アスクは4月5日、Thermaltake製ミドルタワーPCケース「Commander C31 TG ARGB」の取り扱い開始を発表した。4月12日に発売し、店頭予想価格は税別13,980円前後。

  • Commander C31 TG ARGB

ASUS、ASRock、GIGABYTE、MSIといった主要なメーカーのマザーボードとLEDのライティングを同期できるRGBファンを搭載。各マザーボードのLEDコントロールソフトウェアから設定可能だ。

フロントはメッシュ、左サイドパネルは4㎜厚の強化ガラスで、システム内部のイルミネーションをアピールできる。また、別売りのライザーカードを使用することで、グラフィックスカードの縦置きに対応。カード正面を向けた配置で「魅せ方」の幅が広がるとしている。

標準搭載ファンは、フロントに2基の200㎜RGBファン、リアに1基の120㎜ファン。最大でフロントに200㎜/140㎜×2、または120mm×3、トップに140㎜/120㎜×2、リアに120㎜×1のファンを搭載可能だ。

このほか、フロントに最大360㎜、トップに最大280㎜、リアに120㎜までのラジエータを取り付けられる。

搭載ベイは3.5/2.5インチ×3、2.5インチ×2(マザーボードベース裏)。拡張スロット数が7+2基、拡張カードスペースが最大410mmまで(リザーバー非搭載)、搭載CPUクーラーの高さが180mmまで、搭載電源の奥行きが200mmまで。外部インタフェースはUSB 3.0×2基、オーディオ入出力、LEDコントロールスイッチ。本体サイズはW233×D507×H462mm。対応フォームファクタはATX、マイクロATX、Mini-ITX。