バリュートレードは9月11日、AVIOTブランドの完全ワイヤレスイヤホン3機種と、ネックバンド型のワイヤレスイヤホン1機種を発表しました。Amazon.co.jpなどの通販サイトのほか、eイヤホンなどの実店舗でも販売します。2018年9月下旬から順次、発売していきます。

  • AVIOT

    TE-D01b。完全ワイヤレスイヤホンを2年ほど前から輸入、販売してきたバリュートレードが手掛ける自社ブランド「AVIOT」。海外メーカーひしめく完全ワイヤレスイヤホン市場にカチコミます

「日本人のための音」って?

AVIOTは、バリュートレードとSamurai Earsがタッグを組み、「日本人のための音」を追求し、日本人のためのイヤホンを作るために結成されたブランド。

Samurai Earsは「イヤホン市場がグローバル化し、製品は全世界の人に合うよう"コモディティ化"されています。日本メーカーの完全ワイヤレスイヤホンも、グローバルを意識した作りになっていますね」と語ります。

  • AVIOT

    「日本人が好む音」とはいったい……

バリュートレードは、「グローバルを意識するといっても、完全ワイヤレスイヤホンは巨大市場であるアメリカと中国に向けて音響設計されている製品が多いのです。具体的にいうと、低域が増幅され、中高音はシャープに聞こえるものですね。また、完全ワイヤレスイヤホンはスポーツタイプが多くなっていますが、あれは明らかにアメリカ市場を意識したもの。AVIOTでは周波数特性をフラットにし、日本人のために設計しました。あえて生々しい音が聞こえるようになっています」と熱弁。バリュートレードによると、「日本人の音」をひと言で表すと「母音節」だそう。日本語は母音が多い言語で、母音を中心に日本語の曲がキレイに聞こえる音作りをしたとのことです。

  • AVIOT

    日本人の耳に合うよう作られた完全ワイヤレスイヤホンは非常に少ないといいます

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホン「AVIOT TWSシリーズ」は、「TE-D01a」「TE-D01b」「TE-D01c」の3モデル。「TWS」はトゥルーワイヤレス、型番の「D」は、3モデル共通で搭載したダイナミックドライバーを意味するそうです。バランスドアーマチュアドライバーを搭載したモデルなどの構想もあるとのことで、そのときは型番の文字が「B」に変わるのでしょう。

ハイコスパの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01a」

TE-D01aは、Qualcommの最新チップセットのひとつ「QCC3001」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。人混みや、監視カメラが複数設置されて2.4GHz帯の信号が交錯しているところでも、左右の接続が途切れにくいといいます。価格は8,250円(税別)で、9月29日に発売。9月15日から予約が可能です。

  • AVIOT

    TE-D01a、色は左からBlack、Navy、Dark Rouge

  • AVIOT

    本体サイズはやや大き目で、スポーツタイプに近いでしょうか

イヤホン単体で最大4.5時間、音楽を再生可能。収納ケースは500mAhのバッテリーを備え、ケースで充電しながらイヤホンを使えば、最大で16時間も音楽を楽しめます。

今回の完全ワイヤレスイヤホンの3モデルで共通ですが、スマホと一度ペアリングしておけば、2回目以降はイヤホンをケースから取り出すだけでスマホとつながります。イヤホンはケースに収納すると、自動で電源が切れる仕組み。イヤホンとスマホをBluetoothで接続したままケースにしまっていて、朝にスマホの目覚ましがイヤホンで鳴っている、なんてことを防げそうですね。

  • AVIOT

    手のひらに置いたサイズ感

Bluetoothのバージョンは5.0、対応コーデックはSBCとAAC、次モデルでaptx対応も考えているそう。イヤホン本体はIPX4の防水性能を備えています。

パッケージにはイヤーチップ(Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ)とイヤーウイング(Sサイズ、Lサイズ)が付属。また、Webサイトから申し込み、500円(税込)を支払うことで、Spinfit社のイヤーチップにグレードアップできます。

また、「イヤホンを片耳だけ失くした」「ケースだけ失くした」という場合に対応するため、紛失保険を用意。保証期間内に限り、特別価格(定価の半額~6割引きくらいの価格)でTE-D01aをパッケージごと購入できます。

親機が入れ替わる完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01b」

TE-D01bは、Qualcommの最新チップセットのひとつ「QCC3026」を採用した完全ワイヤレスイヤホン。Qualcomm従来のチップよりも受信感度が向上し、左右の接続が非常に途切れにくくなったといいます。発表会場で実機を使い音楽を試聴できましたが、音はなめらかで落ち着いた感じ。低音がジャカジャカと鳴る感じはせず、しっかりと奥行き感を醸していました。

  • AVIOT

    TE-D01b、色は左からNavy、Gunmetal、Black

  • AVIOT

    手のひらに置いたサイズ感

  • AVIOT

    充電ケースはTE-D01aと同じくらいのサイズでしょうか

TE-D01bでは、1回の充電で9時間の連続再生が可能。付属の充電ケースと組み合わせると、なんと計81時間も音楽を聴けます。Bluetoothのバージョンは5.0で、対応コーデックはSBC、AAC、aptX。価格は14,880円(税別)。発売日は2018年11月です。

最大の特徴は、「親機」と「子機」を入れ替えられること。通常の完全ワイヤレスイヤホンは、左右どちらかがあらかじめ親機として設定されており、親機はスマホや音楽プレーヤーなどのデバイスとつながります。もう片方のイヤホンは子機として親機から信号を受け取るため、デバイスとはつながりません。つまり、親機は受信と送信のどちらも担っているわけで、子機よりも多くの電力を消費することは自明の理。だから完全ワイヤレスイヤホンでは、親機のほうが先に電池がなくなってしまうのです。

TE-D01bは、ケースから取り出して先に電源の入ったほうが親機になり、その後も適宜、電波の強いほうに親機を振り当てていきます。左右のバッテリーを有効に活用できるため、1回の充電で最大9時間の連続再生が実現したわけですね。

  • AVIOT

    左が従来の完全ワイヤレスイヤホン、右がTE-D01bのペアリング方式

QCC3026は、Qualcommのチップセット「Snapdragon 845」を搭載したスマートフォンと組み合わせて利用する「TrueWireless Stereo Plus」(TWS Plus)という機能に対応しています。TWS Plusは、デバイス側が右のイヤホンと左のイヤホンにそれぞれ信号を送信する機能。デバイス側が左右のイヤホン両方とつながって通信するため、完全ワイヤレスイヤホンの親機・子機で発生する「頭部をまたぐ通信」がなくなり、左右の接続が飛躍的に安定するそう。消費電力もさらに抑えられるため、TWS Plus対応のスマートフォンでTE-D01bを使用すると、連続再生時間も9時間以上に延びると考えられます。

Snapdragon 845を搭載しているスマートフォンといえば、ソニーの「Xperia XZ2」やサムスン電子の「Galaxy S9」などが思い浮かびます。ですがいずれもファームウェアアップデートが必要で、2018年9月現在、日本でTWS Plusを使えるスマートフォンはないそうです。今後のファームウェアアップデートに期待しましょう。

  • AVIOT

    通常は端末と完全ワイヤレスイヤホンの親機がつながり、つぎに親機と子機がペアリングでつながる仕組み

  • AVIOT

    TWS Plusでは、デバイスが左右のイヤホンにそれぞれ信号を送る

イヤホン本体はIPX7の防水仕様。パッケージには通常のイヤーチップ(Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ)のほか、Spinfit社のイヤーチップ(Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ)が付属する予定です。紛失保険も用意してあります。

  • AVIOT

    Spinfit社のイヤーチップも付属します

女性のための完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01c」

TE-D01cは、女性のように耳の穴が小さい人のためのモデル。連続再生時間は約4時間で、充電ケースでイヤホンを充電しながら使用すると最大で約10時間音楽を楽しめます。

  • AVIOT

    TE-D01c、色は左からBlack、White

  • AVIOT

    手のひらにのせた様子

  • AVIOT

    写真左がTE-D01a、右がTE-D01c

  • AVIOT

    手のひらの上がTE-D01a、下がTE-D01c。TE-D01cのほうがひと回りサイズが小さいことがわかります

  • AVIOT

    写真左がTE-D01a、右がTE-D01c

Bluetoothのバージョンは5.0、対応コーデックはSBC、AAC。パッケージにはイヤーチップ(Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ)が付属します。また、Webサイトから申し込み、500円(税込)を支払うことでSpinfit社のイヤーチップにグレードアップできます。また、こちらも紛失保険を用意しました。

価格は7,980円(税別)で、9月下旬に発売します。TE-D01cはネット通販専用モデルで、店頭では販売しません。

ネックバンド型のワイヤレスイヤホンも

AVIOTブランドのネックバンド型ワイヤレスイヤホン「WE-D01b」も発表。価格は7,250円(税別)で、9月29日に発売します。予約受け付けは9月15日から。

  • AVIOT

    WE-D01b、色はDark Metalic Brown、Silver、Rose Gold

Bluetoothのバージョンは4.1で、対応コーデックはSBC、AAC、aptX。IPX7の防水性能を備えます。連続再生時間は最大6時間です。