コーヒー好きが高じて喫茶店のオーナーになり、本まで出した家電流通コンサルタントの得平司氏が、コーヒーメーカーの正しい選び方を紹介します。美味しいコーヒーを飲むためには努力を惜しまない人だけに、気になる製品を1つずつ実際に購入し、歯に衣着せずに評価していきますよ! 第1回はタイガー魔法瓶の「ADC-A060」を取り上げつつ、コーヒーメーカーを選ぶときに見るべきポイントも考えていきます。

  • 全部自腹で買ってレビューします。本当です

コーヒー粉から淹れられる手軽なコーヒーメーカー

今回、ADC-A060を選んだ理由は、ズバリ、求めやすい価格とミルを使わずコーヒー粉から淹れられる手軽さです。美味しいコーヒーを飲みたいなら、高価格な製品じゃなきゃダメなんじゃないかって思いがちですが、実はそんなことないんです!

  • ADC-A060と得平氏。高級感のあるデザインではありませんが、その分、毎日気軽に利用できそうです。片手で片付けられるサイズ感もいいですね

  • 得平司(とくひらつかさ)
    フワッティ・カフェ代表。2015年、東京・千駄木団子坂下にフワッティ・カフェをオープンする。世界から集めた10種類程度のコーヒー豆を自家焙煎し、注文を受けてから1杯1杯コーヒー豆を挽き、ハンドドリップで提供している。本業は家電流通コンサルタントであり、株式会社クロスの代表。コーヒー文化推進のため、本連載ではコーヒーメーカーを1台ずつレビューして、そのマシンで美味しく淹れるコツや、自分に合った製品の選び方を分析。

ADC-A060のスペック

  • 発売日:2018年11月
  • ミル:非搭載
  • フィルター:ペーパーフィルター
  • 満水容量:0.81L
  • 一度に淹れられるカップ数:1~6カップ
  • 本体サイズ:W154×D272×H301mm
  • 重さ:約1.9kg
  • 本体カラー:サックスブルー、ダークブラウン
  • 6月6日に購入したときの実売価格は税別5,280円(税込5,702円)。次回以降の買い物で使えるポイントを581Pゲット!(1P=1円)

美味しいコーヒーを飲む条件

得平:美味しいコーヒーを飲むためには、次の3つの条件があります。

(1)焙煎したての自分好みのコーヒー豆を用意する(購入する)
(2)コーヒーを淹れる直前に豆を挽く
(3)手順に従ってコーヒーを淹れる

このうち、コーヒーメーカーが関与できるのは(3)のみ。ミル付きの製品でも(2)と(3)のみです。どんなに高級なコーヒーメーカーを用意しても、(1)と(2)ができていなければ美味しいコーヒーにはなりません。逆に低価格のコーヒーメーカーでも、上記の3条件に沿って手順を踏んで淹れれば、美味しいコーヒーが飲めるのです。

そこで(1)と(2)をしっかり準備して、ADC-A060を使って正しい手順でコーヒーを淹れ、美味しいコーヒーが飲めるのかを試します。

  • 実験風景。テーブルの上の針状のものは温度計です

コーヒー専門店の味を再現できるか?

まず、「美味しい」が主観に満ちた表現なので、これを客観的に評価する方法が必要です。

得平:近所の「TULLY'S COFFEE(以下、タリーズ)」で、ドリンクの「本日のコーヒー」と、タリーズの店で挽いたコーヒー豆を買ってきました。ADC-A060でのドリップで、タリーズの味に近い味が出せるかをチェックしてみましょう。

店で挽いた豆は「タリーズ ブラジル ファゼンダバウ」です。本日のコーヒーはブレンドなので、厳密には同じ味にはなりません。とはいえ、街のサードウェーブコーヒーの味を自宅でも楽しみたい人にとって、タリーズで買った粉で「タリーズらしいコーヒー」がちゃんと抽出できれば合格でしょう。テイスティングだけでなく、濃度計なども使ってコーヒーの濃さもチェックします。

  • タリーズでコーヒー粉と本日のコーヒーを買ってきて飲み比べ

コーヒー豆(粉)は1パック200gで、税込1,050円。ファゼンダバウの原産地はブラジルで、ほどよい苦味と酸味のバランスが取れた日本人好みの豆種です。テストする直前に購入しました。購入するとその場で挽いてパックしてくれるので、先の条件(1)はクリアです。ペーパードリップ用に中挽きされていました。

得平:「本日のコーヒー」は、濃度1.05%でした。濃度は水に対するコーヒーの割合です。タリーズやスターバックスなどの専門店チェーンで提供しているコーヒーは、だいたい1.1~1.3%の濃度なので、これは若干薄めですね。

  • 本日のコーヒーの濃度を計測します。濃度計はATAGO社のコーヒー専用モデル「PAL-COFFEE」を使用

ADC-A060は、フィルターの上にセットする「テイストマイスター」を表向きにするか裏向きにするかによって、「マイルド」と「ストロング」という2つのテイストで淹れ分けができます。

テイストマイスターの表面が山状になるようセットするのがマイルドで、お湯が周囲の穴から注がれて、コーヒーに触れる時間が短くなるため、あっさり目の抽出になります。

一方、表面がすり鉢状になるようセットするのがストロング。中心の6つの穴からお湯が注がれ、コーヒーに触れる時間が長くなるため、濃い目の抽出になります。

  • テイストマイスターを「ストロング」でセットしたところ

ADC-A060には、自動オフ機能は備わっていません。スイッチを切らないと保温し続けます。空焚きにはなりませんが、15分以上の保温はコーヒーが煮詰まって美味しさが損なわれます。美味しく飲むためにも、淹れ終わったらスイッチは切るものと思って使いましょう。

  • 付属の計量スプーンは、摺り切りで約6gのコーヒー粉に

さっそく淹れていきます。テイストマイスターはストロングを利用しました。

まずは3カップ分で淹れます。コーヒー粉は計量スプーンで3杯。水タンクが空になるまでは4分30秒。淹れ終わりまで6分15秒でした。コーヒーの温度は79℃、濃度は1.01%と、本日のコーヒーとほぼ同じ濃さになりました。

ADC-A060のコーヒー豆の量と抽出量

  • カップ数:コーヒー豆の量:コーヒー抽出量
  • 1カップ:9g :130ml
  • 3カップ:18g:390ml
  • 5カップ:30g:650ml
  • 3カップ分で淹れたときの濃さは、タリーズで買った「本日のコーヒー」と同じ1.01%を指しました

1カップで飲むときは計量スプーン1.3~1.4杯くらいがよさそう

次に1カップ分で淹れました。ADC-A060の取扱説明書によると、1カップ分のときは、コーヒー粉は計量スプーンで1.5杯必要になります。コーヒー粉の効率が悪くなるということです。水タンクが空になるまでに1分20秒、淹れ終わりまで3分30秒、濃度は1.27%でした。

  • 1カップ分で淹れた時の濃さは1.27%を指しました

ADC-A060の抽出時間とコーヒー濃度

  • 1カップ:3分30秒:1.27%
  • 3カップ:6分15秒:1.01%
  • 5カップ:7分45秒:0.85%
  • (参考)ハンドドリップ:180秒前後:1.1~1.3%

ドリップに使用したコーヒーの成分が、抽出した中にどれだけ溶け出たかは「収率」で示します。収率は「できあがったコーヒーの抽出量(ml)×濃度(%)÷使用したコーヒー豆の量(g)」で計算します。

今回の3カップ分では、「390(ml)×1.01(%)÷18g」となり、約21.88%が収率となります。この数値が高いと苦味が強くなり、低いと酸味が強くなるとされています。

ちなみに、4カップ分の粉(計量スプーン4杯)で3カップ分の抽出も試しました。これは濃度が1.41%となりました。濃い目の味が好きな人なら、こうした淹れ方も試してみるとよさそうです。

得平:1カップ分の場合、淹れ終わりまで時間が短いということは、蒸らしの時間も減っていると考えるべきです。ただ、濃度を見るとだいぶ濃くなっています。濃くし過ぎると雑味が入ります。粉の量を規定の1.5杯より少しだけ減らしてもよいかもしれません。

得平:タリーズやスターバックスなどのサードウェーブコーヒーは、1カップの量がやや多めです。普段、トール(ラージ)サイズで飲む人は、ADC-A060でタリーズの味を再現する場合、2カップ分か3カップ分で淹れたほうが美味しく飲めるでしょう。

  • 同じコーヒー豆で淹れ方をかえながらテイスティング

お手ごろ価格のADC-A060、味の再現性は優秀

得平:3カップ分で淹れた場合、濃さがあり、コク、苦味、甘さも楽しめました。ただし、抽出時間が長いためか香りはやや欠け、ハンドドリップにはかないません。これは5カップ分で淹れたときはより顕著に感じられ、雑味が増していました。

得平:ハンドドリップはコーヒーの味がストレートに出るので、コクと苦味を重視する人ほど、ハンドドリップが適しています。ハンドドリップに近づけるには豆の量を少し多めに使ったり、蒸らし時間や水の量などで工夫の余地があると感じました。

ちなみに、ADC-A060のテイストマイスターをマイルドにした場合も試しました。これは濃い味が苦手な人向けで、コーヒー好きには少々もの足りない味になりそうです。

最後にお手入れもチェック。

ADC-A060のお手入れは、コーヒーを淹れたあとにフィルターの温度が下がってから、コーヒー粉をペーパーフィルターごと捨てて、フィルター、テイストマイスター、水タンク、コーヒーサーバーなどを洗います。取扱説明書では、洗剤を薄めた水またはぬるま湯で、スポンジや歯ブラシでていねいに洗ったあと、乾いた布で水分を拭き取り、充分に乾燥させるようにと書かれています。こう書くと面倒そうですが、実際に洗ってみると、水分を拭き取りづらい場所も特になく、スムーズに片付けられました。

  • コーヒー粉はペーパーフィルターごと捨てれば良い

コーヒーメーカーを使うのは、「朝の忙しい時間でも簡単に美味しいコーヒーが飲みたい」「ハンドドリップで美味しく淹れる自信がない」といった理由でしょう。街のサードウェーブコーヒーの味を自宅でも楽しみたい……そんな人にとっても、ADC-A060はぴったりといえそうです

得平:比較的お手ごろな価格の製品にもかかわらず、専門店の味に近い抽出が得られました。今回用意した豆は200gで1,050円、1カップあたり約32円です。コストを気にするユーザーにもオススメです。

諸山泰三

諸山泰三(もろやまたいぞう)
PC雑誌の編集者を経て、家電流通専門誌の編集者となり、現在は家電流通誌やマイナビニュース・デジタルなどのネット媒体で執筆。カフェで原稿を書くことも多く、いろいろなカフェやコーヒーメーカーを体験した。得平がフワッティ・カフェ名義で監修した「ツウになる!コーヒーの教本」(秀和システム刊)にも協力。本連載では評価のアシスタントと執筆を担当。