説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「画面収録」はなんでも録画できますか?』という質問に答えます。

***

iOS 11には、ホーム画面やアプリ画面のようすを"そのまま"ムービーとして記録する新機能「画面収録」が用意されました。初期設定では無効化されていますが、『設定』→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順にタップし、「画面収録」ボタンを追加すると、コントロールセンターから起動できるようになります。

この画面収録は、いわば「スクリーンショット(画面キャプチャ)の動画版」です。収録を開始してから停止するまでの間、iPhoneの画面に表示された内容そのままをムービーとして記録します。ホーム画面の様子をムービーとして残したい、ゲームアプリのとっておきのシーンを記録したい、そんな場合に重宝します。動画配信の題材にiPhoneを使うときにも役立ちそうです。

画面に特殊なコントローラを表示する「アシスティブタッチ」や、スクリーンショット撮影直後に画面左下に現れるサムネイル画像など、通常の方法ではスクリーンショットを撮れないシーンも画面収録を使えば残せます。

ただし、画面収録は"なんでも"録画できるわけではありません。動画配信(VOD)アプリのように著作権保護されたコンテンツを扱うものについては、問題がある部分は除外されます(画面が静止状態になります)。ユーザ投稿型の動画アプリなど、収録できてしまうものも存在しますが、著作権保護が必要なアプリは原則として画面収録の対象外と考えたほうがよさそうです。

iPhoneの操作風景についても、収録から除外されるシーンがあります。たとえば、iPhoneがスリープ状態になったときには、自動的に収録停止されるため、ロック状態の真っ暗な画面が延々と記録され続けることはありません。ロック解除前や電源オン直後など、画面収録が動作できないシーンについても同様です。

  • 画面収録を使えば、アシスティブタッチなど通常の方法では撮れないスクリーンショットも残せます