iPhoneなどを使って、リアル店舗で手軽に支払えるスマホ決済サービスのApple Pay。「ゼロからはじめるApple Pay」は、iPhoneユーザーにアンケートし、その回答をひもときながら、Apple Payのメリットや使い方などを紹介する連載です。

  • Apple PayでできないVisaカードの登録はSuicaアプリで!

第4回では、Apple Payに、いま使っているプラスチックカードのSuicaカードを登録する方法を紹介しました。特に難しい操作は必要なく、iPhoneのWalletアプリにSuicaカードの番号と生年月日を入れ、そのSuicaカードの上にiPhoneを置くだけ(残高などが登録されます)。登録したSuicaを「エクスプレスカード」に設定しておけば、これまでのSuicaカードのように、ピッとタッチするだけで改札を通過することができます。

実際、驚くほど快適です。いままでiPhoneを使っていながらSuicaを登録していなかった筆者の友達も、「なぜ今まで使わなかったんだろう」と、その便利さに感動していました。

とはいえ、今まで使っていたSuicaカードとまったく同じというわけではありません。Apple Payを使う上で、不便だと感じている点をユーザーに質問した回答にも、Suicaに関する以下のような不満がありました。

調査時期: 2018年10月12日~2018年10月18日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: iPhoneを日常的に使っていると回答した805名(Apple Payの不満点に関する質問は、このうちApple Payを使っていると回答した221名が対象)
調査方法: インターネットログイン式アンケート
  • Apple Payを使っている人が答えたApple Payの不満点(複数回答可)。ダントツ1位は「バッテリーがなくなると使えない」ですが、交通系ICカードに関連した不満も中堅を固めています

その不便な点とは、この3つ。

  • Suica以外の電子マネーが使えない 18.6%
  • オートチャージできない(ビューカード除く) 16.3%
  • VisaブランドのカードでSuicaにチャージできない(「Suica」アプリ除く) 12.7%

これらの不満について、それぞれ説明していきましょう。

Suicaは最強の交通系ICカード!?

「Suica以外の電子マネーが使えない」点については、まずSuica以外の交通系ICカード・電子マネーはモバイル対応していないので、そもそも使えません。JR西日本のICOCAや首都圏のPASMO、JR北海道のKitaca、JR九州のSUGOCAなど、全国にはたくさんの交通系IC・電子マネーがありますが、いずれもモバイル端末で利用することができないのです。

モバイル対応している電子マネーにはnanacoやWAON、楽天Edyのほか、後払いの電子マネーのiDやQUICPayがあります。iDとQUICPayがApple Payで利用できることは、第3回で紹介しました。

ではnanaco、WAON、楽天EdyがApple Payで利用できるようになるかどうか? という疑問が出てきますが、これは正直、Appleの考え次第。Suicaは首都圏を中心に利用者が多いサービスなので機能が追加されましたが、筆者はそのほかのサービスがApple Payに組み込まれるのは難しいのではないかと思っています。

続く「オートチャージできない(ビューカード除く)」については、元々のモバイルSuicaがJR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」でしか、オートチャージできない仕組みになっています。そして残る「VisaブランドのカードでSuicaにチャージできない(「Suica」アプリ除く)」については、JR東日本が提供する「Suica」アプリを利用することで解消できます。

ちなみに47.1%の人が不便だと回答している「バッテリーがなくなると使えない」も、気になる人が多いと思うので補足しておきましょう。iPhoneが電源オフの状態では、基本、Apple Payは使えません。ただ、バッテリーが切れた直後であれば、スマホ内にわずかな電源が残っていることがあります。Suicaは微弱の電流があれば利用できるので、バッテリー切れ直後なら使えるケースも。ただ、ドキドキしながら改札を通ることになるので、iPhoneは常時、バッテリー切れしないように保ちたいものです。

SuicaアプリでApple Payがもっと便利に!

プラスチックカードのSuicaを利用しているなら、そのカードを読み込むことでApple PayでSuicaを利用できます。

でも仕事とプライベートでSuicaを使い分けたい、「ビューカード」からオートチャージしたいといった、もう一歩進んだ使い方をしたい場合、JR東日本が提供する「Suica」アプリを利用すると、その希望が叶います。

「Suica」アプリは、JR東日本の様々なSuicaサービスを、Apple Payで利用するためのアプリ。Apple Payユーザーであれば入会金や年会費などは不要で利用できます。まずは「Suica」アプリをApp Storeからインストールして、新しいSuicaを発行してみてください。なお、Suicaの発行にデポジットはいりません。

SuicaアプリからSuicaを発行する方法

1-1.「Suica」アプリを起動し、「Suica発行」をタップします。

  • 図1-1

1-2.Suicaの種別をMy Suica(記名式)、Suica定期券、Suica(無記名)の中から選択。「発行手続き」をタップします。Suica(無記名)を選択すると会員登録をせずにSuicaの発行ができますが、iPhoneの不具合や紛失時にSuicaの利用停止や再発行手続きができません。

  • 図1-2

1-3.会員規約と特約を読んで同意し、「会員登録」をタップ。

  • 図1-3

1-4.会員登録画面でメールアドレスやパスワード、名前や生年月日などの基本情報を入力。

  • 図1-4

1-5.クレジットカード情報を登録して「次へ」をタップし、セキュリティコードも入力します。オートチャージの設定をする場合は、ここに「ビューカード」の情報を入力します。

  • 図1-5

1-6.「金額を選ぶ」から初回は1000円以上のSFチャージ(入金)金額を設定後、登録したクレジットカードまたはApple Payのどちらで決済するかを選択します。

  • 図1-6

1-7.Apple Payの「Wallet」にSuicaが追加されます。

  • 図1-7

SuicaアプリでVisaカードが登録できる

「Suica」アプリに登録できるのは、ビューカード、JCB、Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、JR東海エクスプレス・カードの各カード。なお、デビットカードやプリペイドカード、海外で発行されたカードなどは登録できません。Apple Payではプリペイドカードが登録できましたが、「Suica」アプリでは登録できません。

Apple Payと「Suica」アプリは連携しているものの、別のアプリなので、設定できるカードの条件が異なります。だから国内のVisaブランドはApple Payではクレジットカード機能を利用できませんでしたが、「Suica」アプリの決済カードとして登録すれば、SuicaにVisaブランドのクレジットカードからチャージすることができるのです。

「Suica」アプリからSuicaにチャージするには、「Suica」アプリを起動し、Suica一覧画面でチャージしたいSuicaを選択。「入金(チャージ)」をタップし、チャージ金額を選択します。

すると金額表示の左下に登録しているクレジットカードのブランドロゴとカード番号下4桁が表示されるので、そのボタンをタップ。確認表示で内容が正しければ「入金(チャージ)」をタップします。

なお、Apple Payに登録したクレジットカードからも、Suicaにチャージすることができます。その方法は第4回で説明しているので、そちらを参考にしてください。

SuicaアプリからSuicaにチャージする方法

2-1.Suica一覧画面で「入金(チャージ)」をタップ。

  • 図2-1

2-2.Suicaアプリに登録しているクレジットカードをタップ。Apple Payのマークをタップすると、Apple Payに登録しているカードからチャージできる。

  • 図2-2

2-3.チャージ金額などが合っていれば「入金(チャージ)」をタップする。

  • 図2-3

オートチャージの設定は、「Suica」アプリにビューカードを登録し、「Suica一覧」画面でSuicaを選択。画面右下の「チケット購入・Suica管理」から、「オートチャージ設定」で、残高が500円になったら5000円を入金するなど、条件を指定して設定します。

2-4.Suica一覧画面で「チケット購入・Suica管理」をタップ

  • 図2-4

2-5.Suica管理の「オートチャージ設定」から操作する。

  • 図2-5

2-6.「オートチャージ設定」で条件を指定する。

  • 図2-6

なお、Suicaが不要になった時は、先ほどの「チケット購入・Suica管理」の「このSuicaを払戻す」から操作できます。払い戻しには220円の手数料が必要です。

「Suica」アプリを利用することで、定期券やSuicaグリーン券、モバイルSuica特急券などをスマホで購入し、チケットレスで新幹線に乗車することも可能。Suicaをもっと便利に使いたい人は、ぜひApple Payと「Suica」アプリをセットで利用してみてくださいね。

著者プロフィール
綿谷禎子(わたたにさちこ)

綿谷禎子

情報誌の編集部から編集プロダクションを経てフリーランスのライターに。現在は小学館発行のビジネス情報誌「DIME」を中心に、企業のオウンドメディアや情報サイトなどで幅広く執筆。生活情報サイト「All About」のガイドも務める。自称、キャッシュレスクイーン。スマホ決済や電子マネー、クレジットカード、ポイント、通信費節約などのジャンルのほか、趣味の文具や手帳の記事も手掛ける。