「YouTubeの動画をダウンロードしたい」と思ったことはありませんか?

普段からよくYouTubeを利用する方であれば、「電波が悪い場所で動画が止まってしまう」「外出時にYouTubeを利用すると、データ通信料が増えてしまう」といったストレスから、上記のように考えることがあるかと思います。また、「YouTubeに投稿されている音源を、自分のコンテンツに活用したい」という目的からダウンロードを希望する方もいるでしょう。

それでは、YouTubeの動画をダウンロードするためには、どうすればよいのでしょうか?

本記事では、YouTubeの利用規約および著作権法の観点から、動画をダウンロードする行為の可否、および利用規約・著作権法のどちらにも反しないケースについて紹介します。

  • YouTubeで動画をダウンロードするには?

    YouTubeで動画をダウンロードするには?

YouTube動画のダウンロードは基本的にNG! ただし例外もある

結論から言うと、YouTubeで動画をダウンロードする行為、およびそれを視聴以外の目的に使用する行為は「YouTube利用規約」に反し、かつ著作権侵害にあたる可能性が高いです。そのため、基本的には、YouTubeでの動画ダウンロード行為はNGだと考えておきましょう。

ただし、一部の条件においては、ダウンロードが可能なものもあります。以下、YouTube利用規約・著作権法を基に解説します。

■YouTube利用規約

YouTube利用規約のうち、動画の保存・ダウンロードに関係するのは「許可と制限事項」という項目です。内容は以下の通り。

本サービスの利用には制限があり、以下の行為が禁止されています。(中略)本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード、配信、送信、放送、展示、販売、ライセンス供与、改変、修正、またはその他の方法での使用を行うこと。ただし、(a)本サービスによって明示的に承認されている場合、または(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合を除きます。

引用 : YouTube利用規約

上記の項目から、YouTubeで動画をダウンロードする行為は基本的に禁止されていることが分かります。

では、上記の内容のうち、YouTube利用規約上で例外として認められている「(a)本サービスによって明示的に承認されている場合」「(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合」とは具体的にどのような動画を指すのでしょうか?

それは、YouTubeの公式チャンネルから配信されている動画や「クリエイティブ・コモンズ」として認められている動画を指します。

クリエイティブ・コモンズとは、コンテンツ作成者が他者に作品の使用を許可するための方法の1つ。YouTubeでは、すべての動画投稿者が自分の動画にクリエイティブ・コモンズライセンスを適用させることができるため、同ライセンスが適応された動画は、上記利用規約の“(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合”にあたり、ダウンロードが許可されます。

  • クリエイティブ・コモンズの動画は検索フィルタを活用して探しましょう

    クリエイティブ・コモンズの動画は検索フィルタを活用して探しましょう

なお、クリエイティブ・コモンズの動画は、動画概要欄の「ライセンス」から確認できます。

■著作権法

続いて、YouTubeの動画・音声ダウンロードに関する法律「著作権法」を解説します。

YouTubeでアップロードされているコンテンツの利用方法によっては、「著作権法」に抵触する場合があります。著作権とは「知的所有権」の1つにあたるもので、コンテンツ制作者の権利を守るためにあります。

著作権違反にあたる具体例は、YouTubeにアップロードされている動画を第三者が制作者には無断で勝手に編集・加工したり、個人利用を超える範囲で上映したりするようなケースがあげられます。

著作権法を違反した場合には、10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金が課せられます。「周囲の人がやっているし大丈夫」と安易に判断するのは、法的な観点からリスクを負う可能性がありますのでくれぐれも注意してください。

「動画の快適な視聴」が目的なら「YouTubeプレミアム」を活用しよう

「YouTubeの動画をダウンロードして視聴したい」と考えている場合には、有料で契約できる「YouTube Premium(プレミアム)」を活用するのがよいでしょう。YouTubeプレミアムに入会することにより、以下のようなメリットを受けられます。

  1. 動画を「一時保存」することでオフライン再生が可能になる
  2. バックグラウンド再生でmp3のように音声を楽しめる
  3. 広告が非表示になる

以下、順に紹介します。

■1. 動画を「一時保存」することでオフライン再生が可能になる

YouTubeプレミアムに入ると、保存した動画をオフラインのまま視聴できます。データ通信が不要なので、スマホのデータ量が気になる方や、電波の通じにくい場所でもYouTube動画を観たい方にはおすすめです。

■2. バックグラウンド再生でmp3のように音声を楽しめる

バックグラウンド再生が可能になると、YouTubeアプリを開いていなくても音声を聴けるようになります。YouTube以外のアプリを操作しながらYouTube上の音声を楽しみたい方や、作業中に動画の音声を楽しみたい方におすすめです。

■3. 広告が非表示になる

YouTubeプレミアムに入会すると、広告が非表示になります。これにより、動画の最初や間に広告が入ることがなくなるため、より視聴体験を高めることができます。

  • 「YouTubeプレミアム」を活用すれば、簡単にダウンロード可能

    「YouTubeプレミアム」を活用すれば、動画を簡単にダウンロードして視聴できます

あわせて読みたい : どんな人におすすめ? 有料版YouTubeを契約して「得する人損する人」

規約の範囲内で安全にYouTubeを楽しもう

YouTubeの動画をダウンロードしたい場合には、その用途に応じてとるべき行動が異なります。

「YouTubeに動画を投稿するためのBGMが欲しい」という場合には、利用規約に反することなく、クリエイティブ・コモンズライセンスが付与された音源をダウンロードすることができます。しかし、単純に「オフラインで動画を再生したい」という目的の場合には、YouTubeプレミアに入り、類似機能である「一時ダウンロード」を活用することが好ましいです。

単純に「面白い動画があったから、ダウンロードしてSNSにアップロードしたい」という場合には、「YouTube利用規約」「著作権」の双方に反することになりますので、ご注意ください。

規約、法律の範囲内で安全にYouTube動画を楽しんでみましょう。

  • 規約の範囲内で安全にYouTubeを楽しもう

    規約の範囲内で安全にYouTubeを楽しもう