Androidスマートフォンでは、キーボードアプリを使い、タッチ操作で文字の入力を行うのが基本です。入力したい文字に合わせてレイアウトを変更できるほか、複数のキーボードアプリをインストールして切り替えることも可能です。

※この記事は、Android 7.0以降のOSを搭載したスマートフォンの操作方法を紹介しています。Android OSのバージョンや機種によっては、画面構成やメニュー名、設定項目など異なる場合があります。

「かな」「英字」「数字」の切り替え

まずはキーボードのレイアウトを変更する方法を確認していきます。標準のキーボードアプリは端末によって異なりますが、ほとんどのスマホで「12キーボード(テンキーボード)」というキーレイアウトが使われています。12キーボードでは、左下の [あA1] キー(文字キーとも呼ばれます)を押すごとに「かな」「英字」「数字」の順にレイアウトが切り替わります。

  • Xperiaの標準キーボードアプリ「PoBox Plus」を例に手順を紹介します。この画面は「12キーボード」の「かな」レイアウトです。左下の文字キーをタップしましょう

  • 「英字」レイアウトに切り替わりました。もう一度文字キーをタップしてみます

  • 「数字」レイアウトに切り替わりました。入力したい文字に合わせてレイアウトを切り替えるのが基本的な使い方となります

QWERTYキーボードの表示方法

また、文字キーの長押しで表示されるメニューから、PCのキーボードと同じレイアウトの「QWERTYキーボード」に切り替えることもできます。パソコンの文字入力に慣れている人ならば、こちらのキーボードを選択するのも効果的です。

  • 続いてパソコンのような「QWERTYキーボード」に切り替えてみます。まずは文字キーを長押し(ロングタッチ)します

  • メニューが表示されるので「キーレイアウト」をタップします(キーボードアプリによって異なります)

  • 「キーレイアウト」画面が表示され、「かな」「英字」「数字」レイアウトごとに12キーボード(テンキー)かQWERTYキーボード(PCキー)かを選べます

  • PCと同じキー配列の「QWERTYキーボード」です

「設定」から別のキーボードアプリを有効化

文字入力に使用するキーボードアプリは、インストールして切り替えることも可能です。追加したキーボードアプリは、「設定」画面で有効化の設定を行うことで利用可能になります。

  • Google Playを起動して「日本語入力」などのキーワードで検索すると、日本語入力アプリが一覧表示されます。好みのアプリの[インストール]ボタンをタップしてスマホに追加しましょう

  • 新しいキーボードアプリをインストールしたら「設定」画面を表示。[システム] 項目をタップして開きます(スマホによって項目名などは異なります)

  • 「システム」画面で「言語と入力」項目をタップし、画面が切り替わったら「画面上のキーボード」をタップします

  • 「画面上のキーボード」画面が表示されたら「+キーボードを管理」項目をタップ。インストールされているキーボードアプリの一覧が表示されるので使いたいキーボードアプリのスイッチをタップしてオンにします

追加したキーボードアプリに設定を切り替える

いつの間にかキーボードアプリが変更されてしまい、元に戻せなくて困ったというトラブルも少なくありません。キーボードアプリの切り替え方法はしっかりと覚えておきましょう。最近のAndroidスマホならば、入力画面のキーボード下にある「キーボード」アイコンからキーボードアプリを切り替えることができます。古いスマホでは、通知パネルに表示される「キーボードの変更」項目から切り替えるタイプもあるので、キーボード画面の下にアイコンがない場合は通知パネルを確認してみてください。

  • 「Google検索」などを起動しキーボードを表示したら、最下部のタッチキー部分右端にある「キーボード」アイコンをタップします

  • 使用可能なキーボードアプリが一覧表示されるので切り替えたいキーボードアプリをタップ。アプリが切り替わりキーボードのデザインが変わったことが確認できます