説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『バイブレーション設定の違いがわかりません!?』という質問に答えます。

***

確かに、『設定』→「サウンドと触覚」画面にあるiPhone(iOS)のバイブレーション機能で使うスイッチは、少々まぎらわしいですね。現在は「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」という名称で、かつての「着信音あり」と「着信音なし」に比べればまぎらわしさは減ったものの、わかりやすさという点ではあまり変わらないという意見もあります。

「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」というスイッチは、iPhoneの左側面にある着信/サイレントスイッチ(物理スイッチ)の状態によって、iPhoneを振動させるかどうか設定できます。着信/サイレントスイッチのオン/オフ、2つのソフトスイッチのオン/オフにより振動ルールを選択できるというわけです(表1)。

たとえば、「着信スイッチ選択時」がオンで「サイレントスイッチ選択時」がオフの場合、物理スイッチが無色のときは振動し、橙色のときは振動しません。反対に「着信スイッチ選択時」がオフで「サイレントスイッチ選択時」がオンの場合、物理スイッチが無色のときは振動せず、橙色のとき振動します。

つねに振動させる/させない設定にすることも可能です。物理スイッチのオン/オフにかかわらず振動させる場合は、「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」の両方をオンに、振動させない場合は両方をオフにします。

バイブレーション機能のスイッチ対応表
着信スイッチ選択時 サイレントスイッチ選択時 サイレントモード解除中(無色) サイレントモード設定中(橙色)
オン オフ 振動する 振動しない
オフ オン 振動しない 振動する
オン オン 振動する 振動する
オフ オフ 振動しない 振動しない

「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」にくわえ、iPhone左側面の物理スイッチのオン/オフでバイブレーション機能を設定します