中国DJIが発売した新趣向のジンバル搭載カメラ「Osmo Pocket」、ポケットにらくらく収まるサイズながらブレのない安定した動画が撮影できることで注目されています。アクティブに動画撮影を楽しみたい人や、自撮りで安定した動画を撮影したい人、旅先や日常のちょっとした動画を撮りたい人にも適した、幅広い用途に対応できるカメラといえます。実力を改めて検証しました。

  • ドローンでおなじみの中国DJIが2018年12月に発売した、コンパクトな3軸ジンバル搭載カメラ「Osmo Pocket」。実売価格は税込み44,700円前後

コンパクトで手軽に使えるジンバル搭載カメラ

Osmo Pocketは、揺れを抑えるためのジンバル(制震装置)付きのカメラを頭の部分に搭載したスティック型カメラ。同社の「Osmo Mobile」とは違って、撮影にあたってスマートフォンを装着する必要がなく、これ単体で動画や写真の撮影ができるのが特徴です。本体サイズも従来のOsmo Mobileよりも大幅に小型化し、文字通りポケットに収まるサイズとしたのも目を引きます。

  • スティック状の本体の上に、3軸補正対応のジンバルと単焦点レンズ付きのカメラを搭載

  • 本体背面。小さいながら1インチ液晶を搭載するので、単独で撮影や再生ができます

  • 本体側面。microSDカードスロットを配置する

  • 逆側はシンプル。内蔵バッテリーの充電は底面から行います

本体サイズはW36.9×H121.9×D28.6mm、重さは116g。スティック部分の長さは、昨今の6インチクラスのスマートフォンの横幅より少し長いぐらいにとどまるほどのコンパクトさ。後述しますが、本体をスマートフォンと接続する際、スマートフォンの底面の充電端子に接続して「合体」させるため、だいたい同じぐらいのサイズだと都合がいいのです。

Osmo Pocketを撮影する際につかむスティック部は手のひらに収まり、握りやすい太さだと感じました。撮影ボタンとメニューボタン、1インチのタッチパネル液晶を搭載しています。底面にはUSB Type-C端子を装備しており、モニターとボタンの間にはスマートフォンとの接続アダプターの装着部があります。

  • 1インチモニタは小さいですが、単体で撮影できるのが強みです

  • 撮影画面で右にスワイプすると再生画面になり、左にスワイプするとモード切替になります。これは撮影モードの設定画面で、上下にスワイプして変更します

スティック部の上部にあるカメラは、一般的なジンバル付きカメラの構造となっていますが、サイズがコンパクトなのでかわいらしい印象を受けます。電源オフ時は、背面液晶から見て右側を向いて停止し、電源をオンにすると自動的に前方(モニターと逆側)に向きが変わります。付属のケースに収納するときは、カメラのレンズが奥に入るように収まります。こうした点もあって、電源オフ時に一定方向を向くようになっているのでしょう。

  • スマートフォンと接続する場合は、付属のアダプターを逆向きに差し込みます

  • ちなみに、この状態でもOsmo Pocketの付属ケースに入れることができます。充電もカードの出し入れもケースに入れたままできるのはよく考えられています

Osmo Pocketはとにかく小さく軽いので、手軽に持ち運んでサッと撮影できるのがポイントです。なんといっても、背面液晶を搭載していて単体でも撮影や再生ができるのが強みといえます。手持ちのスマートフォンを装着するタイプのジンバルのように、スマートフォンの画面をオンにしてロックを解除し、カメラアプリを起動して……というわずらわしい作業が必要ないのです。これは大きな魅力だと感じました。

ブレのない動画がきわめて手軽に撮影できる

Osmo Pocketでの撮影自体は簡単で、基本的には撮影ボタンを押すだけでOK。ジンバルが自動的に働いてブレや揺れを補正し、手ぶれの少ない安定した動画が撮影できます。手ぶれ補正は期待通りのなめらかさで、ヌルヌルとした動画に仕上がります。歩きながらの撮影では、歩行にそれに合わせて波打つように動きますが、見苦しい手ぶれとは無縁。手ぶれ補正は動画だけでなく静止画でも働き、夜景やイルミネーションを手持ちで撮影する、といった場合も手ぶれによる失敗なく撮影できます。

歩きながらの撮影の場合、歩行に合わせて波打つような描写は見られますが、目障りな細かい手ぶれや回転ブレ、角度ブレはきちんと補正されています。自転車や車に乗りながらの撮影のような、ちょっと長めの揺れのほうが効率的に補正される印象です

こちらは夜景の動画。夜景でも安定して撮影できます。マイクも小型ながら、このクラスのカメラとしては十分な音質です

イルミネーションも手持ちで見た目通りきれいに撮影できました

画質は、1/2.3インチのセンサーを搭載したカメラとしては標準的といえます。高画質化が著しい最新スマートフォンほどの解像感はありませんが、誇張のない素直な仕上がりといえます。唯一気になったのが、スマートフォンのカメラと比べると画角が少し狭く感じること。利便性や扱いやすさを考えると使いやすい画角ではありますが、もう少し画角が広くてもよかったかもしれません。

  • もうちょっと広い画角が欲しくなるところですが、写りはいたって標準的。あまり派手さがない素直な画質といえます

  • ジンバルが自動で動いて9枚の写真を撮影し、それらを合成して生成するパノラマ機能も搭載しています。180度の横方向のパノラマと、正面方向に9枚撮影するパノラマの2種類があります。画角の狭さを補えますし、カメラを自力で動かさなくていいので簡単です。もちろん三脚いらずで使えます

  • 金属の質感も良く、背景のボケも素直な描写です

  • スローシャッターでも手ぶれしづらいので、シャッタースピードを遅くして水などの動きを表現することもできます

  • もちろん夜景も得意。これは0.8秒とだいぶ遅いシャッタースピードですが、手持ちでも手ぶれしにくくなっています。しかも、連写合成などのデジタル処理ではなく、純粋な長時間露光での撮影です

特定の被写体を追尾してフレームに収め続ける機能は、人物の顔を追尾するフェイストラッキングと、それ以外の物体を認識して追尾するアクティブトラッキングの2種類が用意されています。ドローンで培った技術が盛り込まれているようで、かなり強力に追尾してくれました。追尾する被写体をより確実に指定するには、小さなOsmo Pocketの画面ではなく、接続したスマートフォンの大画面で対象物を指定するのがよさそうです。

スマートフォンを接続すれば、高度な撮影も可能

単体でジンバル付きカメラとして使えるOsmo Pocketですが、スマートフォンを接続すると撮影設定を自由に変更しての高度な撮影が可能になります。スマートフォンの大きな画面で撮影や再生ができるようになるのも見逃せません。

本体には、iPhone接続用のLightningアダプターとAndroid接続用のUSB Type-Cアダプターが同こんされており、Osmo Pocketの中央部にいずれかのアダプターを装着するとスマートフォンが接続できます。安定した接続と反応のよさがワイヤレス接続にはないメリットといえます。

  • Androidスマートフォンを装着したところ。立てることもできますが、もう少し安定すると良かったところです

専用アプリ「DJI Mimo」を立ち上げると、スマートフォンの画面にライブビューが表示され、大画面で被写体をしっかり確認しながら撮影できます。画面左側には薄く十字キーが表示されており、これをドラッグ&ドロップすることでカメラを上下左右に動かせる仕組み。本体のタッチ画面では上下移動しかできなかったので、より柔軟な操作が可能になるわけです。

  • 専用アプリのUIはシンプルで、スマートフォンのカメラアプリに似ています

  • マニュアルモードに切り替えると、シャッタースピードなども変更できます

画面上では、撮影モードやセルフィーの切り替えなどに加え、カメラの詳細な設定も可能。特に、ISO感度やホワイトバランス、シャッタースピードなどのマニュアル設定はアプリからしか変更できないので、より凝った撮影をしたい場合に利用するとよいでしょう。

撮影した動画はスマートフォンの大画面で再生できます。ただ、撮影したデータは本体のmicroSDカードに保存されるので、スマートフォンに保存したい場合は手動で転送する必要があります。新たに撮影された動画を検出するとスマートフォンへのダウンロードを促す表示は出ますが、自動で保存されるわけではないので注意が必要です。

DJI Mimoのアプリはスマートフォンに装着すると自動で立ち上がり、使い勝手は悪くありません。保存した複数の動画を選択してエフェクトやサウンドを選ぶと、ストーリー動画を簡単に作成する機能も備えています。一般的なデジタルカメラやスマートフォンのカメラを立ち上げるのに比べるとワンアクション増えますが、Osmo Pocket単体では不可能なことがいろいろできるようになるのが注目です。

高性能スマホを所有している人には悩ましいが、手軽さは大きな魅力

Osmo Pocketは、見苦しさを感じさせるぶれや揺れを大幅に低減した動画がいとも簡単に撮影でき、「高性能ジンバル搭載カメラ」の決定版ともいうべき高い完成度を持っていると感じました。小型軽量で持ち運びやすく、しかも手軽に扱えるので、これまでジンバル搭載カメラやスマホ用ジンバルを敬遠していた人も満足できるでしょう。

とはいえ、Osmo Pocketには大きなライバルが存在します。多くの人が持っているスマートフォンです。高画質化や高性能化が著しいスマートフォンのカメラは、画質面ではOsmo Pocketより優れた機種も多く、手ぶれ補正も強力になっています。スマートフォンを装着して使うタイプのジンバルは、最新の「Osmo Mobile 2」が16,800円で購入できるなど、かなり手ごろになっています。すでに高画質カメラを搭載したスマートフォンを使っている人が、16,800円のOsmo Mobile 2ではなく44,900円のOsmo Pocketを選ぶかどうかは、かなり悩ましいといえます。

  • DJIが2018年1月に発売したスマートフォン用スタビライザー「Osmo Mobile 2」。実売価格は税込み16,800円

  • Osmo Pocketと比べると、本体はかなり大柄で重いのが欠点といえる

Osmo Mobile 2は大きく重いうえ、手持ちのスマートフォンを装着してアプリと接続……といった手順も必要になります。ただ、使い慣れたスマートフォンの画質でそのまま撮影できる点や、スマートフォンを買い換えれば常に最新カメラで撮影できる点、そして安価な点が大きなメリットといえます。

ただ、大きいうえに面倒な接続作業が必要になるOsmo Mobile 2は、そのうち使わなくなるだろうな…という懸念を持っています。積極的に使いたい人には、Osmo Pocketがベターでしょう。観光地などを歩きつつ撮影したい、手持ちで手軽に自撮り動画を作成したい、という用途を考えている人なら、ぜひ注目してほしい製品といえます。