白黒の四角がモザイク状に寄せ集まったかのような「QRコード」。バーコードは横方向にしか情報を持てませんが、QRコードは"二次元バーコード"ともいわれるように、縦横二方向に情報を持つことができます。そのため多くの情報量を格納することができ、住所や氏名、URLなどの情報をいちどに伝えることが可能です。

これまでQRコードは、iPhoneであまり重要視されてこなかった感がありますが、iOS 11からサポートが一気に充実しました。『カメラ』アプリにはQRコード読み取り機能が追加され、起動した状態でQRコードにかざせば瞬時にその内容が読み取られます。従来はサードパーティー製アプリを用意しなければなりませんでしたが、OS標準の機能としてQRコードがサポートされたというわけです。

ところで、そのQRコードがWEBページに表示されていたらどうでしょう? パソコンのWEBブラウザに表示されたのでれば、iPhoneの『カメラ』アプリをかざすだけの話ですが、iPhoneのWEBブラウザに表示されたとしたら、iPhone側ではどうすることもできません……

と諦めるのは早計です。Safariの画面上に表示されたQRコードをプレスし、上方向へ少し動かしてみましょう。QRコードにURLが埋め込まれている場合、そのURLを開くアクションが表示されるので、それをタップすれば目的のWEBページを開くことができます。URLにかぎらず、住所や地図上の位置が記録されているQRコードでも利用できる(そのデータ種に対応したアプリを起動できる)ため、カメラアプリで撮影したときと機能的に変わりません。

ただし、対象のQRコードは独立した画像でなければなりません。他の文字や図形の一部として使用されている場合は通常の画像としての扱いになるため、そこに埋め込まれているURLや文字列は検出されません。

操作手順をカンタン解説

  • iPad iPhone Hacks

    1 WEBページ上のQRコードをプレス(長押し)します

  • iPad iPhone Hacks

    2 拡大表示されたQRコードを上方向へフリックします

  • iPad iPhone Hacks

    3 埋め込まれたデータ種に対応するアプリを起動するなどの操作を行います

  • iPad iPhone Hacks

    4 画像の一部としてQRコードが利用されている場合には、プレスしても反応しません