先日、「とんでもないとんでもない」といいながらLGエレクトロニクス・ジャパン(以下、LG)のノートPC「LG Gram 17Z990」をレビューしました。

重さ1.34kgで17.4mmという薄くて軽いボディながら、17型(解像度2,560×1,600ドット)ディスプレイを搭載しています。バッテリーもBBench 1.0.1測定で約15時間という長時間駆動が可能な、まさに「とんでもない」ノートPCでした。

  • LG Gram 17Z990

17型ディスプレイと長時間のバッテリー駆動時間、そして、重さ1.34kgというスペックは、日本で購入できるノートPCとしては唯一無比、といえるのでないでしょうか。

ボードゲームデザイナーとしてLG gram 17Z990を使った

そこに注目したレビュー記事でも「Adobe製品を駆使していつでもどこでもデザインワークと考えたくなります」と評価しました。

すると、この文節を読んだ私の過去をよく知るとある人物から「ぷぷぷ。デザインワークに無縁なあなたがそんなこと書いても説得力ないですよ」みたいな発言がありました。たしかに前職(IT媒体編集者兼記者)の私しか知らない大多数はそう思うかもしれません。

しかし、私は現在「ボードゲームデザイナー」としても活動しているのです(いまディスプレイの向こう側でイスから転げ落ちている人多数)。ボートゲームのルールから駒やゲーム盤を自分でデザインして製品を作り、「ゲームマーケット」という“コミックマーケットのボードゲーム版”に自分のブースを出して頒布しています。いってみれば、「同人誌のボードゲーム版」みたいなものです。

「ええっ、冊子のようなルールブックならまだしも、個人でボードゲームの駒やゲーム盤なんて作れるの? もしかして手作り?」と驚く人もまだまだ多いですが、最近では印刷会社、紙加工会社でも個人向け少ロット生産に対応するようになり、同人サークルのボードゲームやカードゲームが、メーカー品のような品質で作れるようになりました。

ただし。

印刷屋さんや紙加工屋さんに制作を発注するということは、同人誌と同様に「締め切り」に間に合わせなければなりません。なにせ、同人ゲームデザイナーの大部分は余暇の時間を使って制作に取り組んでいるわけで、そうなるとコミケの同人誌と同様に「締め切りギリギリまで入稿作業」となるケースが多発します。はい、私もそうです(はい、私もそうです(編集C))。

2019年3月上旬時点で、直近の大規模ボードゲーム即売会は5月25日と26日に国際展示場青海ABホール開催の「ゲームマーケット2019春」です。その頒布に向けて今まさに多くのゲームデザイナーが制作に取り組んでいます。

  • ゲームマーケット2019春は、5月25日と26日に開催

そんな「結構忙しい」3月10日に大阪で「ゲームマーケット2019大阪」が開催されました。東京で開催するゲームマーケットの関西版で、西日本から多くのボードゲーマーが参加します。

そして、このタイミングに合わせてデモ用サンプルキットを公開して、宣伝するとともに試遊してもらった来場者から意見を聞いて本番までに改良を加えていきます。

私も自作のボードゲームをテスト公開すべくデモ用サンプルキットを用意しました……、と言いたいところですが「案の定」間に合いません。うーん、どうしようと、途方に暮れていた私のかたわらにあったのがちょうど評価作業を終えた「LG gram 17Z990」です。

これは天祐か。というわけで、急きょ(ホントに急きょ)17Z990にデザイン途上のボードゲーム関連データとAdobe Illustratorを導入し、大阪に向かう新幹線に飛び乗ったのでありました。

前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、ここでは、ギリッギリの日程の中、ボードゲームのサンプルキットを移動中の新幹線やカフェでデザインし、到着した大阪で17Z990のバッテリーが残っているうちに無事出力することができるのか「身をもって試してみた」一部始終を紹介しましょう。

新幹線のテーブルで17型のLG gramは使えるの?

いくら薄い軽い17Z990といえど、17型ディスプレイを搭載しているのですからボディの幅と奥行きは幅380.6㎜、奥行き265.7㎜とそれなりに大きいです。これを紙のサイズで表現すると、横置きのB4サイズよりちょっと大きめといえます。

このサイズ、新幹線のテーブルに載せると、「ギリッギリ」使えます。正確に言うと、幅はわずかに空くものの奥行きは少しはみ出してしまいます。弁当や飲み物を置く余裕はありません。

  • 幅は少しだけ余裕あり。しかし、手前は少しだけはみ出してしまう。なお、この状態でもキータイプやタッチパッドのドラッグ&ドロップは安定して可能だった

  • というわけで作業はお弁当を食べてから(おいおい)

新幹線や飛行機などのテーブルでノートPCを使う場合、注意しなければならないのがディスプレイを開いたときの「高さ」です。前のシートが倒れただと、ディスプレイと干渉して十分に開けない場合があります。今回、乗車したのはN700系の普通席でしたが、「座った人が普通にシートを倒す角度」ならばギリギリ干渉せずに済みました。

ただ「寝るつもりで深く倒す」場合は完全にぶつかってしまいますので、前のシートに人がいる場合は注意が必要です(最初から膝の上で使えば安全かも)。

  • ディスプレイを作業しやすい角度まで開き、前シートを通常利用の角度まで倒すとこのようにギリギリ触れずに済んでいる

今回利用したのはこだまで乗車した新横浜から大阪まで3時間37分。この先どれだけ作業時間がかかるか分からないので、ディスプレイ輝度はできるだけ抑えたいところです。

また、17Z990のディスプレイ輝度は、最も低いレベルでも比較的明るくてディスプレイ表示を十分視認できるのですが、光沢パネルを使っているため周囲が明るい状況で輝度を下げるとディスプレイへの映り込みが邪魔になります。

  • 南の窓側シートということで、ディスプレイを最低輝度にするとこんな感じで周囲が映りこんでしまう

新幹線で作業をしたのがちょうどお昼から15時までの太陽が南にある時間帯、指定した座席が進行方向に向かって左窓側という、光沢パネルにとってはあまりよろしくない条件でした。そのため、ディスプレイ輝度は下から8レベル目とBBench測定条件より明るい設定で作業をしています。

  • そのため、ディスプレイの輝度は明るめに設定した

いったん作業が始まれば、やはり解像度2,560×1,600ドットの17型ディスプレイを使うデザイン作業は、大変効率がよろしいです。屋外でこんなに快適なデザイン作業ができたのは初めてではないでしょうか。

17Z990の標準構成でシステムメモリの容量は8GBです。先日のレビュー記事でも「システムメモリが標準で8GBというあたりが少々心配」と述べましたが、実際にIllustratorでデザインワークをしてみると、アートボードサイズB3、レイヤー数20層、画像オブジェクト160点程度の加工で、表示の拡大縮小やスクロールなど特にストレスなく作業を進めることができました。

  • レイヤー20層、画像オブジェクト160点、アートボードB3サイズでも特に支障なく加工できた

ただ、A4サイズ画像のトレース処理などでは、システムメモリを32GB搭載したデスクトップPCと比べて処理時間が長くなるのは、体感レベルでも分かるほど違いがあります。

なお、新幹線のテーブルに17Z990を載せるとそれだけで一杯になり、マウスなどなどを操作する余裕はありません。そのため、ポインティングデバイスは本体搭載のタッチパッドだけが頼りです。

というと、「Illustratorで絵を描くなんて、とてもできないでしょ」となりそうですが、幸いにしてボードゲームのデザインでは「駒の枠にテキストや数値を配置したら、あとは駒の数だけ縦横同じ距離でコピーしまくる」「ゲーム盤のマス目をマスの数だけ縦横同じ距離でコピーしまくる」「ゲームの進行表やマーカーを配置するトラックを均等な距離で配置しまくる」という、キーボードで必要な数値やテキストを打ち込む作業が大半を占めるため、マウスが使えない状況でもそれほど支障はありません。

  • こんな感じで規則的な配列のシートや駒をデザインするのでマウスはそれほど必要ない

7時間使ってもまだバッテリーは半分残ってる

作業開始から3時間で新幹線こだまは新大阪に着きましたが、この時点でバッテリーはまだ80%以上残っています。いやすごい。ちなみにN700系にはAC100Vのコンセントが用意されています。しかし、すでに埋まっていたり、窓側でないと使うのがはばかれたり、今回の私のようにACアダプタ忘れたりすると利用こともあります。

新幹線で作業は進めましたが、案の定デザインはまだ終わりません。できればホテルにチェックインする前に街のオンデマンド印刷屋さん(早い話がキンコーズ)で出力したいところです。そのため、駅地下のカフェでデザイン作業を継続します。コーヒー数杯と軽食数皿で筆者は栄養を補給しつつ4時間、ようやくデザイン作業が完了しました。

後はキンコーズで出力するだけです。作業開始から7時間が経ちましたが、バッテリーはまだ50%残っています。いやまったくもってすごい。

  • カフェで粘ってデザイン作業完了。都合7時間の作業を終えた後でもバッテリーは半分残っている

  • コンビニのネットプリントサービスでもPDFは出力できる(それも安価に)が、「マットコート」だったり「斤量135グラム以上」な紙を使いたいならキンコーズなど街の出力センターを使うのがベスト

データが出来上がっていれば、後は簡単です。キンコーズで用意している紙見本から使いたい紙を選び(ボードゲーム用出力は厚めのマットコードが適しています)、サイズと4色、1色、片面、両面などなど指定して、USBでデータを渡し、出力された印刷紙を裁断加工すれば、デモ用サンプルキットの出来上がりです(宿泊先の狭小客室の小さな小さなデスクでカットする作業に翌日未明までかかってしまったのですが)。

おかげでゲームマーケット2019大阪ではゲームデザインにお師匠さんにサンプルをチェックしてもらうことができました。めでたしめでたし。

  • 適切な厚さを持つ紙で印刷さえできれば、後はこうして宿泊先の超狭い部屋でちまちまとカットするだけ(いやそれが一番大変だったんですけど)

都合3日間に及んだ大阪遠征中「無補給」(!)で使い倒した17Z990ですが、大阪は梅田の繁華街やゲームマーケットの会場などなどずっと持ち歩いても全く苦にならず、帰りに新幹線も含めて延べ帰宅してなおバッテリーが12%残っていたというのですから、まったくもってとんでもないノートPCだなと改めて思うのでありました。

  • 回を重ねるごとに規模が大きくなり来場者が増えるゲームマーケット。なお、このサンプルキットを用意したボード“ウォー”ゲーム「格闘級! 航空母艦の戦い」は5月25日26日のゲームマーケット2019春で頒布予定(ええ、宣伝ですが、なにか)