「もしかしてブロックされてる……?」 LINEで楽しくメッセージをやりとりしていたはずの相手から返信がこない、もしくは音声通話をかけても相手が出ないと、心配になりますよね。モヤモヤしている時間があったら確認したい! という場合は、"ほぼ"確認できる方法があります。

スタンプをプレゼントして確認する

友だちからブロックされているか確認するために、スタンプのプレゼントを利用する方法があります。なぜならLINEは、ブロックされているアカウントにはスタンプをプレゼントできない仕組みになっているのです。

スタンプのプレゼント方法は、iOS端末とAndroid端末によって微妙に異なります。iOS端末では、WebブラウザでLINE STOREを表示し、画面左上の三本線から「ログイン」をタップし、LINEにログインします。LINEアプリからはスタンプをプレゼントできません。Android端末は、LINEアプリ「その他」の「スタンプショップ」からスタンプをプレゼントします。

あとはiOS端末、Android端末ともに同じ手順。スタンプを選択し、「プレゼントする」を選びます。自分をブロックしているかどうかを確認したい友だちにチェックを付け、「OK」をタップ。スタンプをプレゼントして、「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されると、相手ブロックされている可能性があります。

  • LINEでブロックされているか確認する方法

    適当なスタンプを選び、「プレゼントする」をタップします

  • LINEでブロックされているか確認する方法

    自分をブロックしているかどうかを確認したい友だちにチェックを付け、画面右上の「OK」をタップします

  • LINEでブロックされているか確認する方法

    iOS端末の場合、「〇〇はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」というメッセージが

  • LINEでブロックされているか確認する方法

    Android端末では、「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されます

ただし、相手が同じスタンプを持っている場合も同様のメッセージが表示されるため、あくまで「相手にブロックされているかもしれない」という推測に過ぎません。ですが相手が持っていないであろうスタンプを数種類試して同じ結果なら、ブロックされている可能性が高まります。

確認に使うスタンプは、個人クリエイターや企業が販売している「クリエイターズスタンプ」の、「谷村専用」「りさ専用」といった名前入りスタンプがおすすめです。相手の姓名と関係ない名前が入っているスタンプなら、持っている可能性はかなり低いでしょう。発売したばかりの「新着」スタンプを選ぶのもコツの1つです。

  • LINEでブロックされているか確認する方法

    名前やあだ名が「りさ」という人専用のスタンプ。相手の名前やあだ名がりさでなければ、持っていない可能性が高いでしょう

タイムラインが見えるかどうかもチェック

スタンプのプレゼントができなくても、まだブロックされているとは断定できません。相手のタイムラインを見てみましょう。かつてはタイムラインの投稿が見られたのに「まだ投稿がありません」となっている場合は、相手にブロックされている可能性があります。ただし、相手がタイムラインを非公開にしたケースでも同様のメッセージが表示されるので、こちらもこれだけでは判断できません。

(1)相手に送ったトークが既読にならない(2)相手が音声通話に出てくれない(3)相手にスタンプをプレゼントできない(4)相手のタイムライン投稿が見られない、という4つの条件がそろっていれば、ブロックされている可能性は非常に高いでしょう。

  • LINEでブロックされているか確認する方法

    タイムライン投稿が突然見られなくなると、その相手にブロックされているかもしれません