がわかります

スケーリングをOFFに

ROG Phoneの画面解像度は2,160×1,080ドット。PUBG MOBILEをインストールして起動すると、標準で「アプリスケーリング」がONになっているため、これまでプレイしていた端末とアスペクト比(あるいは拡大率かも)が変わる場合があります。iPhone 7を使っていた筆者はこれに該当。画面スケーリング設定の存在に気づかないまま、違和感を覚えつつ2週間以上プレイしてしまいました(今回の動画は全てその状態)。スケーリングをOFFにしてから、戦績が向上したので、大きく影響していたと思います(言い訳ですが)。

  • 「設定」→「アプリスケーリング」でOFFに切り替えましょう。筆者の場合、これ必須

  • アプリスケーリングをOFFにすると、画面右端に余白ができて、ゲーム画面が慣れ親しんだアスペクト比に戻りました

以上、2018年のベストアプリは「PUBG MOBILE」、ベストスマホは「ROG Phone」と断言する筆者のレビューをお届けしました。Enemy is ahead!

(C)2018 PUBG Corporation. All Rights Reserved.