AGA治療薬の個人輸入は危険って本当? メリット・デメリットを解説

AGA(薄毛)治療を考えている人にとっては、どれくらい治療費がかかるのか気になりますよね。

なかには、クリニックの治療以外に、AGA治療薬の個人輸入を検討している人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、AGA治療薬の個人輸入について解説していこうと思います。個人輸入薬の危険性やメリット・デメリットについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

AGA治療薬の個人輸入の危険性について

最近はAGA治療薬の個人輸入を代行しているWebサイトをたくさん見かけるようになりました。そのため、以前よりも気軽に個人輸入薬を試す人も増えているようです。

しかし、AGA治療薬の個人輸入には危険が伴います。

個人輸入薬を使用するにあたって一番理解しておかなければいけないのが、全てが自己責任ということです。

例えば購入した薬が有効成分の入っていない粗悪品であって、健康被害が出ても、個人輸入代行業社に賠償してもらうことはできません。

輸入代行業者は個人輸入のための手続きを代行するものであって、卸売会社ではないため責任を問うことはできません。Webサイト上にも「商品の使用については弊社では全ての責任を負いかねます」などの記載がされています。

どのような危険が考えられるかは、後ほどご紹介する「AGA治療薬の個人輸入のデメリット」で詳しくご紹介します。

個人輸入で購入できるAGA治療薬

クリニックで処方される治療薬に対して、個人輸入で購入できる治療薬名を表にまとめました。

先発薬名 先発薬の副作用 個人輸入で購入できる主な治療薬名
プロペシア 性欲減退

肝機能障害など

フィンペシア、フィナロ、フィナロイド
ザガーロ 性欲減退

肝機能障害など

デュタス、デュタボルブ、デュプロスト、ベルトリド
ミノキシジル内服薬

(ミノキシジルタブレット)

動悸、頭痛、発熱、吐き気、浮腫など ノキシジル、ロニタブ、ミノキシジルタブレット(個人輸入も可能)
ミノキシジル外用薬

(リアップ)

頭皮の発疹、発赤、かぶれ、頭痛、動悸、めまい、体重増加、浮腫など ロゲイン、ツゲイン、カークランド、フォリックス

※ミノキシジル内服薬は国内認可されていません。ただし多くのAGA治療クリニックでは「ミノキシジルタブレット」が処方されています

副作用については、クリニックで処方される治療薬に対するものです。副作用の出る可能性があるため、クリニックでは医師による診療を行い安全に服用できるように配慮されています。

個人輸入薬に対してどのような副作用が生じる可能性があるのかは、購入する際に自己責任で必ず確認しましょう。

AGA治療薬を個人輸入するメリット・デメリット

AGA治療薬を個人輸入するメリット・デメリットを確認していきます。個人輸入が気になっている人は、デメリットもチェックした上で検討してくださいね。

メリット

AGA治療薬を個人輸入することで考えられる主なメリットは以下の2点です。

・クリニックに行かずにこっそり治療できる
・日本で市販されていない治療薬を安く購入できる

クリニックに行かずにこっそり治療できる

AGA治療薬を個人輸入で購入する上でうれしいのは、誰にも知られずにこっそり治療できることです。

治療薬の服用をスタートするまでに行うのは、Webサイトで注文から支払いまでを済ませ、自宅に荷物(治療薬)が届くのを待つのみ。医師や看護師にも会わずに治療をスタートできます。

「面と向かうと恥ずかしくてうまく相談できそうにない」「クリニックに入るところを誰かに見られないか心配」など、AGA治療のために専門クリニックに行くのをためらっている人にとっては大きなメリットですね。

ただし、最近はオンライン診療を導入して、通院不要で受診できるようになっているクリニックが増えています。オンライン診療については後ほどご紹介します。

日本で市販されていない治療薬を安く購入できる

AGA治療薬は薬局では販売していないため、基本的に医師の処方がなければ購入ができません。

しかし個人輸入を利用すれば、海外産の治療薬を簡単に購入することができます。

通常、海外産の医薬品や医薬部外品などを商業目的で輸入する場合は厚生労働省の許可や承認が必要ですが、個人的に服用するのであれば許可を得ずに輸入ができるのです。

しかも海外産の治療薬は価格が安いため、クリニックで処方してもらうよりも安く服用できるのも特徴です。

デメリット

AGA治療薬を個人輸入することで考えられる主なデメリットは以下の3点です。

・説明書きが分かりにくい
・医薬品副作用被害救済制度の対象外
・偽造薬や粗悪な薬を購入する可能性がある
・医師の診察を受けながら服用できない

説明書きが分かりにくい

個人輸入で購入できるAGA治療薬は海外産のため、説明書やパッケージは全て外国語で表記されています。日本で販売することを考慮して生産されていないため、どこにも日本語表記はされていません。

そのため、外国語が分からなければ、服用方法(1日何錠/服用時間)や服用するにあたっての注意点(服用が禁止されている疾患は何か)などが詳しく理解できないまま、自己判断で服用を開始することになります。

医薬品副作用被害救済制度の対象外

「医薬品副作用被害救済制度」とは、クリニックで処方された医薬品や薬局で購入した医薬品を適正に使用したにもかかわらず、副作用によって重篤な健康被害が生じた場合に医療費や年金などが給付される公的な制度です。

万が一の事態に便利な救済制度ですが、個人輸入した海外産のAGA治療薬によって重篤な健康被害が生じても、保証されることはありません。

もし個人輸入をした海外産の薬を服用して健康被害を受けた結果、AGAクリニックに通って治療を受ける以上の費用がかかってしまうことになるかもしれません。

偽造薬や粗悪な薬を購入する可能性がある

偽造薬がどうかを判別するのは困難ですし、購入した薬に有効成分がきちんと入っているのかどうかも確かめることはできません。

せっかく購入して服用していても、何の効果も得られない薬ということも考えられるのです。

また、ある程度有名な治療薬なら安心だと思いがちですが、購入した薬と違うものが届いたり、パッケージだけ同じで中身は違う薬が入っていたりする可能性もあります。

医師の診察を受けながら服用できない

AGA治療クリニックでは、その人の病歴や体調、症状に応じて薬が処方されます。服用途中でも体調に何らかの異変があれば、すぐに相談し対応してもらえます。

一方、個人輸入薬を服用する際には、これら全ての過程がなく、購入した薬を服用するのみ。事前の診察や服用中の体調チェックなどがなく、全て自己責任での服用になることを覚えておきましょう。

安全に治療するならAGA治療クリニックがおすすめ

このようにAGA治療薬の個人輸入の危険性やメリット・デメリットを考慮すると、AGA治療は多少費用が多くかかっても、クリニックで診察を受けた上で治療薬を処方してもらうのがおすすめという結論に至ります。

AGA治療クリニックで治療するメリット・デメリットについてもご紹介しますので、まだどちらにするのか悩んでいる人は確認してみてくださいね。

AGA治療クリニックで治療するメリット・デメリット

【メリット】
・医師の診察により副作用のリスクが抑えられる
→クリニックで処方されたAGA治療薬にも副作用のリスクはあります。しかし、医師によって適切に処方され、万が一、健康被害が出た際もすぐに対応してもらえるためリスクはかなり抑えられるでしょう。

・症状に合わせて適切な用法・容量で処方してもらえる
→病歴や体調、AGAの進行度によって治療は異なりますし、そもそも薄毛がAGAによるものなのかどうかも診察を受けてみなければ分かりません。

人それぞれの症状に合わせて適切な用法・容量を処方してもらえるため、効率的に治療を進めることができます。

【デメリット】
・クリニックに行く必要がある
→医師の診察を受けるため、クリニックに行かなければいけません。

クリニックに行く手間がかかるのは、忙しい人や誰にも知られたくないと思っている人にとってはデメリットと感じるでしょう。

ただし、最近では多くのクリニックでオンライン診療を導入しています。オンライン診療ならクリニックに行かずに受診ができ、医師の処方した薬は自宅に送られてくるため、以前よりも気軽に受診できるようになっています。

イースト駅前クリニックなら初診からオンライン診療可能

オンライン診療の初診は対面診察が必要なクリニックが多いなか、イースト駅前クリニックは初診からオンラインでOK! 診察はスマホアプリ「FACEHUB」のビデオ通話を使って行われます。

もちろん対面での診察も行っているのでオンラインとの併用も可能です。全国に22院展開、全店舗が駅から徒歩5分以内の通いやすい場所にあります。

医師によって処方される薬は国内正規品のみ。医師の診察のもと、安心して服用することができますよ。

また、こちらの記事では、オンライン診療を行っているAGAクリニックを厳選してご紹介しています。オンライン診療の料金例やクリニックの特徴を確認できますので、参考にしてください。

>>【PR】初診でもOK? オンライン診療可能なAGAクリニック

(パパ社長)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード