Safari増加 - 5月タブレットブラウザシェア

Net Applicationsから2018年5月のタブレットブラウザのシェアが発表された。2018年5月はSafariがシェアを増やし、Chrome、Android Browser、Opera Miniがシェアを減らした。2018年5月はタブレット向けOSとしてiOSがシェアを増やし、Androidはシェアを減らしている。Safariの増加とChromeの減少はタブレット向けOSのシェアと連動していると見られる。

タブレット向けOSではデフォルトで搭載されているブラウザがそのまま使われているケースが多い。SafariとChromeのシェアの合算値は91.28%に達しており、タブレット向けデバイスにおけるブラウザとして強い影響力を持っている。

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Safari 47.98% 45.80%
2 Chrome 43.30% 45.02%
3 Android Browser 4.98% 5.02%
4 Opera Mini 0.99% 1.12%
5 UC Browser 0.86% 0.96%
6 Yandex 0.61% 0.79%
7 Firefox 0.53% 0.54%
8 Baidu 0.41% 0.34%
9 Opera 0.20% 0.20%
10 QQ 0.12% 0.16%

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事